「マネーフォワード クラウド勤怠」は、勤怠管理を自動化して簡単に勤怠状況を管理することができる勤怠管理システムです。特徴としては、まず、随時無料アップデートを行なっているため、複雑な法改正にも簡単に対応することができます。次に、給与システムと簡単に連携することができるということです。マネーフォワード クラウド給与と連携すれば勤怠管理から給与計算まで自動で計算することができます。クラウド型のシステムのため、テレワーク・在宅勤務にも対応することも可能です。

※画像出典元:「マネーフォワード クラウド勤怠」公式HP

製品のポイント

1.働き方改革関連法に即対応可能!

2019年4月より、働き方改革関連法が成立し、残業時間や有給休暇、フレックスタイム制などに関する新しい規定が成立しました。
それにより、従業員の勤務状況を正確に把握する必要性が増したため、タイムカードなどの紙の媒体で管理するとなると労務担当者の負担が非常に大きくなってしまいます。
働き方改革関連法だけでなく、マネーフォワード クラウド勤怠では随時、法改正や必要に応じたアップデートを行なっているため、より使いやすく効果的に勤怠管理システムを利用することができます。

2.クラウドシステムによってリアルタイム運用が可能

クラウドシステムであるため、いつでもどこでもシステムを使用することができます。
パソコンはもちろん、タブレットやスマートフォンでも打刻したり情報をチェックしたりすることができるため、状況に応じた柔軟な使用が可能です。
また、複数人での利用も可能となっており、例えば飲食店や小売店など、管理しなければならない場所がいくつかある場合でも、各場所の状況を一つの端末から一元管理することができます。
さらにそうした情報はリアルタイムで瞬時に共有されるため、スピーディな情報活用も可能となります。

3.わかりやすいデザインで直感的な操作が可能

デザインが非常にわかりやすく、直感的な操作が可能なため、初めて勤怠管理システムをお使いになられる方でも安心して使用することができます。
また、有給休暇や早退などの申請があれば「受信ワークフロー」に表示されるため、すぐに確認して簡単に処理することができる上、「アラート通知」に従業員の打刻漏れのアラートができるため、日次で管理・対応することも可能です。
さらに、スマートフォンからの打刻にも対応し、直行直帰が多い方にも有用です。有給休暇、早退申請もできるため、従業員も簡単に使用することができます。

勤怠管理でこんなお悩みありませんか?

・勤怠管理システムを導入しても使いこなせるか不安
・従業員の勤務状況をわかりやすく管理したい
・初めての導入のためサポートをしてほしい
・様々な勤務体系に対応したい

「マネーフォワード クラウド勤怠」で、これらの悩みをすべて解決しましょう!

■1ヶ月の無料トライアルで試運転が可能
初めて勤怠管理システムを導入する方や、すでに勤怠管理システムを導入しているが新しく導入を検討している方にとって嬉しい、1ヶ月の無料トライアルをすることができます。
トライアルで試運転をしてみて、その状況次第で導入するかどうか検討することができます。

■リアルタイムで勤務状況を管理
タイムカードなど紙で勤怠管理をしていると、手作業で集計管理をする手間がかかる他、従業員の打刻漏れや不正打刻等があると集計業務に非常に時間がかかります。
そこで、マネーフォワード クラウド勤怠では、リアルタイムで勤怠情報を管理することができるため、わかりやすく簡単に勤怠情報にアクセスすることができます。

■導入後のカスタマーサポートも充実
マネーフォワード クラウド勤怠では、導入後のカスタマーサポートも充実しており、メール、チャット、電話などの多様な形で専任担当者からのサポートをしっかり受けることができます。
また、使い方ガイドもあるため初めての導入でも安心して使用することができます。

■さまざまな働き方に対応可能
基本勤務制・シフト制・裁量労働制・フレックスタイム制・変形労働制など、様々な就業ルールにも対応することが可能です。
そのため、アルバイトや派遣など、様々な働き方を導入している企業や店舗でも使用することができます。

製品詳細

・対象従業員規模
すべての規模に対応

・無料トライアル
あり

・日本語対応
あり

・提供形態
クラウド/SaaS

・初期費用
無し。既存システムからのデータ移行費用等は別途お問い合わせ

・月額費用
従業員数30名以下の場合は、基本料金+αとなる。
基本料金は機能に応じて3つのタイプがあり、月額2,980円(年払いプラン)~。

・その他注意事項やポイント
従業員数30名以下の場合:基本料金+α
従業員数31名以上の場合:お問い合わせください

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

[PR]提供:マイナビニュース