※10億本は、2018年からの累計出荷本数(350ml換算)

新ジャンルとして本格的なうまさと力強いコクで人気を博している「本麒麟」。 国内外のビールコンペティションで金賞3冠受賞※1、2018年3月の発売から2年目にして10億本を突破※2するなど、実力・人気ともに絶好調の商品だ。そんな本麒麟の新CMが3月28日から公開された。

今回のCMでは、これまでもおなじみの江口洋介に加え、アルコールCM初となるタモリを起用。ビール類好きのタモリの出演で、より魅力的に商品を伝えてくれる内容となっている。実はこのCM撮影の他に、タモリへの単独インタビューがおこなわれていた。今回は本麒麟のおいしさとともに、このインタビュー内容を一部紹介しよう。

※1:インターナショナル・ビアカップ 2018 年★「フリースタイルライトラガー部門」金賞、モンドセレクション 2019 年★「ビール、水&ノンアルコール飲料部門」金賞、メルボルンインターナショナルビアコンペティション 2019 年★「インターナショナルスタイルラガー部門」金賞 を受賞。★リニューアル前の商品で受賞しています。(2019年、2020年にリニューアル)。
※2:2018年からの累計出荷本数(350ml換算)

いつもの一杯が2倍おいしくなる!? タモリ流、こだわりの注ぎ方

「なるべくお酒本来の味を味わいたいので、極力おつまみは食べない」と語るほど、“味わい”を大切にしているタモリ。本麒麟の感想を聞かれると、「想像していたよりもうまかった」と満足そうな表情を浮かべた。

  • CM中、本麒麟を飲み、「うまいよ、これ。ほんと」と絶賛するタモリ

ビール類を飲むときのこだわりを聞かれると、「キンキンに冷やしたグラスに注いで飲む」と答え「1杯目は必ずグラス」と飲み方へのアツい想いを語った。

そんなタモリの前に用意されたのは、やはりキンキンに冷えたグラスと本麒麟。それらを使い、タモリは自らのこだわりの注ぎ方を披露してくれた。

まず、グラスに本麒麟をやや高めの位置から注ぎ、泡だけでグラスを満たしていく。泡だけのグラスに驚くのも束の間。泡が落ち着くと同時に、ゆっくりと琥珀色の液面がグラスを満たしていく。

  • 「本麒麟」をおいしそうに飲むタモリ

飲み頃までに結構な時間がかかるが「飲みたくなるところをぐっとこらえる、そうすると期待感が高まりますよ」 とタモリ。液面がグラスの7割程度、泡が3割程度になったら、残りの本麒麟を2度に分けてゆっくり注ぐ。こうすることで泡がおいしくなり、全体のバランスや飲み口もとても良くなるらしい。本麒麟でもこの飲み方の方がおいしいですか、との質問には「絶対に2倍はおいしくなりますよ」とタモリは自信を持って答えてくれた。

実はこのやり方、キリンビールもおすすめしている「3度注ぎ」という手法とほぼ同じ。すでに実践していたとは、さすがビール類好きのタモリだ。最後に自ら注いだ本麒麟を飲み、「うん……うまい!」と笑みをこぼし、「すべての大人に飲んでほしい」と商品をアピールした。

「すべての大人に飲んでほしい」本麒麟のおいしさの秘密とは

タモリも絶賛する本麒麟。新ジャンルでありながら、ビールに近い味わいを追求したこだわりの商品だ。しかしこのおいしさは、数多くの試験醸造の末、生み出されたものである。その試行錯誤によって作り出された本麒麟のこだわりを少しみてみよう。

  • ※リキュール(発泡性)①

まず素材には、大麦に加えドイツ産のヘルスブルッカーホップを一部使用し、上質な苦味と飲みごたえを実現している。さらに、キリンビール伝統の低温熟成期間を通常の新ジャンル商品よりも長く確保し、雑味のないスッキリとした後味に仕上げているのも特長だ。

また、麦芽やホップなどは農産物であるがゆえに、収穫年や産地によって、それぞれのコンディションは全く異なる。そこで、毎月各工場から醸造家が集まり、工場ごとに本麒麟の目指す味わいになっているか評価している。このように商品に真摯に向き合う醸造家が揃っているのも、本麒麟がおいしいと言われる理由のひとつだといえるだろう。

また冒頭でも述べた通り、2018年3月の発売から2年目にして本麒麟は10億本突破を達成した※3

※3:2018年からの累計出荷本数(350ml換算)

  • ※リキュール(発泡性)①

「10億」という数の大きさに実感が沸かないかもしれないが、1秒間に約15.8本※4売れていると言い換えるとその凄さは感じてもらえると思う。もちろんこの間、増税などの逆風もあったがそれを難なく乗り越え、進化し続ける味とこだわりで人気を保ち続けていたのは本麒麟が真の実力を持っていることの裏付けであるともいえる。

※4:350ml缶換算

リニューアルでさらにおいしく、リッチな見た目に

実はこの本麒麟、2020年1月中旬製造品からパッケージも新たにリニューアルされているのをご存じだろうか。

これまでも説明してきた通り、本麒麟は新ジャンルでありながら本格的なうまさや力強いコクを実現してきた商品だが、このリニューアルでさらにパワーアップを遂げている。

それは、飲みごたえとうまさの向上だ。行ったのは大麦の増量。これによって麦の香ばしさやコク、飲みごたえが従来よりもアップした。また仕込過程にキリンビール初となる技術を取り入れ、原材料の配合や煮込み方を工夫。両者が組み合わさることで、新ジャンルらしいキレ感はそのままに、コクと飲みごたえが表現できたのだ。

  • ※リキュール(発泡性)①

さらに魅力的になった新しい本麒麟はこれまで以上に、多くのユーザーに愛される商品に仕上がっているといえる。

本麒麟のリニューアルに、新CMの公開。既存ファンはもちろん、新ジャンルに物足りなさを感じていた人やこれから新ジャンルを試したいという人も、これをきっかけに本麒麟を味わってみてはいかがだろうか。本麒麟はきっとあなたに「うまい!」を届けてくれるに違いない。店頭で見かけたら、ぜひ手に取ってみてほしい。

[PR]提供: キリンビール