「TimePro-VG」は、危機管理・セルフマネジメント・ワークライフバランスをサポートすることが可能な、組織のマネジメントに有用な勤怠管理システムです。完全Web対応しているため、従業員の勤務状況をリアルタイムに把握することができ、休暇管理や育児介護休業・短時間勤務・シフト変更といった管理・申請も本人や上司がリアルタイムに確認することができます。また、トップページで本人やメンバーの就業情報や出勤状況を簡単に把握でき、利用者が迷いなく、簡単に使用することができます。

※画像出典元:「TimePro-VG」公式HP

製品のポイント

1.過重労働などの危機管理をすることが可能

TimePro-VGは、36協定のチェック機能や過重労働時間管理など、危機管理をサポートする機能を搭載しており、ただ勤務情報を集めるだけではなく、効果的にデータを活用することができます。
例えば、実際に超過した後の過重労働の結果ではなく、各従業員の働くペースを記録して超過するであろう予測値をもとにアラート表示する機能があります。
それによって、過重労働を未然に防ぐことが可能となります。
また、勤務実績などのソート機能を搭載しており、一番遅く退勤した従業員を確認し、注意を促すことなども可能です。

2.労働環境の改善に役立つワークライフバランス支援

労働環境を改善するためには、所定労働時間の短縮・休日の増加・残業手当の割増などの一時的な施策にとどまらず、従業員一人ひとりの働き方をバランスよく改善する必要があります。
そこで、TimePro-VGでは、休暇管理や育児介護休業・短時間勤務やシフト変更と言った管理と申請を、本人や上司がリアルに確認できる機能があるため、バランスの良い働き方を創造する手助けとなります。
また、労働環境を改善することで、仕事をしている時は仕事に集中し、余暇の時間をしっかりと確保することで、私生活を充実させることが可能となり、ワークライフバランスを実現することにつながります。

3.分かりやすいトップメニューでセルフマネジメントが可能

サービス残業や長時間労働など、企業の抱える様々な労務リスクを軽減するためには、従業員の勤務状況に対する意識の向上が必要不可欠です。
そこで、TimePro-VG では、従業員⾃⾝の勤務実績や休暇の取得状況、時間外労働などの情報がリアルタイムに分かりやすく表⽰されるので、従業員の意識向上につながります。

勤怠管理でこんなお悩みありませんか?

・現場に合わせた打刻をしたい
・過去の履歴も管理したい
・使いやすいデータ操作性が欲しい
・場所にとらわれず使用したい
・サービス残業を減らしたい

「TimePro-VG」で、これらの悩みをすべて解決しましょう!

■複数の打刻方法が可能
タイムカード・ICカード・タイムレコーダーなど運用シーンに最適な入力方法の選択が可能なため、現場の環境に応じて最適な打刻方法を選択することが可能です。
現場での使用感というのは、システムの定着に非常に重要であるため、複数の打刻方法があることは使いやすい点であるといえるでしょう。

■履歴管理機能によって、組織の世代管理を実現
TimePro-VGでは、過去組織、未来組織と言った、複数世代の情報を保有することができます。
それによって、未来組織の切替自動化や過去の履歴を活用してより良い選択をしたり、勤務状況の変遷を辿ることが可能となります。

■画面上での高いデータ操作性
TimePro-VGでは、通知・修正・ロック・在館などの情報をアイコンで表示することが可能です。
それによって、分かりやすく視覚的に必要な勤怠情報を得ることができ、ヒューマンエラーや申請漏れを未然に防ぐことが可能となります。
また、分かりやすいデザインであるため、ストレスフリーに使用することが可能です。

■Web上での使用が可能
インターネットが使用でき、かつ社内ネットワークにアクセスできる環境ならどこでも使用することができます。
それにより、場所にとらわれずにいつでも必要な勤怠情報にアクセスすることが可能となります。

■残業や過重労働を減らすことが可能
TimePro-VGでは、アラート機能を使って分かりやすく残業や打刻エラーを表示します。
それによって、社内で常態化しているサービス残業や過重労働を減らすことが可能となり、より働きやすい社内環境を作り出すことができます。

製品詳細

・対象従業員規模
100名以上

・無料トライアル
なし

・提供形態
オンプレミス/ホスティングサービス

・参考価格
150万円〜

・月額費用
別途お問い合わせください

・その他注意事項やポイント
上記は、最低基本価格です。
別途、操作指導料やオプション項目があります。
詳細はお問い合わせください。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

[PR]提供:マイナビニュース