ほとんどの業務でITが利用される今日、PCの性能は社員の生産性、ひいては企業全体としての競争力に直結するようになった。社員全てのPCスペックを最大にまで引き上げられれば理想だが、経営原資には限りがある。社内の各組織でどんなITが利用されているのか。それぞれの部門はどの程度のPCスペックがあれば滞りなく業務が進むのか。コストと生産性を両立するために、こうした部門最適の考えをPC調達に取り入れる企業が増えている。

【先着100名様限定】お見積もりキャンペーン開催中

本記事に登場する「ThinkCentre」シリーズのお見積もりを取得いただくと、
もれなく Amazonギフト券500円分プレゼントします。

↓↓詳しくは記事末をご覧ください↓↓

情シスを悩ませる、納期とカスタマイズのトレードオフ関係

部門や職種単位で異なるスペックのPCを社員へ配付する。ここで頭を悩ませるのが、設計や調達にかかるリードタイムだ。

スペックやマスタ設計を考え、要件に適したPCをベンダーから調達する。当たり前だが、全社でスペックや構成を揃えた場合と比べ、部門最適を取り入れるとその分だけ設計や調達にかかる期間が延びる。カスタマイズして調達したいけれどそれだと計画までに間に合わない――2020年1月のWindows 7サポート終了のように大規模移行のケースでは、特にこういったジレンマに遭遇することが多い。

このリードタイムは、働き方改革の文脈でも大きな課題だ。1人1人の持つ能力を見定めて適切な業務に割り当てる。それぞれライフステージが異なる多様な人材を最大限に活かす。そこでは、配属を柔軟に変えることのできる環境が前提として必要になる。配属先は決まった、でもその部署で利用されているPCの調達が間に合わない。こんなことが頻発しては、ビジネスのスピードを落としてしまう。

「JAPAN MADE & SUPPORT」が、日本のビジネスを加速する

カスタマイズをしながら限られた短期間でデスクトップPCを納入する。「JAPAN MADE & SUPPORT」を掲げるレノボ・ジャパン(以下、レノボ)は、正にこの要望を叶えるメーカーだ。

米沢事業所で新設された「ThinkCentre」の生産ラインの様子。

米沢事業所で新設された「ThinkCentre」の生産ラインの様子。

同社は2020年2月、山形県にある米沢事業所で、法人向けデスクトップPC「ThinkCentre」の本格生産を開始。米沢事業場を「優れた顧客体験を実現するための国内工場」と位置づけ、CTO(注文仕様生産方式:企業の仕様に応じた見積をメーカーが提案する形式)生産への最適化、短期納品への挑戦、高品質へのこだわりを追求している。これに伴い、企業がCTOによるカスタマイズを選択した場合でも、見積依頼から納品までのリード タイムを最速5営業日で完了することが可能となった。

  • 同事業所では「米沢生産方式」のもと、20,000通りものCTO対応と最短5営業日の製品納品を実現する。

    同事業所では「米沢生産方式」のもと、20,000通りものCTO対応と最短5営業日の製品納品を実現する。

米沢事業所が生産する「ThinkCentre」は、スリムタワータイプである「M720s Small」「M920s Small」、小型デスクトップの「M720q Tiny」「M920q Tiny」の4種だ。事業所内に新設した2つの生産ラインのもと、1日最大300~400台を生産する。

  • スリムタワータイプ「M720s Small」「M920s Small」
  • 小型タイプ「M720q Tiny」「M920q Tiny」
  • 米沢事業所ではスリムタワータイプとして「M720s Small」「M920s Small」、小型タイプとして「M720q Tiny」「M920q Tiny」を生産する。

スピーディさとクオリティを両立するレノボ

レノボが優れているポイントは、納品までのリードタイムだけではない。2020年2月現在、設計(研究開発)と生産、サービス(サポート)、このすべてを日本で行っている外資系メーカーはレノボのみだ。国内生産への強い想いは、「JAPAN MADE & SUPPORT」というコピーにも強く表れている。そしてこれは、「日本企業のために、日本のチームが責任を持って製品を提供する」という同社の約束の印だ。

  • 設計(研究開発)と生産、サービス(サポート)の全てを日本で行う。

    設計(研究開発)と生産、サービス(サポート)の全てを日本で行う。

研究開発で一例を挙げれば、レノボでは200以上の項目を記した設計基準があり、同基準をクリアすることに弛まぬ努力を注ぐことで品質を高めている。万が一製品が故障した場合でも安心だ。保証期間中であれば95%以上を24時間以内に修理完了することを目指しており、この指標はすでに94%にまで達している。こうしたスピーディさとクオリティの両立は、レノボならではの強みと言えるだろう。

  • 「JAPAN MADE & SUPPORT」のコピーは、「日本企業のために、日本のチームが責任を持って製品を提供する」という約束の印だ。

    「JAPAN MADE & SUPPORT」のコピーは、「日本企業のために、日本のチームが責任を持って製品を提供する」という約束の印だ。

部門や職種単位で異なるスペックのPCを社員へ配付する。社員の生産性を引き上げ、企業としての働き方を変えていく。そこではこうした部門最適の考え方がいっそう重要となってくる。法人向けPCの導入を検討する場合は、ぜひとも法人向けデスクトップPC「ThinkCentre」をはじめとするレノボの製品を検討してほしい。

【先着100名様限定】お見積もりキャンペーン

はじめてのお見積もり取得で、もれなくAmazonギフト券500円分プレゼント!

>>お申込みはこちら

※お見積もりのお申込みにはIT Search+への会員登録が必要となります。
※今回のお見積もりキャンペーンはユーザー企業様のみ対象となります(SIer様、販売会社様は対象外です)
※原則として1社1案件につき1回のお申し込みとなります。案件内で重複があった場合は、先にお申し込みいただいた方を優先させていただきます。

キャンペーン期間:2020年2月12日~2020年3月31日

【個人情報の取り扱いにつきまして】


お申し込みに際しては、IT Search+における個人情報の取り扱い規程により、お預かりしている個人情報を以下の利用目的で「レノボ・ジャパン株式会社」へ開示いたします。

●会員登録情報の属性および内容の分析
●「レノボ・ジャパン株式会社」による製品やサービスに関する情報のメール、電話、郵送でのご提供

ご同意いただけましたら、上記よりお申し込みください。

IT Search+における個人情報の取り扱いにつきましてはこちら
「レノボ・ジャパン株式会社」の個人情報の取り扱いにつきましてはこちら

[PR]提供: レノボ・ジャパン