横浜元町の「ファイト カフェ横浜」が11月16日にリニューアルオープンした。「より良い自分に」をテーマにメニューや店内の内装を一新、様々なライフスタイルイベントも開催中だ。世の中の健康意識が高まっていることもあり、注目を集めているファイト カフェ横浜。その魅力や楽しみ方についてカフェの企画を担当した川島裕史氏に話を伺った。

  • リニューアルした「ファイト カフェ横浜」

  • ファイト カフェ横浜の企画を担当した川島裕史氏

自社有機農場をイメージした内観

――まずはリニューアルの背景について教えてください。

川島氏:そもそもの背景として、会社としてサプリメントブランド「ニュートリライト™」の認知度を上げていくことをミッションに掲げていたことがあります。弊社の製品はネット販売が主流で、実際にさわったり試したりできる場所が限られているので、顧客接点が必要だと考えました。そこで、それを担うニュートリライト™のコンセプトカフェとして、ファイト カフェ横浜をリニューアルすることにしたのです。リニューアルのテーマは「the best version of yourself(より良い自分に)」としました。

――リニューアルでは内装も一新されました。コンセプトについて教えてください。

川島氏:以前は横浜の港町を意識したクラシックな雰囲気でしたが、リニューアル後は緑豊かでネオンサインをあしらった癒やしの空間に仕上げました。店内の緑はニュートリライト™のサプリメントの原料植物を栽培する自社有機農場をイメージしたものです。ちょうど今テレビで放映されているCMが、12月20日から来年1月16日までの予定で、全国(一部対象外)のTOHOシネマズおよび109シネマズで公開される映画作品の上映前に放映されることになっていて、一連のニュートリライト™ブランドキャンペーンと連動しているんです。

  • 自社有機農場をイメージしたしたという内観には、いわゆる“映え”なネオンサインもあしらわれている

――どのようなお客さまが来店されるのでしょうか。

川島氏:やはり多いのは30代以上で健康意識の高い方です。そういった方は食べるものやライフスタイルに強いこだわりを持っておられます。ニュートリライト™もサプリメントの原料となる植物を自社有機農場で育てるなど、たくさんのこだわりを持って製品を作っているブランドですので、ファイト カフェ横浜を通じて、そのこだわりをお客さまに訴求していきたいと考えています。

オーガニックにこだわった様々なメニューを用意

――メニュー開発で大変だったことはありますか。

川島氏:極力オーガニック食材を使用していることもあり、協力会社さんと一緒に、食材の調達には苦労しましたね。たとえばオーガニックのビーツなどは当初全然見つからなかったんです。

  • 店内で提供されるサンドウィッチなどには多くのオーガニック食材が使われている

――日本では普通のビーツですらまだあまり見かけませんからね。

川島氏:メニュー数や価格なども悩んだ点です。品数は少ないと魅力に欠け、作りすぎてもロスが増えてしまいます。そこで、お店の立地などから見込み客数を計算してメニューを作っていきました。価格については、できるだけお求めやすい価格で良いものを提供するために、協力会社さんと一緒にかなりがんばりました。特にスムージーは自信作です。他店に比べると安いので、材料費にコストをかけていないと思われそうですが、そんなことはなくしっかりと良い食材を使って、おいしく仕上げています。ぜひ一度飲んでいただきたいですね。

  • おすすめは様々な果物や野菜が使われたスムージー。取材時に試飲させていただいたが、どのスムージーも絶品で筆者もスタッフも一息に飲んでしまった

――メニューはどのように作っていったのでしょう。

川島氏:プロの方に協力をお願いし、関係者で何度も試食を繰り返しながら意見を出し合って作り上げていきました。例えば、サンドウィッチにも少量のターメリックやフェンネルパウダーなどのスパイスを利かせて風味を加えるなどの工夫をしました。どのメニューもとてもおいしく仕上がった自信作です。あとは、やはりSNSの時代ですので”映える”メニュー作りにもこだわりました。

――おすすめメニューについて教えてください。

川島氏:やはり、まずは先ほど申し上げたスムージーですね。レギュラーメニューとして、グリーン、イエロー、パープル、レッド、ホワイトの5色のスムージーがあり、それぞれ含まれる栄養素が異なります。ビタミンや食物繊維、たんぱく質などが摂取できて、すべてのスムージーに自社の大豆ベースのプロテインパウダーが使われています。野菜やフルーツ以外にも、はちみつや少々のスパイスが入っており、味もしつこくない甘味があってとてもおいしいです。栄養は毎日の食事からバランスよく摂ることが重要だと思いますので、ファイト カフェのスムージーも生活の中に取り入れていただけたら嬉しいです。レギュラーメニューの5色のスムージーに加えて、毎月、マンスリースムージーとして新しいものが登場しますので、そちらも楽しみにしていただけたらと思います。今は12月28日までのオープニング限定で、ピーチ・マンゴー スムージー、ベリー・バニラ スムージーを提供しています。どちらも、お客様にご好評をいただいている人気メニューです。

  • 毎月登場するマンスリースムージー

オープニングスペシャルメニューには見た目もかわいいポテトクリームサラダが

――オープニングスペシャルメニューのポテトクリームサラダが人気だそうですね。

川島氏:そちらもおすすめのメニューです。寒い季節ですから、温かいメニューをお出ししたいと思って開発しました。「4種の野菜を使ったミートソースのポテトクリームサラダ」は野菜を目立たせてしっかりした食感をお楽しみいただけます。「枝豆のホワイトソースのポテトクリームサラダ」も枝豆を入れることで食感が良く、バジルソースがアクセントになっています。けっこうボリュームもあるので、食べ応えもあり満足感も高いと思います。また、バゲットとコーヒー、または紅茶がつくセットメニューもご用意しています。

  • オープニングスペシャルメニューのポテトクリームサラダ

――リニューアルから1カ月、お客さまの反響はいかがでしょうか。

川島氏:おかげさまでご好評をいただいています。元町は地元の一体感が強く、お客さま同士でお話されている姿もよく見かけます。私も何度か普通の客としてファイト カフェ横浜に行ってみたのですが、隣の席の方に話しかけていただいたり、アットホームな雰囲気だと感じます。スムージーやフードについても好評で、おいしくて体に良いという声をいただいており嬉しく思います。味とヘルシーさの両立がファイト カフェのモットーですので。

――お店ではライフスタイルに関する様々なイベントも開催されているそうですね。

川島氏:お子さんとご参加いただける手作りクッキングやヨガなど、「より良い自分に」をテーマにしたイベントを開催中です。自分に良いことをしたなと、思わず自分を褒めてあげたくなるような体験ができると思います。

――最後に本記事をご覧の方にメッセージをお願いします。

川島氏:緑が豊かで”映える”ネオンサインや座り心地の良い椅子など、内装にも徹底的にこだわりました。野菜や果物をたっぷり使ったスムージーやポテトクリームサラダ、サンドイッチなど体のためにも嬉しい、そして食べておいしいドリンクやフードをお手頃な価格で取り揃えています。どのメニューもおすすめですが、特にスムージーはスタッフ“いちおし”の商品ですので、その日の気分で色を選んでいただくなど、お客様それぞれの楽しみ方を見つけていただき、まずはぜひたくさんの方においしく、楽しく飲んでいただきたいですね。

横浜には次々に新しい商業施設もいろいろとできて盛り上がっています。そちらを訪れた際に、一息つくカフェとして、ぜひファイト カフェ横浜に立ち寄っていただければ嬉しいです。

***

思わず長居したくなる癒しの空間と、おいしく健康に良いメニュー、そしてライフスタイルイベントの数々。リニューアルしたファイト カフェ横浜で「the best version of yourself」な生活を手に入れてみては。

■PHYTO CAFE YOKOHAMA by NUTRILITE™
住所:神奈川県横浜市中区元町3-130-1 MID横濱元町 1F
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日:なし
公式HPはコチラ

[PR]提供: ニュートリライト