セキュリティの堅牢性や必要に応じてサーバー容量を増減できる柔軟性などは、クラウドのメリットとしてよく知られているところだ。

とはいえ、多くの中堅・中小企業にとって全システムのクラウド化は難しい問題だろう。そんな悩みを解決するのが、カゴヤ・ジャパン(以下、カゴヤ)の「ハイブリッドクラウド」だ。

  • クラウド×物理サーバーの柔軟な組み合わせで、最適なインフラ構成を提案するカゴヤの「ハイブリッドクラウド」

使い勝手の良いクラウドサービスを基盤としながら、サービスの形態は負荷のかかる処理を高性能な物理サーバーに切り分ける「FLEXクラウドサーバー×ベアメタルサーバー」と、既存のハードウェアをデータセンターに預けてクラウドと併用する「FLEX×ハウジング」の2つを用意。

さらに新しい働き方を支える「テレワーク導入らくらくパック」も提供している。

クラウド×物理サーバーの柔軟な組み合わせ

オンプレミスからクラウドへの移行は、企業システムの新たなトレンドとしてほぼ定着してきました。今ではクラウドのメリットは広く理解されています」と、セールスグループ統括マネジャーの猪俣成寿氏は語る。

  • カゴヤ・ジャパン セールスグループ統括マネジャー 猪俣成寿氏

クラウドのもっとも大きなメリットは、セキュリティ面でのサポートだ。マスコミに大きく取り上げられてはいないものの、実際には水面下でのサイバー攻撃は確実に増えており、少なからぬ企業が何らかの被害を受けている。

とはいえ、いわゆる「ひとり情シス」も多い中堅以下の企業において、セキュリティシステムを常に最新のバージョンにアップデートし続けるのは、かなりの負荷がかかる作業だ。

しかし、クラウドなら自社でのメンテナンスは一切不要で、万全のセキュリティが保たれる。

とはいえ中堅・中小企業さまの場合、全面的なクラウド化が難しいのも実情でしょう。

たとえば基幹システム系で高度な負荷のかかる処理など、高性能な物理サーバーでの処理が適しているプロセスもあります。

あるいはオンプレで導入したサーバーの減価償却が終わっていないため、使い続けなければならないケースも考えられますよね。

こうした場合におすすめしているのが、物理サーバーとクラウドサービスを同じネットワーク環境内で活用する「ハイブリッドクラウド」です。


現在使用中のサーバーをデータセンターで預かり、クラウドと併用する「FLEX×ハウジング」。

あるいは新たに物理サーバーを用意してクラウドと処理内容によって使い分ける「クラウド×ベアメタルサーバー」。

いずれも必要に応じて容量可変のクラウドをベースに、セキュリティをはじめとするサーバーメンテナンスをカゴヤが一括して請け負う

今回のコロナ騒動で一躍注目の的となった、テレワーク導入にも使い勝手の良いサービスである。

セキュリティに気をつけたいテレワーク

テレワークに対して、我々がもっとも懸念しているのがセキュリティリスクです。

たとえばこの2020年に開催延期となった世界的なスポーツ祭典。実はこのような大規模イベントの開催地は世界中からサイバー攻撃を受けるというのが、我々の業界では常識なのです。


リモートでの社内ネットワークへのアクセスは、オフィスと比較してセキュリティが脆弱となりがち。攻撃を仕掛ける側にとっては絶好のチャンスとなるのだ。

そんな状況で、テレワークが導入されるとどうなるだろうか。

仮に個人所有のパソコンで、社内ネットワークに接続する場合を考えてみましょう。

個人所有のパソコンは会社支給のものと比べてセキュリティレベルが低いため、ハッキングされやすい。

知らないうちにウイルスに感染していて、重要なデータを抜き取られているかもしれません。


データ漏えいやシステム破損などのリスクを避けるには、端末チェックに加えて、少なくともテレワーク専用のサーバー環境を構築することが望ましい。

それもオンプレではなく、セキュリティが確保された外部環境にあるサーバーを利用した方が安全性は高まる

このニーズに応えるのが、カゴヤの「テレワーク導入らくらくパック」だ。

新しい働き方、テレワーク をがっちりサポート

テレワーク導入らくらくパック」は、導入の容易なリモートデスクトップ方式を採用しました。

業務に必要なファイルはパソコン側ではなくサーバー上に保存されるので、情報漏えいリスクを低減できます。

また、専用の物理サーバーを弊社データセンター内に構築するので、それまでご利用されていたソフトウェアライセンスも、継続してお使いいただけます。

よりセキュアなVPN接続も可能なので、必要に応じてストレージの追加もできますよ。


リモートデスクトップでは、1台のデスクトップ環境を部門やチーム内で共有するため、コスト削減はもとより業務効率も上がって働き方改革にもつながる。

さらに「テレワーク導入らくらくパック」なら、ホスト側にMicrosoft Office 2019がセットアップされているので、アプリケーションをインストールしていない端末からでも利用が可能だ。

そのほか、業務内容に応じて必要なソフトやストレージの追加も柔軟にできる。

リモートでの通信回線や新たな端末調達などについても、弊社が窓口となり、パートナー企業を通じてワンストップでご提供いたします。


こうした顧客対応専従のセクションが、猪俣氏がリーダーを務めるカスタマーサクセスチームである。

すべてはお客さまの成功のために

我々のミッションはチーム名に示されています。カスタマーサクセス、すなわち、お客さまの事業成功です。

創業以来20年かけて蓄積してきたカゴヤのノウハウをフル活用して、お客さまをサポートします。


顧客ごとに異なる課題やトラブルに対して、最適なソリューションを提供する。そのために何よりも大切にしているのが、ヒアリングである。

顧客の状況を的確に把握し、問題を切り分けて課題解消につながる的確なサービスを提案する。

たとえば、いわゆる「ヒヤリ・ハット」案件の相談対応からスタートし、その成果が顧客内で浸透するにつれて、IT課題全般のソリューション提案にまでつながったケースもある。
※重大な事故や災害には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見

サーバー1台の契約からはじまり、10年以上のお付き合いを経て、今では全システムを弊社の「ハイブリッドクラウド」へ移行いただいたお客さまもあります。

ただし私たちカスタマーサクセスチームの仕事は、ITシステムの導入ではありません。導入したシステムを活用していただいたお客さまの、ビジネスの成功が目標なのです。


顧客の課題に適したソリューションを最適なコストパフォーマンスで提供するカゴヤ。今後も企業の経営効率を大きく高めてくれることだろう。

[PR]提供: カゴヤ・ジャパン