※本記事は不要不急の外出を助長するものではございません。
※本記事の取材・撮影は2020年2月に実施したものです。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 厚生労働省内閣官房首相官邸のWebサイトなど公的機関で発表されている情報も併せてご確認ください。
※読売巨人軍の試合・観戦に関する最新情報は読売巨人軍公式サイトをご確認ください。

新型コロナウイルスの影響により、無観客試合での開幕となった2020年のプロ野球。観客を入れた試合のスタートも決まり、今年の観戦を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

おうちで応援という新たなスタイルも生まれ、より様々な楽しみ方ができる野球観戦ですが、カメラを持って自分だけのお気に入りシーンを写真に残すこともまた楽しみ方のひとつ。実際に、かっこいい選手の姿を撮影したり写真をSNSにアップする人も多い様子。自分もそんな写真を撮りたい! と思ったり、もっとステップアップしたい! と思いませんか?

よりきれいな写真を撮りたいのであれば、やはり一眼レフカメラとレンズがベスト……とはわかっていても、種類は多いし高価だし、自分の撮りたい写真が撮れるのかもわからないもの。そんな悩める人は、カメラやレンズのレンタルサービスを活用してみてはどうでしょうか?

今回はカメラレンタルサービス「Rentio(レンティオ)」で一眼レフカメラとレンズを借りて、2月に行われた読売巨人軍の春季キャンプに潜入! 選手の練習風景を撮影してみました。また、マイナビニュース限定のRentioでもっとお得にレンタルできるクーポンも用意しています。

さらにさらに! 今回はなんと、特別に読売巨人軍のキャプテンである坂本勇人選手と、第89代4番である岡本和真選手へのインタビューが実現! 昨シーズンの振り返りや今シーズンにかける思いについて聞きました! 2人が注力するポイントをチェックすれば、特別なベストショットが撮れるかも!?

要チェック! 読売ジャイアンツ 坂本選手・岡本選手
「2020年シーズンに向けての意気込み」

  • 本記事は2020年2月に取材・撮影を行いました

――本日はありがとうございます! まずは2019年のシーズンをあらためて振り返っていただければと思います。

坂本選手:昨年はチームとしてリーグ優勝もでき、個人的にもMVPをいただくなどリーグ戦は納得行くシーズンでした。ただ、日本シリーズでは4連敗という結果に終わってしまったので、そこが課題ですね。

岡本選手:前半戦はぜんぜんダメだったのですが、後半戦は優勝に少しは貢献できたかなと思います。日本シリーズは完敗だったので、今年しっかりやっていきたいですね。

――ここまでのキャンプの手応えなどはいかがでしょうか。

坂本選手:僕はインフルエンザにかかってしまったりして、まだまだ手応えを感じるところまでいっていないのですが、これからしっかり準備していきたいですね。カズマ(岡本選手)を見ていると、考えながらトレーニングできているみたいなので、すごく良いキャンプになっていると思います。

岡本選手:コンディションは悪くないです。しっかり体調管理して、インフルエンザには気をつけたいと思います(笑)。

――2020年シーズンの意気込みを聞かせてください。

岡本選手:自分の長所はバッティングですが、今年は守備でも貢献していきたいですね!

坂本選手:僕も走攻守のすべてで高いレベルのプレーを見せられるようにしたいですね。ファンの方にもぜひ注目していただきたいです。

  • 試合や練習では真剣な両選手も、なごやかな雰囲気に

――ありがとうございました!

なお、今回坂本選手・岡本選手からこの記事を読んでくださった方へ、サイングッズをプレゼントしていただきました。記事の最後で案内しているので、ぜひチェックしてみてください!

  • 今回のカメラで撮影した写真も、両選手に見ていただきました

撮影協力:ロワジールホテル那覇

いざ撮影! プロカメラマン直伝「おすすめカメラ&レンズ」

気合十分の坂本選手と岡本選手! この日も球場で声をかけあいながらリラックスした良い雰囲気で練習に臨んでいました。

※本記事は不要不急の外出を助長するものではございません。
※本記事の取材・撮影は2020年2月に実施したものです。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 厚生労働省内閣官房首相官邸のWebサイトなど公的機関で発表されている情報も併せてご確認ください。
※読売巨人軍の試合・観戦に関する最新情報は読売巨人軍公式サイトをご確認ください。

そんな二人をもっとかっこよく撮りたい! と撮影にチャレンジするのは、野球が大好きで読売ジャイアンツファンの優理さん。今回、プロのスポーツカメラマンである石井さんに撮影のコツを教えてもらいます!

  • 今回は沖縄セルラースタジアム那覇で撮影。東京ドームでは3塁側指定席S・Aにあたる場所です。

先生! 今日はよろしくお願いします! いつもスマホやコンパクトカメラで選手を撮影しているんですが、今シーズンは初心者から一歩抜け出して、プレー中のかっこいい姿はもちろん、練習中の笑顔も撮れるようになりたいです!

  • 石井健:写真家。週刊誌のカメラマンとしてキャリアをスタートさせ、現在は各アイドルグループやスポーツ団体のオフィシャル撮影を担当。また国外の紛争・騒乱取材なども手がける。Instagram:kenishii_p

頑張りましょう! 初心者からステップアップするなら、やはりレンズ交換できる一眼レフカメラを使うのが良いと思いますよ。おすすめは交換レンズが豊富にそろっている「CANON EOS Kiss X10」です。約449gと一眼レフカメラとしてはかなり軽量なので持ち歩きやすいですし、画質もかなりきれいです。

  • 「CANON EOS Kiss X10」カメラを始める層に大人気の初心者向けシリーズ「EOS Kiss」の最新モデル。バリアングル液晶(可動式の液晶)搭載のデジタル一眼レフカメラとしては世界最軽量、かつ初心者も操作しやすい一台です。※写真で使用しているレンズは別途レンタルが必要です。

おお、軽い! 一眼レフカメラって重そうで敬遠していたんですが、このくらいなら野球観戦にも気軽に持っていけそうです。スマホだけだとアップを撮るには限界があるなあと思っていたので、楽しみですね!

  • 左:一眼レフ、右:スマホ
    アップで撮ったり、撮った写真を拡大すると、スマホだとぼやけて見えることも。

もし、そこからさらにステップアップしたい場合は、「CANON EOS 90D」がおすすめです。

  • 「CANON EOS 90D」ハイアマチュア以上向けの性能と、初心者にもおすすめできる簡単で使いやすい操作性が魅力のモデル。連続撮影速度は最高約10コマ/秒で、すばやい選手の動きも逃しません。※写真で使用しているレンズは別途レンタルが必要です。

「EOS Kiss X10」に比べるとサイズが大きくて約701gと重いのですが、「CANON EOS 90D」はその分連射速度が速い、ファインダーが大きくてのぞきやすいなどのメリットがあります。どちらもスポーツの撮影では強力な武器になる要素なんですよ。

そうなんですね! 今回は簡単に操作できそうな「EOS Kiss X10」を使ってみようかな。

買う前に悩むならレンタルで試しちゃおう!
カメラレンタルなら「Rentio」 がオススメ

人気機種から最新モデルまで、買ったら高いカメラを最短3泊4日から必要な時に必要な間だけ、お得に使えるサービス。往復送料無料、当日17時までの注文完了なら最短翌日到着(※)と、思い立ったら気軽にレンタルできます。(※在庫がある商品に限ります。※北海道・九州は最短翌々日お届け)

カメラだけでも1000種類以上の幅広いラインナップを用意。また、今ならマイナビニュース限定のお得なクーポンも! この機会にぜひレンタルして自分に合ったカメラを探してみてはいかがでしょうか。

▼プロがおすすめ! 野球観戦に持っていきたいカメラ5選!





OK! 次はレンズですね。カメラ本体よりもむしろレンズの方が大事といえるくらい、レンズによって撮れる写真が変わります。

カメラに最初から付属しているレンズではダメなんですか?

もちろん、それでも撮れますが、今回はよりステップアップしてきれいな写真を撮るためのレンズを使いましょう。今回、3本ピックアップしました!

▼今回の撮影で使うレンズ




レンズには単焦点レンズとズームレンズの2種類があり、単焦点レンズは画質がよりきれいですがズームができません。球場のように撮影する場所が固定されている環境なら、自由度の高いズームレンズがおすすめです。

それで今回のレンズはぜんぶズームレンズなんですね!

そうです! でもそれぞれ特徴があるので、実際に撮りながら見てみましょう!

  • 今回、3本のレンズを使用。レンズの付け替えはワンタッチでできる。

設定とちょっとのコツで選手のベストショットを狙おう!

かっこいい! 練習とはいえハードですね。私もこんな写真撮ってみたいなあ。

完全にカメラ任せにして撮影するオートモードでもそれなりに撮れるのですが、モードダイヤルを「M」のマニュアルに合わせて自分で設定するともっときれいに撮ることができますよ。今日は天気が曇りなので、次のように設定してみてください。

晴れたときや、ドームなど室内での撮影のときの設定は違うんですね!

▼撮影シーン別! おすすめカメラ設定

そうなんです。今日のように屋外の球場の場合、晴れと曇りでは明るさがかなり違うので、設定でちょうどいい明るさで撮れるようにしてあげる必要があるんです。もし撮影中に天気が変わったら、設定も変えてください。ドームみたいに明るさが変わらない場所でしたら最後まで同じ設定でOKですよ。

なるほど! 設定してチャレンジしてみます!

やった! いい感じに撮れました!

良いですね! せっかくズームレンズで選手を大きく写せるのだから、表情がしっかり見えるような写真を狙ってみるといいと思いますよ。

たしかに! でもやっぱり、緊張感あるプレーの瞬間も撮ってみたいです。

そんなときは連写を使いましょう! 「ドライブモード」の設定で、「高速連続撮影」を選んでください。スポーツの撮影は一瞬が勝負になるので、とにかく連写すると良い写真が撮れる確率が上がります。

投げる瞬間を撮ることができました!

良い感じですね! 野球は比較的に先の動きがわかりやすいスポーツなので、撮りたいプレーが来そうだと思ったらカメラを構えていつでも撮れる態勢に入っておくといいですね。

試合中ずっとカメラをオンにしていても、バッテリーは大丈夫ですか?

そうですね。長時間の試合ではバッテリーが尽きてしまうこともあるので、予備が一つあると安心です。それから連写するとすぐにSDカードがいっぱいになってしまうので、64GB以上のなるべく容量の大きなSDカードをセットしておきたいですね。

▼カメラとレンズ以外の持ち物をチェック!

・予備のバッテリーがあると安心!
・SDカードは読み込みが速く、データ容量が大きな64GB以上がおすすめ!

なるほど! 撮った写真をスマホに入れてさっそく友だちに見せようっと!

もし写真を見て、「もっと大きく写したかったな」と思ったら、スマホやパソコンで後からトリミングするのもありですよ。カメラは画素数が多いので、ある程度大胆にトリミングしてもそれほど画質は落ちません。見せたい部分を残してトリミングすることで、より迫力のある写真に仕上がります。

  • 左:トリミング前、右:トリミング後

トリミングしたら選手の表情や動きがよりよく見えますね! ちょっと遠くてもやっぱりスマホよりもはっきり映ってるなあ。

撮影場所別! レンズの選び方でこう変わる!

ところで、レンズに書いてある「100-400mm」みたいな数字はなんですか?

焦点距離といって、どこからどこまでの範囲が撮れるのかという数字です。数字が小さいほど広い範囲を撮れて、数字が大きいほど遠くを大きく撮れます。たとえば100-400mmでしたら、遠くにいる選手をとても大きく写すことができますが、逆に隣に座っている人を近くから広く撮るようなことはできません。

  • 焦点距離100-400mmのレンズなら、内野スタンドからでも選手の表情をアップで撮影できる

なるほど! 撮りたいものまでの距離と、どう撮りたいかを考えてレンズを選ぶことが大事なんですね!

そうですね。たとえば「CANON EF 28-300mm F3.5-5.6L IS USM」がおすすめです。広い範囲もグッと大きくズームして撮ることもできる万能なレンズです。ただし、大きくて重いです。

  • 「CANON EF 28-300mm F3.5-5.6L IS USM」※本体は別途レンタルが必要です。

  • 「CANON EF 28-300mm F3.5-5.6L IS USM」撮影例
    右:焦点距離300mm、左:焦点距離300mm

お、重い…! 先生、ずっと持っていると腕がぷるぷるしてきます……!

そんなときは膝にかばんなどを置いて、その上に肘をのせてレンズを支えると楽ですよ。手ブレもしにくくなります。手ブレは写真の大敵なので、もし支えがない場合は脇を締めてしっかりカメラをホールドして撮りましょう。

本当だ! 安定しますね!

ちょっとそのレンズが大きくて重すぎるという場合は、「CANON EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM」がいいでしょう。広い範囲を撮ることはできませんが、遠くの選手についてはさっきのレンズと同じくらい大きく撮ることができます。それでいて軽くてコンパクトです。

  • 「CANON EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM」※本体は別途レンタルが必要です。

  • 「CANON EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM」撮影例
    右:焦点距離300mm、左:焦点距離300mm

遠くを大きく撮るのがメインになるなら、こっちの方が使いやすそうですね!

▼こちらのレンズもおすすめ!

●【キヤノン用】
SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 高倍率ズームレンズ (CANON EFマウント)

●【ニコン用】
NIKON AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR 高倍率ズームレンズ

●【SONY用】
SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G 望遠ズームレンズ

▼10%OFFクーポン配布中! Rentio(レンティオ)でお得にレンタル!

むしろ、まだ足りない、もっともっと選手をアップで写したい! という場合や外野のように遠い場所から撮影する場合は「CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」というレンズを使いましょう。さらに遠くを大きく撮ることができます。オートフォーカス(ピントを合わせる速度)も速く、プロのスポーツカメラマンも使うレンズです。

  • 「CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」※本体は別途レンタルが必要です。

  • 「CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」撮影例
    右:焦点距離300mm、左:焦点距離400mm

すごいですね! でもこれも重い……。

やはり画質や性能の良いレンズは大きく重くなりがちですからね。まずはどんな写真を撮りたいかを考えて、目的や自分の体力なども考慮して選んでください。

石井さん、ありがとうございました! 今シーズンは野球の写真でSNSを埋め尽くします!

▼もっと高倍率にしたいなら? このレンズもおすすめ!

●【キヤノン用】
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 超望遠ズームレンズ (CANON EFマウント)

●【ニコン用】
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028N) 高倍率ズームレンズ (NIKON Fマウント)

●【SONY用】
SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G 超望遠ズームレンズ

▼10%OFFクーポン配布中! Rentio(レンティオ)でお得にレンタル!

Rentioでカメラをレンタルして、
あなただけのお気に入りの一枚を撮ろう!

今回、一眼レフカメラとレンズを借りたのは、カメラレンタルサービスの「Rentio」。高価な一眼カメラをいきなり買うのはまだちょっと勇気がないという方にぴったりのサービスです。

Rentioのここが安心&便利!

●往復送料無料
●返却時に必要な着払い伝票やガムテープなども同封されていて便利
●保証料などオプション料金は追加不要
●不注意で壊しても、負担は最大2,000円まで
※修理が不可能な場合、製品をご返送いただけない場合は販売金額の100%を上限とする金額を申し受けますので予めご了承ください。
※ドローン等、商品により免責代金が異なる場合がございます。その場合、各商品ページに記載がございます。

レンタルしたいと思ったら、ネットから17時までに注文完了すれば、最短翌日に到着(※)。たっぷり使ったら、お届け時のダンボールに戻してコンビニや自宅から返送するだけ。返送時に必要な伝票やガムテープなども同梱されているので、面倒な手間もかかりません。(※在庫がある商品に限ります。※北海道・九州は最短翌々日お届け)

また、カメラを受け取る・送る際の往復送料が無料だったり、万が一、不注意で壊してしまった時の安心の保証制度や土日祝日も対応するチャットでの相談など、レンタルに関する不安や疑問に対して手厚いサポートがあるのもうれしいポイント。また、ホテルにも配送可能なので、いつもより遠い球場で観戦するときも、少ない荷物でカメラを楽しめます。

さらに今なら、マイナビニュース限定クーポンを配布中! よりお得にレンタルができちゃいます!

\【Check!】マイナビニュース限定!/
レンタル代が10%オフになるお得なクーポン!

お得にレンタルできるRentioですが、クーポンを活用すればもっともっとお得にレンタルできちゃいます! 次の野球観戦はぜひRentioを活用してみてはいかがでしょうか。

▼クーポンの使い方

【クーポンコード】mynavinews10
【有効期限】2020年12月31日注文完了分まで
【注意事項】※お一人様につき一回までご利用可能/他クーポンとの併用不可/月額プランや商品購入等は対象外

  1. Rentio(レンティオ)サイトで商品を選ぶ
  2. ショッピングカート画面を開き、「レジに進む」を押す前に「クーポンコードを入力する」を押してクーポンコード入力
  3. クーポンコード【mynavinews10】と入力すると割引が適用された金額が表示され、10%OFFになります。

簡単な手続きで、借りやすくて返しやすい、カメラレンタルサービスRentio(レンティオ)で、自分にピッタリなカメラを見つけて、あなたにしか撮れない最高の一枚に挑戦してみてください!

プレゼントキャンペーン実施中!
坂本勇人選手&岡本和真選手のサイン入り写真が当たる!

プレゼントキャンペーンは全3回! 第2弾は坂本選手・岡本選手それぞれのサイン入り写真です。今回Rentioでレンタルしたカメラで撮影した写真に、サインを書いてもらいました。ぜひ、マイナビニュースのTwitterをチェックしてみてくださいね!

【第2弾:坂本勇人選手・岡本和真選手 サイン入り写真】
応募要項
・応募期間 : 2020年9月18日(金)~2020年10月17日(土)まで
・内容 : 坂坂本選手もしくは岡本選手のサイン入り写真
・当選人数 : 8名様(※写真は選べません。ご了承ください)

応募方法
マイナビニュース エンタメのアカウントをフォロー&応募ツイートをリツイート
・さらに、 「Rentio宣伝部」Twitterをフォローで当選確率が2倍にアップ!

当選者には応募締め切り後、マイナビニュース エンタメTwitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。(11月末目処)
※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

当選条件
・日本国内にお住まいの方

応募にあたって以下を必ずお読みください。
応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。
(1)個人情報取り扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取り扱いおよび安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。
当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。
(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ
株式会社マイナビ コンテンツメディア事業部 キャンペーン事務局(mj-event@mynavi.jp)
(3)個人情報保護管理者
株式会社マイナビ コンテンツメディア事業部 事業推進部長(news-personal_data@mynavi.jp)

※本記事は不要不急の外出を助長するものではございません。
※本記事の取材・撮影は2020年2月に実施したものです。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 厚生労働省内閣官房首相官邸のWebサイトなど公的機関で発表されている情報も併せてご確認ください。
※読売巨人軍の試合・観戦に関する最新情報は読売巨人軍公式サイトをご確認ください。

[PR]提供:レンティオ株式会社