勤怠管理と給与計算は、多くの企業で使われているシステムです。この2つを連携するメリットを知りたいという人も多いのではないでしょうか。この記事では、連携するメリット5つをご紹介します。システムの導入を考えている人事担当の方などは、ぜひ読んでみて下さい。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

勤怠管理システムと給与計算システムは連携できる?

勤怠管理と給与計算は、毎月発生する業務です。勤怠管理システムと給与計算システムを連携することで、多くのメリットが得られます。

この記事では、2つのシステムを連携するメリットやおすすめのシステムについて紹介します。勤怠管理と給与計算を連携するメリット、具体的ツールを知りたいという人事担当の方などは、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、従業員の勤務状況の管理を行うシステムです。出退勤時刻や残業時間、休憩時間や欠勤など、給与計算の基になる情報を自動でデータ化し、人事担当者が一元管理することが可能です。 ICカードや紙カードを用いて打刻するタイムレコーダー型、ネットサービスを利用するクラウド型など、様々な種類のシステムがあります。

勤怠管理システムのメリットは、業務の簡略化ができる点です。手書きやエクセルファイルで管理している場合、手入力による作業や確認業務が必要になり、人事担当者の負担が大きくなります。また、事業所が複数ある場合には、データを送る手間や時間、コストが掛かりますが、勤怠管理システムなら、いつでも勤怠を確認でき、煩雑な作業を簡単に処理することが可能です。

給与計算システムとは

給与計算システムとは、従業員に毎月支払う給与を計算するシステムです。正社員や契約社員、パートタイマー、アルバイトといった異なる雇用形態に対応しており、雇用保険や健康保険などの控除、税計算の処理を自動で行います。毎月の給与のほか、賞与や年末調整、不定期に発生するものの処理にも使われています。給与明細や源泉徴収票などの作成機能があり、各種帳票を一から作成する手間を省くことができます。

給与計算システムのメリットは、複雑な給与計算を簡単に管理できる点です。従業員によって正社員・パートタイマーといった雇用形態のほか、基本給や時間給、1ヶ月の労働時間はさまざまです。それに加え、早退や欠勤、有給休暇、税計算まで含めて算出するとなると、膨大な作業量になります。給与計算システムを使用すれば、自動的に計算されるため、毎月の業務を効率的にミスなく行うことができます。

勤怠管理システムと給与計算システムを連携するメリット5つ

勤怠管理システムと給与計算システムは、多くの企業に導入されているシステムです。この2つを連携するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、具体的なメリットを5つご紹介します。

連携するメリット1:時間を短縮できる

まず、ご紹介するメリットは、時間を短縮できる点です。従業員一人一人の勤怠を確認した後、新たにデータを入力して給与計算をするのは非常に時間が掛かります。締め日から給与支給までの限られた時間の中で、常に時間に追われているという人事担当者も多いのではないでしょうか。勤怠管理システムと給与計算システムを連携すれば、給与計算システムに手入力して再度確認する手間と時間を短縮することができます。

連携するメリット2:自動で給与の計算を行う

勤怠管理システムと給与計算システムを連携することで、自動で給与の計算を行うことが可能です。正社員の場合は、基本給が設定されています。 しかし、この金額がそのまま支給されるのではなく、時間外手当(残業代)や通勤手当、保険料の控除などを含めて計算しなければなりません。システムを連携すれば自動で計算されるため、複雑な計算をする必要がなく、計算漏れによる人為的ミスの防止にも役立ちます。

連携するメリット3:簡単に勤怠の管理ができる

難しい操作をせずに簡単に勤怠の管理ができます。就業時間を登録しておくことで、時間外労働や休日出勤を一目で把握することが可能です。勤怠管理システムのデータを給与計算システムに移行することで残業代が算出されるので、手計算の必要がありません。そのほかにも、有給休暇の取得状況や過剰労働の把握にも役立ちます。

連携するメリット4:業務の負担を減らす

2つのシステムを連携することで、業務の効率化を図り、人事担当者の負担を減らすことができます。人事担当者は、打刻が正確か、労働時間は適正かどうかなどを確認する必要があり、労働の対価である給与の計算はミスが許されません。しかし、人事の業務はほかにも数多くあります。そこで、毎月発生する定型業務である勤怠管理と給与計算を連携することで、業務の負担を軽減することができるのです。

連携するメリット5:対応がスムーズにできる

法改正がされたときに、スムーズな対応が可能です。勤怠管理や給与計算には、労働基準法をはじめ様々な法令が関係しており、法改正がされた場合、システムが自動的にアップデートされ、手間を掛けずに対応することができます。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

給与計算システムと連携可能な勤怠管理システム5選

勤怠管理システムと給与計算システムは連携することでさまざまな手間が省け、業務負担の軽減につながることがわかりました。それではここからは給与計算システムと連動可能なおすすめの勤怠管理システム5選を紹介します。

おすすめの勤怠管理システム1:Money Forward クラウド勤怠

「Money Forward クラウド勤怠」は、法人と個人事業主のどちらでも無料で使える勤怠管理システムです。勤怠・給与だけでなく、経費・請求書の処理の自動化も可能で、「会計業務を約2分の1に」を謳っています。法改正に対応しており、完全無料でのアップデートが可能です。サービス改善も無料で行っており、追加料金なしで最新のサービスを受けることができます。

おすすめの勤怠管理システム2:ジョブカン勤怠管理

「ジョブカン勤怠管理」は、5万社以上の導入実績を誇る勤怠管理システムです。「出勤管理」、「シフト管理」、「休暇・申請管理」、「工数管理」の4つの機能を自由に組み合わせて利用することができます。機能制限のある無料プランのほか、有料プランは1ユーザー当り月額200~500円と、安価で利用できる点が魅力です。セキュリティや個人情報の管理体制も万全で、安心して利用できる環境が整っています。

おすすめの勤怠管理システム3:TeamSpirit

「TeamSpirit」は、30日の無料トライアルで正式版と同様に体験することができます。3つのパッケージから自分の会社に合ったものを選べる点が魅力です。サポート体制も充実しており、契約者専用ポータルサイト「TS Circle」では、マニュアルやFAQなどのコンテンツが完備されています。また、有償サービスの「プレミアサポート」では、導入から稼動、改善に至るまでコンサルタントによる支援が受けられます。

おすすめの勤怠管理システム4:jinjer勤怠

「jinjer勤怠」は、契約継続率99.4%、サポート満足度91.6%の勤怠管理システムです。無料トライアル後は、月額300円から利用可能です。勤怠管理・給与計算のほか、人事管理や経費精算などのプロダクトがあり、希望するプロダクトを組み合わせて使用できる点が特長です。HPでは各企業の導入事例を紹介しており、運用のコツや成果などを詳しく知ることができます。

おすすめの勤怠管理システム5:KING OF TIME

「KING OF TIME」は、打刻方法が非常に豊富な勤怠管理システムです。PC・スマートフォンやカードリーダーのほか、指紋・指静脈・顔認証・チャットなど、勤務形態に適した方法を選ぶことができます。英語や時差に対応しているため、海外での使用が可能です。国内だけでなく、海外拠点を含めた全従業員の勤怠を一元管理することができます。

勤怠管理システムと給与計算システムを連携しよう

この記事では、勤怠管理システムと給与計算システムを連携するメリット、給与計算システムと連携可能なおすすめの勤怠管理システムについてご紹介しました。

2つのシステムを連携することによって、人事において欠かすことのできない勤怠管理と給与計算の業務の効率化を図ることができます。ぜひこの機会に自社にあったシステムを見つけ、業務効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

[PR]提供:マイナビニュース