◇海鮮を中心としたオールマイティーな料理を楽しめる居酒屋『庄や』

どうも、へんてこグルメガイドの矢崎です。

今回、紹介するのは、庄や。もしかしたら
「『庄や』ってあのよくある大衆チェーンの?いまさら知る必要ある?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

だけどやっぱり、すごくいいんですよ。 今回は、そんな『庄や』について浅いところから深いところまで書かせていただきます。

▽この記事を書いた人

「矢崎 智也」
 へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
 Twitter→@yzktmy827 へんてこグルメガイド 矢崎@asobikikaku
 他の記事→矢崎の記事


◇仕事帰りや友達との飲み会にぴったりのカジュアルな居酒屋『庄や』に潜入!


『庄や』神田東口店


住所:東京都千代田区鍛冶町2-13-25 JR高架下共同ビル1・2階
アクセス:JR線 神田駅 東口・南口徒歩1分

営業時間:月~土、祝日、祝前日 11:30~23:00 ( 料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
【お昼の各種宴会など時間外営業も、ご予算・人数などもお気軽にご相談を】
リンク先: 公式 店舗ページ  

今回、お伺いしたのは『庄や』 神田東口店。神田駅から徒歩1分、駅から近く交通の便が非常にいい店舗。 『庄や』は神田のお店だけでなく全国250店舗もあり、誰もが見たことあるポピュラーで馴染みの大衆居酒屋のひとつです。

◇いざ、店内へ! 提灯の灯りがともる落ち着いた空間

一歩お店に入ると広がっているのは、和を基調としたカジュアルな空間。
気取らないアットホームな雰囲気は、会社帰りや気の置けない友達との飲み会にはぴったりです。

大人数用のテーブル席や周りを気にせず使える個室、4人掛けのテーブル席はもちろんのことカウンター席もあるので、一人でしっぽりと飲むのにも使えます。

天井からは可愛らしい絵が描かれた提灯が…。
よく見てみると一つ一つ絵柄が異なっていることに気づきます。
全国に展開するチェーン店にもかかわらず細部の装飾にも、こだわっているのは好感を持てますね。

◇『庄や』はここが違う!修業を積んだ板前が常に厨房で腕をふるう!

『庄や』のコンセプトは「板前がいる町の酒場」。
この価格帯の大衆居酒屋では珍しく厨房では、きちんと修業を積んだ板前が腕を振るっています。
味付けや切り方にいたるまで、板前だからこそできる「きめ細やかな技」を感じさせてくれるので、どのメニューもワンランク上の美味しさです。

◇老若男女問わず楽しめる海鮮を中心としたオールマイティーなメニュー構成!

  • △『庄や』のメニューは こちら

お店自慢の海鮮料理を中心に焼鳥、小鉢料理など、老若男女問わずどんな要望にも応えられるような構成になっています。さらにグランドメニューは4カ月ごとに入れ替えているので、季節ごとに新しい味に出会えるのも嬉しいところ。

◇飲み会の始めはビールから!じゃんじゃん飲んでいきましょう!

  • △アサヒスーパードライ 中ジョッキ 500円(税別)

それでは「じゃんじゃん飲んでいきましょう!」ということで、注文したのはビール。

注文を伝えると「はい!よろこんで!」との威勢のいい返事。 店員さんの元気が良いと、仕事帰りで疲れていても元気になりますね。

  • △大漁盛り(12種盛り)1人前 1,080円(税別) ※写真は2人前

前述のとおり『庄や』は豊富なメニューが特徴ですが、お店のイチオシは「大漁盛り」です。
アジの姿造りにホタテやタコ、マグロやサーモンなど、めくるめく海の幸が12種類も並べられて1人前1,080円(税抜)。

旬の海鮮を使っているのでどんな海の幸が出てくるかは、行ってみてのお楽しみ!

冬の時期の注目は、分厚く切られた「ブリ」。 見た目からも脂の乗りが伝わってきますが、衝撃なのは食べてから。 これだけ分厚く切られているのにもかかわらず、身の間に隠し包丁が入れられていることで、スッキリとした味わいになるんです。

※隠し包丁:料理で、材料の裏面に包丁で切れ目を入れること 忍び包丁ともいう
      おもに食べやすくする場合や、味や火がよく通るように入れられる

  • △「大漁大盛り」に飾られたアジのあらが素揚げで戻ってきた

お刺身を食べ終わった後は、桶の中央に鎮座しているアジを素揚げにしてもらうことも!
パリパリとした食感と香ばしさが、飲み会後半のちょっとしたつまみに最適なんですよ。

◇刺身だけじゃないイチオシメニューを一挙ご紹介。

もちろん『庄や』のおすすめは、お刺身だけじゃないんです。

  • △本日のなめろう 550円(税別) ※魚種は日替わり、詳しくは従業員まで

季節の魚で作られる「本日のなめろう」。しょうがや味噌と合わせた「なめろう」は、魚の旨味がたっぷり。しょうがの風味がピリリと効いていて、日本酒と相性抜群です。
ひと口食べると日本酒がグイグイと進んじゃうので、飲みすぎに気をつけてください。

  • △元祖あさりバター 580円(税別)

日本酒と合わせるなら「元祖あさりバター」もはずせません。
バターが香るアサリの出汁が溶け出したスープは、旨味たっぷり。
そのままでも十分に美味しく食べられますが、日本酒と合わせると乙な味になります。

  • △焼きとり盛り合わせ(5本) 820円(税別) ※写真の味付けはタレ。塩も選べます

『庄や』には海鮮料理だけではなく、お肉料理もあります。「焼きとり盛り合わせ」は、飲み会の最初に注文しておきたいですよね。 特製のタレを合わせていて、じんわりと甘いタレと炭火で焼き上げられた鶏肉は相性抜群です。

◇『庄や』の裏ワザ!もっと知ってほしいゼロ円メニューとは?

『庄や』では、「冷めた料理の温め直し」や「好みの味付け」など、居酒屋で飲んでいるときにあったらいいなと思うサービスを無料でしてもらえちゃうんです。

「ゼロ円メニュー」と名付けられたこのサービスを使えば、さらに飲み会を楽しくできますよ。

もちろん『庄や』のおすすめは、他にもまだまだあります。

  • △出汁巻き玉子 500円(税別) ※味付けは甘口!

例えばこちらの「出汁巻き玉子」。通常、居酒屋の玉子焼きといえば、ダシの効いたしょっぱめのものも多いですが、「本当は甘いやつが食べたいんだよなぁ」という方も少なくないはず。
実際、私も玉子焼きは甘い派でして、ケーキみたいに甘いのが食べたいときもあります。

そんなときは「ゼロ円メニュー」を使えば、玉子焼きを甘ーく仕上げてもらうことも可能です。 ふんわり食感の甘い玉子焼きで実家の味を思い出しますね。

◇全国の日本酒やあっと目を引くサワーなどドリンクもバラエティー豊か!

  • △【新潟】八海山 特別本醸造850円(税別)

ドリンクの豊富さも『庄や』の魅力のひとつ。
特に日本酒はバラエティーに富んでいて、北から南まで日本中の銘柄を20種類近くも置いています。
また提供の仕方が非常に豪快で、グラス、マス、小皿の三段構え。小皿の表面張力ぎりぎりにまで日本酒を注いでくれます。

  • △冷凍パインサワー 450円(税別)

日本酒以外では、サワー類が必見です。
いろいろある中で一番目を引いた「冷凍パインサワー」を注文してみました。

  • △名前の通りジョッキの中には、氷の代わりに「冷凍のパイン」が入っています

サワーを飲みながらかじるのでも、飲んだ後に楽しむのも、味わい方は自由自在。お好きな飲み方でいっちゃいましょう。

◇〆は季節の味覚を堪能できる「釜飯」で!

  • △【12月限定】帆立バター 580円(税別)  ※月替わりのため、異なる場合あり

〆の料理は「お茶漬け」や「焼きそば」などがありますが、『庄や』に来たら「釜飯」を注文してほしいところ!
1か月ごとに「しゃけいくら」や「ズワイガニ」、「桜エビ」など、季節に合わせた釜飯を提供しています。

私がお店に行ったときに提供されていたのは「帆立バター」。
ホタテと一緒に炊かれたごはんに三つ葉と塩昆布、とびっこを混ぜていただきます。
口の中一杯に広がるホタテの風味と鼻を抜けるバターの香りの釜飯は、いろいろな料理を食べた後でもペロリと食べられてしまいました。

◇おわりに

「板前がいる町の酒場」がコンセプトの居酒屋『 庄や』を紹介しました。
目移りしてしまうような趣向を凝らした料理の数々に加え、ドリンクの種類もとにかく豊富。カジュアルな雰囲気なので、「友達との飲みはどこでしようかな?」と思ったらまず頭に浮かんでほしいお店の一つであります。

どんなシチュエーションでも柔軟に対応できるので、「間違いない」お店だと思うんです。


▽この記事が面白かったらYouTubeのチャンネル登録をお願いします!

Youtubeチャンネルを始めました!

・・・・コチラもお願いします ↓・・・・
Instagram  /  Twitter  /  Facebook


へんてこグルメガイドのLINE@ です。
*スマホからタップするだけで登録できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]提供: 株式会社大庄