近年注目が集まっているBIツールにはどのような種類があるのでしょうか。この記事ではBIツールが注目される理由やおすすめのBIツール、BIツールの選び方のポイント3つなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

BIツールとは?

BIツールとは企業が蓄積したデータを分析するツールです。

BIツールの「BI」とは「ビジネス・インテリジェンス」を意味する言葉で、BIツールは企業の持つ膨大な量のデータを分析して問題点を見つけ、企業の意思決定をサポートする役割を担います。

BIツールの機能
BIツールには大きく分けて「レポーティング」「OLAP分析」「データマイニング」「プランニング」という4つの機能が搭載されています。

この4つの機能により、データ分析結果を自動的にレポーティングしたり、さまざまな角度から分析を行ったり、統計学やパターン分析を活用したり、過去データを活用したシミュレーションを行うことが可能となります。

BIツールが注目される理由

従来はデータ分析といえばExcelなどを利用したデータ分析が主流でしたが、Excelは大量のデータを扱うことには不向きなため、データが増えるとエラーが発生したり処理が遅くなることがありました。一方で、BIツールはExcelよりも素早くデータ分析を行うことができます。

近年は働き方改革によって、より効率的に業務を行うことが求められるようになってきました。そういった背景もBIツールが注目されるようになった要因と言えるでしょう。

【比較】おすすめのBIツール10選

BIツールの導入を検討している方の中には、さまざまな種類があるBIツールの中でどの種類を選べばいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

ここではおすすめのBIツール10選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめBIツール1:MicroStrategy
MicroStrategyはスマートフォンからも利用できるBIツールです。

MicroStrategyはマルチプラットフォームに対応したBIツールで、PCだけでなくスマートフォンからでも利用できます。

また、専門的なスキルや知識がなくても簡単に利用することができるため、MicroStrategyに集約したデータをすべてのユーザーがさまざまなデバイスから共有することができます。

おすすめBIツール2:Yellowfin
Yellowfinは担当者から経営者までさまざまな視点でデータ分析ができるBIツールです。

Yellowfinは優れたデータ活用体験に必要な機能をすべて提供するBIツールで、データ接続やデータ準備、ダッシュボード、管理レポートなどすべてを網羅しています。

また、すばやいデータ分析が可能で、分析結果を視覚的に見やすいレポートにすることもできます。

おすすめBIツール3:PowerBI
PowerBIはマイクロソフトが開発したBIツールです。ExcelやSalesForceなどのさまざまなデータソースに接続することができ、簡単にレポーティングができます。

また、レポートはライセンスを持つすべてのユーザーで共有することができます。

おすすめBIツール4:GoodData
GoodDataはユーザー数、データソース数無制限で利用できるBIツールです。

データ収集からダッシュボードでのデータの可視化までを1つのプラットフォームで行うことができます。

テンプレートは事前設計することで、短い期間での導入が可能です。また、マウスで簡単に直感的な操作で利用することが可能です。

おすすめBIツール5:Tableau
Tableauは誰でも簡単にデータ分析ができるBIツールです。

TableauはYahoo!などの大手企業も導入しているBIツールで、利用に特別なスキルや知識が必要なく、誰にでも簡単に扱うことができるインターフェースになっています。

ドラッグ&ドロップなどの簡単操作で利用することができるため、非常に使いやすい点がポイントです。

おすすめBIツール6:GoogleDataPortal
GoogleDataPortalはGoogleが提供しているBIツールです。

Googleが無料で提供しているBIツールで、GoogleアナリティクスやGoogle広告といったさまざまなデータを取り込み、表やグラフでわかりやすく可視化することができます。

そのため、Googleが提供しているツールを利用しているユーザーにおすすめのBIツールとなっています。

おすすめBIツール7:DataKnowledge
DataKnowledgeは多彩な分析レポートが魅力のBIツールです。

搭載されたさまざまな分析レポートによって、データを見える化することができます。国産の老舗BIツールで、現場にとって必要な機能のみが搭載されています。

また、使い勝手の良いインターフェースで、特別なスキルがなくても誰でも簡単にレポートを作成することができます。

おすすめBIツール8:TIBCOSpotfire®Cloud
TIBCOSpotfire®Cloudはさまざまな切り口のデータ分析が可能なBIツールです。業界最高レベルの予測機能を搭載したBIツールで、将来的なビジネス予測を行いたい企業におすすめです。

また、短い時間で多面的なデータ分析ができるため、すみやかに課題を見つけることができ、ビジネス機会損失を防止することが可能です。

おすすめBIツール9:DOMO
DOMOは役職に合わせて利用できるBIツールです。

さまざまな役職や業種に合わせたダッシュボードの作成ができるBIツールで、あらゆる業種に合わせて利用することができます。

職業は経営者やマーケティング、生産、メディア、教育、金融などの豊富な種類から選択でき、スマートフォンやタブレットからもリアルタイムに閲覧することが可能です。

おすすめBIツール10:dataDiver
dataDiverは統計学に関する専門的な知識がなくても簡単に利用することができるBIツールです。経営課題を入力すれば、他に手動で作業することなくデータを分析用に自動生成して分析することができます。

また、さまざまな仮説から重要な仮説のみをピックアップすることもできるため、分析の時間を削減できます。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

BIツールの選び方のポイント3つ

ここまでさまざまなおすすめのBIツールをご紹介してきましたが、それぞれ特徴やできることは異なります。そのため、企業で利用するBIツールを選ぶ場合は、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

ここでは最後にBIツールの選び方のポイント3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

BIツールの選び方のポイント1:企業の目的に合うものを選ぶ
BIツールを利用する企業はそれぞれ課題を抱えているためBIツールの導入を行いますが、企業ごとにその導入目的は異なります。

そのため、さまざまな種類があるBIツールの中から企業の業務内容に特化しているものを選ぶことが重要です。まずは導入目的を明確にし、用途に適したBIツールを選ぶようにしましょう。

BIツールの選び方のポイント2:操作性で選ぶ

どんなに多機能のBIツールでも、使うのが難しければ運用を定着することができず、せっかくの機能を活用することはできません。

そのため、社内の誰もが使えるような形で導入する場合には簡単に操作できるかという点を重視して選ぶことも重要です。また、PCスキルがなくても利用できるようにスマートフォンやタブレットに対応しているものがおすすめです。

一方で、実際に社内で操作するのは分析スキルを持った人だけになるという場合は、多機能タイプを選んでも問題ないでしょう。

BIツールの選び方のポイント3:コストで選ぶ
BIツールは導入コストだけでなく、どのくらいのランニングコストがかかるかも考慮して選ぶことが重要です。クラウド型でもオンプレミス型でも、長い目で見てコスト負担が膨らみすぎないことを重視しましょう。

おすすめのBIツールを知ろう

近年注目を集めているBIツールにはさまざまな種類があるため、評判の良いBIツールの中から自社の用途や目的に適したBIツールを選択することが重要です。

ぜひこの記事でご紹介したおすすめBIツールやBIツールの選び方のポイントを参考に、自社の目的に適したBIツールを選ぶようにしましょう。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

[PR]提供:マイナビニュース