今やスマートフォンは生活に欠かせない存在。それだけに突然のバッテリー切れは頭の痛い問題だ。外出時にはスマホと一緒にモバイルバッテリーを常に持ち歩いているという人も多いのでは? 「電池切れの心配から解放されたい!」というのは多くのスマホユーザーの切なる願いと言えるだろう。

そんなユーザーを中心に、現在大きな注目を集めているのがシャープの「AQUOS sense3 SH-M12」だ。省エネ性能に優れるIGZOディスプレイと4000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、一般的な使い方なら実に1週間もの駆動が可能になっている。

  • 圧倒的な電池持ちが魅力的なシャープの「AQUOS sense3 SH-M12」

もちろん、バッテリー以外の基本性能も抜かりなし。高速CPUやトレンドの二眼カメラを搭載するほか、使い勝手を向上する機能も多数搭載されている。にもかかわらず価格は29,800円(税抜)と非常にお手頃。それだけでも魅力的だが、MVNOの老舗、IIJmioでは1月29日まで期間限定のキャンペーンを実施しており、条件を満たせば同製品をさらにリーズナブルな実質価格26,800円で手に入れられる。

ここではそんなAQUOS sense3 SH-M12の特徴と、同機をお得に手に入れる方法を紹介しよう。

AQUOS史上最長! 1週間の電池持ちを実現!

最近のスマホは性能が向上して画面が広くなった分、電力消費も大きくなってきている。当然ながら、従来と同じバッテリー容量だと電池持ちは短くなってしまう。そこでメーカー各社はバッテリー容量を増やすなどして対策をとっている。

  • 「AQUOS sense3 SH-M12」は約147mm×約70mm×約8.9mm、重量約167gと片手でも持ちやすい大きさ

シャープのAQUOS sense3 SH-M12もそのひとつ。省エネ性能に優れるIGZOディスプレイに加え、AQUOS史上最大の4000mAhのバッテリーを採用することで、連続1週間という長時間駆動を実現している。

ちなみに、この1週間というのは、通話やメッセージを中心に1日1時間使用し、残りの23時間は待機した場合の駆動時間。当然、使い方によって変わってくるが、HD動画の再生でも連続20時間、音楽のストリーミング再生なら連続61時間使用することができる。連続待ち受けなら、なんと38日! これだけ持てば、普段の生活で電池切れに遭遇することはまずないだろう。

  • 電池が劣化しにくいよう充電状態をコントロールするインテリジェントチャージ機能が搭載されている

実際にさまざまなシーンで使用してみたが、同クラスの標準的なスマホに比べて倍近く電池が持つ印象だ。フル充電したあと2日ほど待ち受け状態で放置しておいた場合も90%以上残量があり、想像以上にバッテリーが持つことを実感できた。

バッテリーの容量が大きいと、その分充電に時間がかかりがちだが、本機の場合は急速充電に対応しており同梱ACアダプタの使用で従来機の2.5倍高速にチャージすることが可能。その際、電池が劣化しにくいよう充電状態をコントロールする「インテリジェントチャージ」が機能するため、安心して急速充電を繰り返すことができるのも嬉しいポイントだ。

5.5インチのIGZOディスプレイを採用

AQUOS sense3 SH-M12が搭載するIGZOディスプレイは、画面サイズが約5.5インチで解像度がフルHD+(2,160×1,080ピクセル)のもの。見やすさと操作しやすさのバランスが取れたサイズで、片手持ちでも画面の端に指が届くギリギリのサイズだ。

  • 5.5インチのフルHD+(2,160×1,080ピクセル)IGZOディスプレイを搭載する

IGZOディスプレイは省エネ性能だけでなく色の表現力も高く、本機の場合はデジタルシネマで使われる色域(DCI-P3)を再現することができる。実際に写真や映像などを表示してみたが、一般的な液晶ディスプレイだとくすんでしまいがちな鮮やかな赤や緑、青などの色が実物に近い色味で再現された。

  • 鮮やかな色も実物に近い色味で再現される

輝度も高く、設定で「アウトドアビュー」をオンにしていると晴天時の明るい屋外でも画面がとても見やすい。地図のナビ機能を使っている時や、内蔵カメラで写真を撮影する際に、手で画面に影を作らなくても表示内容がはっきり把握できるのは評価できるポイントだ。

  • 日中の屋外でも自動的に見やすい明るさに調整してくれるアウトドアビュー機能を搭載する

二眼カメラとAIで写真撮影が楽しい!

本機の背面には1,200万画素のカメラがふたつ搭載されている。ひとつは人間が両眼で見える範囲に近い画角121度の広角カメラで、もうひとつがそれより狭い画角83度の標準カメラ。風景の雄大さを表現したい場合は広角カメラを、被写体を大きく写したい場合は標準カメラを使うという具合に、撮りたいものに合わせて自由に切り替えられる。

  • 本体背面には1,200万画素の広角カメラと標準カメラが搭載されている

その際、本機に搭載されたAIが被写体やシーンを判別して、自動的にそれに合わせた設定で撮影できるのが便利。たとえば犬にカメラを向けると被写体が「犬」だと自動認識してブレを抑えながら撮ることができる。料理の場合は色味や明るさなどを調節して、よりおいしそうに写すことが可能。全部で9種類の被写体やシーンに対応しているため、気軽にシャッターボタンを押すだけでも「インスタでみんなに見せたい!」というナイスな写真を撮ることができる。

  • アウトカメラはAIが被写体やシーンを自動認識して最適な設定にしてくれるため、シャッターボタンを押すだけでもきれいに撮影することができる

ちなみに人物を撮影するときはAI任せだけでなく、「ポートレートモード」を選ぶこともできる。その場合、被写体が2m以内の距離なら背景だけをぼかして撮影することが可能。ぼかし具合は画面で確認しながら10段階で調節することができる。おもしろいのは被写体が実物でなくてもOKなところで、写真やポスターにカメラを向けても人物以外をぼかして撮ることが可能だ。

  • 広角カメラで撮影した風景。ディテールもシャープに再現されている

  • 花なども自動認識して実物の印象そのままに美しく撮影することができた

  • 手持ちで撮影したが、夜景も美しく撮影できた

なお、本体前面には800万画素のインカメラも搭載されているが、こちらは背面の二眼カメラと異なりシングルカメラとなっている。もちろんセルフィーに不可欠な「盛る」機能はしっかり搭載されており、背景をぼかせる「ぼかし」のほか、「美肌」、「小顔」、「色合い」、「明るさ」、「目の大きさ」などを画面上で確認しながら調整することができる。いずれもマックスまでレベルを上げても人工的な感じは少なく、自然な雰囲気に仕上がるのが好印象。これまで以上にセルフィーが楽しくなること間違いなしだ。

  • 前面には800万画素のインカメラが搭載されている

使い勝手を高める機能も充実

このほかにもAQUOS sense3 SH-M12にはさまざまな機能が搭載されている。基本性能も高く、スマホの頭脳にあたるSoCには従来機よりパフォーマンスが大幅にアップしたQualcomm Snapdragon 630が採用されており、複数アプリを同時実行する場合でもサクサク動作する。

2枚のSIMカードを挿入して2回線を使い分けられるデュアルSIMにも対応しており、仕事用とプライベート用のスマホを1台にまとめることも可能。さらに指紋&顔認証や、IPX5/8準拠の防水とIP6X準拠の防塵、オサイフケータイなどにも対応している。

  • AQUOS sense3 SH-M12はデュアルSIMに対応しており、2枚のSIMカードを装着することができる

音声アシスタントはAndroid OS標準のGoogleアシスタントのほか、シャープ独自の「エモパー」も搭載する。通常の音声アシスタントはこちらから質問をしないと答えてくれないが、エモパーは生活スタイルを考慮して自動で情報を教えてくれるところが便利。たとえば、自宅にいる場合はロック画面で時間や明日の天気、電車の遅延情報、検索急上昇ワード、気になるニュースなどを画面表示や音声で教えてくれる。

  • シャープ独自の音声アシスタント「エモパー」のメイン画面。天気やユーザーが興味のあるニュース、急上昇ワード、近くのスポットなどを見やすく表示してくれる

加えてロック画面で2回タップするとエモパーにいろいろなことをお願いすることが可能。たとえば「明日の7時にアラーム」と話しかければ、「わかりました」と返事してその時間にアラームをセットしてくれる。その際、「そういえばもっとも寝る県は秋田県で、もっとも寝ない県は神奈川県ですよ」などと、トリビア的なひとことを付け加えるところが人間くさくてユニーク。使っているうちに、自然と愛着が湧いてしまうはずだ。

  • エモパーはロック画面でもさまざまな情報を教えてくれる

【1/29まで!】IIJmioなら実質26,800円で手に入る!

これだけ充実した機能を搭載していながら通常価格29,800円(税別)というのはかなりリーズナブル。しかもMVNOの老舗、IIJmioなら、1月29日までSHARP 新機種発売記念キャンペーン」を実施しており、条件を満たせば購入後に3,000円分のギフト券がプレゼントされる。

キャンペーンの適用を受けるには、期間中に新規で音声SIMと同時にIIJmioサプライサービスにてAQUOS sense3 SH-M12を申し込む必要がある。すでにIIJmioモバイルサービス音声SIMを利用している場合は、IIJmioサプライサービスにてAQUOS sense3 SH-M12を購入するとキャンペーンが適用され3,000円分のギフト券がプレゼントされる。

新春! IIJmio 大感謝祭まもなく終了!<抽選で2020名に豪華景品プレゼント>

同時に「抽選で2020名に豪華プレゼント」が開催中だ。新規契約が対象となることが多いが、今回は既にIIJmioを契約している人が応募することができる。もちろん、キャンペーン期間中に新規契約した人も応募可能なため、検討している人は早めに契約して抽選のチャレンジをお勧めする。

***

AQUOS sense3 SH-M12をおトクな価格で手に入れたいなら、このチャンスを逃す手はない。バッテリーが長持ちする端末を探している人や、使い勝手の優れた端末を探している人は、ぜひ同社のキャンペーンサイトをチェックしてみてほしい!

  • バッテリー持ちと使い勝手のよさが魅力的な「AQUOS sense3 SH-M12」

[PR]提供: IIJmio