マイナビニュースは、12月13日(金)、東京都新宿にて「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用 ~データが促すビジネスの再定義~」を開催する。申込締切は12月12日(木)15:00。

本フォーラムは、会場でのご参加が難しい方もライブ配信にて視聴いただけます。 ※ライブ配信にて視聴頂く場合も参加登録が必要になります。

データ利活用で経営戦略を再探求

テクノロジーが飛躍的に進化し、これまでになかったデータを収集・分析可能になった。データの利活用を通じて製品やサービスが再定義される中、企業は何を検討し、どのような行動を起こすべきなのか。

本フォーラムでは「データ活用」という切り口で、「流通・小売業」「製造業」「金融業」の3トラックに分けて講演を実施する。先進的な取り組みでビジネスをリードする9社を編集部セッションに招へい。その事例を通じて、来場者に経営戦略を見つめ直すきっかけを提供する。

その講演内容の一部を紹介しよう。

コネクテッドカーとデータサイエンスの密接な関係

日産自動車 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 エキスパートリーダー 上田 哲郎氏

日産自動車 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 エキスパートリーダー
上田 哲郎氏

【A-1】Keynoteに登壇するのは、日産自動車の上田 哲郎氏だ。

100年に一度の大変革期を迎えたと言われている自動車産業。キーワードとしてCASEという言葉がメディアで取り上げられるようになった。Connected car(コネクテッドカー)、Autonomous(自動運転)、Shared Mobility(シェアードモビリティ)、Electric(電気自動車)の頭文字を繋いだこの単語の中で、カギを握る技術は"Connected"だ。Connected Carは車をIoT化する技術とも言える。

「自動車とデータサイエンスの密接な関係性 ~未来の新しいクルマ社会を目指して~」と題した講演では、上記のような技術の実現によって集まったBigDataを、どのように活用しようとしているのか。AIやデータサイエンスの観点から一歩先の自動車産業について解説を行う。

データやサービスを提供する「コト売り」への転換

パナソニック ビジネスイノベーション本部エッジコンピューティングPFプロジェクト CEO 宮崎 秋弘氏

パナソニック ビジネスイノベーション本部エッジコンピューティングPFプロジェクト CEO
宮崎 秋弘氏

【A-4】Keynoteに登壇するのは、パナソニックの宮崎 秋弘氏だ。

パナソニックはこれからの100年、機器が生み出すデータやサービスを提供する「コト」売りで、顧客の暮らし向上に貢献しようとしている。これを象徴する新たな事業の一つが、IoT(エッジカメラ)とAI(画像解析)を活用したVieurekaだ。

「IoT×AIが創る未来 パナソニックが目指すくらしアップデート業」と題した講演では、流通や製造現場で拡がる導入事例の紹介と共に、エコシステム拡大によるIoT×AIの未来について語る。

「オープンなビッグデータ」で新商品を開発

アスクル BtoCカンパニー プラットフォーム本部 ビジネスマネジメント&アナリティクス 統括部長 兼 ECマーケティングディレクター 成松 岳志氏

アスクル BtoCカンパニー プラットフォーム本部 ビジネスマネジメント&アナリティクス 統括部長 兼 ECマーケティングディレクター
成松 岳志氏

【B-1】Keynoteに登壇するのは、アスクルの成松 岳志氏だ。

"くらしをかるくする"をコンセプトに日用品を販売するロハコでは、日常のちょっとしたお困りごとを解決するオリジナル商品や、メーカーとのコラボ商品を数多く販売している。

「暮らしになじむロハコ商品を生むデータ活用術」と題した講演では、そうした商品の開発に活用されるデータ分析の実例を紹介しながら、消費者のインサイトを抽出し、ビジネスに転換するデータ利活用戦略について語る。

三越伊勢丹のデータを基軸にした新ビジネスモデル

三越伊勢丹 デジタル事業部事業企画・管理ディビジョン プランニングリーダー 内田 浩樹氏

三越伊勢丹 デジタル事業部事業企画・管理ディビジョン プランニングリーダー
内田 浩樹氏

【B-4】Keynoteに登壇するのは、三越伊勢丹の内田 浩樹氏だ。

1673年の三越の前身である越後屋創業から340年余り。長い年月の中で、時代に合わせて常に変化をしてきた三越伊勢丹グループは、デジタル化の浸透によるお客さまの消費行動の変化に対応すべく、"IT・店舗・人の力を活用した新時代の百貨店"を目指す大きなビジネスモデルの変革に挑戦している。

「DXによる新たなビジネスモデルへの挑戦」と題した講演では、百貨店として創業以来培ってきた"おもてなしの精神"とデータを基軸にした、デジタルトランスフォーメーションの目指す姿と具体的な取り組みについて紹介する。

日銀が決済システムの構造をデータ活用で考察

日本銀行 決済機構局審議役 FinTechセンター長 副島 豊氏

日本銀行 決済機構局審議役 FinTechセンター長
副島 豊氏

【C-1】Keynoteに登壇するのは、日本銀行の副島 豊氏だ。

近年、新しいキャッシュレス決済や国際送金サービス、ポイントの疑似マネー化など、さまざまなマネーが登場している。また、ステーブルコインや中央銀行デジタルマネーなど、マネーシステムを巡る新しい動きも生じている。

「マネー再考:ネオマネーがもたらす決済システムの構造変化」と題した講演では、これらの動向を決済システムの構造という観点から俯瞰展望することを試みる。データ活用は、実は技術ドリブン。一方でサービスは利便性ドリブンで考えるもの。どちらに対してもアプローチを怠らず今後増大するデータを利活用する方法について語る。


データ活用に課題や期待を持っている経営層、ご担当の方には、ぜひ本フォーラムに参加し、データ戦略に関するヒントを得ていただきたい。

なお、本フォーラムは、会場でのご参加が難しい方もライブ配信にて視聴いただけます。 ※ライブ配信にて視聴頂く場合も参加登録が必要になります。

フォーラムの概要は以下の通り。

  • タイトル:
    マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用
    ~データが促すビジネスの再定義~
  • 開催日:2019年12月13日(金)10:00~17:50(開場予定9:30)
  • 会場:JR新宿ミライナタワー 12F マイナビルームA・B・C
  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目1番6号
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 定員:500人

フォーラムの詳細はこちら>>

[PR]提供: 協賛:アルプス システム インテグレーション、INSIGHT LAB、インフォマティカ・ジャパン、日本オラクル、キーエンス、SATORI、Sansan、xenodata lab.、Talend、データ総研、テクマトリックス、Denodo Technologies、日立社会情報サービス、Macbee Planet