人が五感でくみ取る情報の中で、視覚から得る情報は全体の83%にのぼる(※1)。プロダクトの表面から得られる情報は消費者の商品選びを大きく左右し、このためCMF(Color:色,Material:素材,Finish:加工方法)と呼ばれる表面デザインは、近年その重要性がモノづくり業界で取りざたされてきている。
(※1) 「産業教育機器システム便覧」(教育機器編集委員会編 日科技連出版社 1972)

ただ、消費者にとって魅力的で人間工学にもかなうデザインとは、簡単に生まれるものではない。色と素材と加工方法。その膨大な組み合わせの中で設計と施策を繰り返すことでようやく、優れたプロダクトは生まれる。こうしたデザインプロセスをシンプルかつ加速させ、最初から最後まで自分のものにする。そこで有用なソリューションとして、本稿ではオフィスに適したStratasys® J55™ 3Dプリンタ(以下、J55)を紹介したい。

J55が、アイデアをカタチにする

Stratasys® J55™ 3Dプリンタ

J55は、「デザイナーのための3Dプリンタ」と銘打った、オフィス向けのフルカラー3Dプリンタだ。50万種以上もの色彩、多彩なテクスチャを備えており、コンセプトモデルの製作から高品質・高再現度モデルに至る様々なデザインプロセスにおいて、デザイナーのアイデアを具現化してくれる。

製品仕様を確定する場合でも、教室で学んだコンセプトを適用する場合でも、J55 を使用すれば、デザインのアイデアを好きなだけカタチにすることが可能。銅製品は美しく滑らかな表面仕上げと造形品質を実現する回転式造形プラットフォームを採用しており、インダストリアルおよびメカニカルデザインの両方に対応する材料構成で、マルチマテリアル造形が可能だ。安定したパフォーマンスを一貫して実現するよう設計されているため、機械的キャリブレーションを必要としないほか、機能として実装する「今すぐ造形」モードによってプロセスを中断することなくアイデアをカタチにできる。

どのような作業環境にも対応

J55のオフィスソリューションとして注目すべき点は、オフィスや教室、プリントスタジオなど、多様な空間にシームレスにフィットするように設計されていることだ。わずらわしさを最小限に抑えつつ、最大限の出力性能を備えている。具体的には、下に挙げる特徴によって、手の届くところで最高の生産性を実現することができる。

コンパクト

J55は所要床面積とビルドトレイの比率に関して、クラス最高レベルの性能を誇る。そのため、オフィス内でも邪魔になることなく、生産性を高めることが可能。

無臭

プリントスタジオやオフィス、教室は、量産用の工場ではない。J55は空気清浄機 ProAero を採用した無臭化システムを搭載しており、効果的に排気を捉え、無臭で安全な運用を実現する。

超静音

駆動音が非常に静かなこともJ55の特徴だ。家庭用冷蔵庫とほぼ同等の53デシベル以下で動作する。

操作性

直感的な3ステップのカラー3Dプリンティングワークフロー(デザイン、インポート、造形)により、簡単に操作が可能。ユーザーはモデルのデザインをネイティブCADファイル形式や3MFファイル形式でGrabCAD Printソフトウェアにインポートし、J55 に送信するだけでよい。

品質

J55では、高解像度、高速造形、フルカラーレンジでデザインプロセスをアップグレード可能だ。すべての機能が一台の低消費電力オフィスソリューションに詰まっているため、スペースを変えることなく、ワークフローを変えることができる。

デザインプロセスをもっとシンプルに、高速に

このJ55を利用すれば、主に以下に挙げるような各プロセスで、デザインサイクルのシンプル化や高速化が期待できる。

ラフ・コンセプトモデル:

手動モデルに費やしていた時間が削減され、初期デザインのバリエーションを迅速に多数造形できる。経済性に優れた材料DraftGreyにより、手頃な価格で簡単にコンセプトモデルを造形可能。Stratasys J55を使用することで、従来の方法でプロトタイプ1つを作成するのにかかっていた時間で、5 回以上のデザイン検証を実施できる。

詳細デザインの準備:

製品デザインプロセスの早い段階で色を導入し、さまざまなカラーバリエーションを試すことができる。マルチマテリアルに対応しているため、複数の色とテクスチャで適用した部品を1回で造形できるので、従来の方法に比べて数週間早くCMFデザインを導入することが可能。J55で造形した部品は後処理がほとんど必要ないため、労力が削減され、デザインプロセスをスムーズに進めることができる。

高い再現性のプロトタイプを制作:

J55は、高品質のフルカラー材料とリアルな表面仕上げにより、見た目や感触が本物そっくりの部品を造形できる。内製化により外注で費やされていた時間やコストを削減できるほか、リアルなプロトタイプを使用することで、効率的にミスの修正やデザインの検証を進めることが可能だ。

  • リアルなテクスチャを使用したフルカラーのプロトタイプを作成すれば、造形プロセスの早い段階で正確なデザイン決定を行うことができる。

現実に基づく意思決定が可能になる

J55を使用すれば、リアルなテクスチャを適用したフルカラーのプロトタイプが量産できる。具体的に、J55では50 万を超える色の組み合わせを生成し、5 種のレジンを同時に使用することが可能。想像力豊かなアイデアを現実化するマルチマテリアルに対応しており、造形プロセスの早い段階で正確なデザイン決定を行うことができる。

Point! リアルな色でデザインを強化する

PANTONE®カラーを使用した3Dプリンティングにより、プロトタイプの速度、効率、色の忠実度を高めることができる。J55はPantone® 認定済みの3Dプリンタであり、ストラタシスCMYKカラーと、1,900を超えるプリンティング可能なPANTONEカラー、Solid Coated、SkinTone™をマッチングすることができる。

想像力を創造力に

冒頭で触れたように、消費者にとって魅力的で人間工学にもかなうデザインとは、簡単に生まれるものではない。デザイナーは幾重もの可能性を実際に試し、その都度検証を行ってまた試すという「回転」を繰り返す必要がある。J55でこの回転の可能性を広げれば、より豊かな命をデザインに吹き込むことが可能になるだろう。

3Dプリンタと聞くと大規模な装置をイメージする方がいるかもしれないが、J55はどんなオフィスにもフィットするよう設計されている。想像力を創造力に変える有力な武器として、ぜひ導入を検討いただきたい。

製品仕様
モデル材 VeroCyanV ™
VeroMagentaV ™
VeroYellowV ™
Vero PureWhite ™
VeroBlackPlus ™
VeroClear ™
DraftGrey ™
サポート材 SUP710 ™
造形サイズ 最大1,174cm²
積層ピッチ 水平方向積層:18.75μm
ネットワーク接続 LAN - TCP/IP
システムサイズ、重量 651 x 661 x 1,511mm、228kg
動作条件 温度18 ~ 25℃、相対湿度30 ~ 70%(結露しないこと)
電源要件 100 ~ 120VAC、50 ~ 60Hz、6A、単相式
220 ~ 240VAC、50 ~ 60Hz、3A、単相式
法規制遵守 CE、FCC、EAC
ソフトウェア GrabCAD Print
造形モード High Quality Speed(HQS) - 18.75μm
精度 STL寸法からの偏差、1σ(67%)、硬質材料で造形したモデル:
サイズが100mm未満の場合 - ±150μ、
サイズが100mm以上の場合 - 部品長の± 0.15%**
STL寸法からの偏差、2σ(95%)、硬質材料で造形したモデル:
サイズが100mm未満の場合 - ±180μ、
サイズが100mm以上の場合 - 部品長の± 0.2%**

** 周囲温度が23℃、相対湿度が50%のときに測定

関連リンク:
デザイナーのためのオフィス向けフルカラー3Dプリンタ
Stratasys J55 3Dプリンタ ソリューションサイト

[PR]提供:ストラタシス・ジャパン