貿易摩擦などの国際事情、AIやIoTに代表される技術革新、半導体の世界はまさに激動の時代を迎えようとしている。そんな半導体業界の今と未来を体感できるのが2019年12月11日~13日の3日間にわたり東京ビッグサイトで開催される「SEMICON Japan 2019」だ。今回、SEMIジャパン代表取締役社長の浜島雅彦氏に、半導体業界の現状とSEMICON Japan 2019の見所について、解説いただいたのでその内容を紹介する。

半導体業界を牽引する日本企業の実力

米中貿易摩擦、日韓関係の悪化など、昨今の国際情勢は半導体業界にも影響を及ぼしている。浜島氏は、「世界の半導体市場は、昨年から約12%減少している」という。しかし、半導体の世界市場は45兆円以上という巨大なものであり、中長期的には拡大が確実視されている。台湾や韓国の企業も設備投資を強化し、来年からの成長回復に備える構えだ。

  • SEMIジャパン 代表取締役社長 浜島雅彦氏

    SEMIジャパン 代表取締役社長 浜島雅彦氏

今回の貿易問題は、図らずも半導体業界における日本企業の影響力を広く社会に伝えるきっかけになったという。また、斜陽と思われていた日本の半導体業界だが、材料・装置の分野では、日本企業が市場を牽引しているのだ。

「世の中に溢れているデバイスには、様々な半導体が使用されています。確かに、半導体自体は、海外製が主流になっています。しかし、その半導体を作る材料は半分以上が、日本製なのです。SEMICON Japan 2019では、世界を牽引する日本の半導体材料や製造装置を提供する企業が、自らの技術力をアピールする場でもあるのです」(浜島氏)

展示会からイベントへと様変わりする「SEMICON」

「SEMICON」は世界最大級の「半導体製造装置・材料の総合展示会」である。しかし昨今では、“展示会”というよりも、様々な催し物が開催される“総合イベント”のようになってきているという。

「私たちは、業界内だけではなく、広く一般にむけて半導体の世界を伝えていく役割も担っています。人々の生活に影響を与えるのは、半導体というよりもその上で動くアプリケーションです。例えば、自動運転やVR・AR(仮想現実・拡張現実)、そしてロボットなど、具体的に何ができるのかを伝えた方が、より理解してもらえます。今年は、何ができるのかを伝えるために、アプリケーションと絡めた展示を増やしています」と浜島氏は語る。

  • 昨年の「SEMICON  Japan 2018」の様子
  • 昨年の「SEMICON  Japan 2018」の様子
  • 昨年の「SEMICON  Japan 2018」の様子
  • 昨年の「SEMICON Japan 2018」の様子

未来を担う若手を盛り上げるための企画が満載

SEMICON Japanが掲げる大きなテーマに、「若手技術者の育成」がある。現在、世界のトップを走る日本の半導体業界ではあるが、次世代を担う若手が育たなければ未来はない。こうして、日本の半導体企業は、次世代の人材育成を業界全体の問題として捉え、様々な試みを実施している。そして、SEMICON Japan 2019は、その成果を日本の学生にアピールする場でもある。

「業界内の若手だけではなく、他の業界や学生の方々にも楽しんでいただけるように、多くの企業の方々にも協力いただいた企画をいくつも用意しています。昨年は約1,000人の学生にご来場いただきましたが、今年は昨年の倍以上の来場者に来ていただけるとうれしいですね」(浜島氏)

「次代のコアになる」をテーマに新たな展開を見せるSEMICON Japan 2019

業界内外のキーパーソンを招いて開催されるカンファレンスイベント「Super THEATER」では、最先端技術の紹介やパネルディスカッションが行われる。なお昨年までは、東京ビッグサイト東棟で開催されていたSEMICON JAPAN 2018だが、今年は2020年オリンピック・パラリンピック開催の関係もあり西棟での開催となる。そのため、Super THEATERは西棟中央にあるアトリウムでの実施となる。

「今年は展示会場の入口にあたるアトリウムにメインステージを設けました。是非お気軽にご来場いただけるとうれしいです」(浜島氏)

なお、SEMICON Japan 2019の模様は、Twitterアカウント「@semicon_jpn」もしくは、Facebookアカウント「SEMICON Japan」にて実況される予定である。当日のトピックスやお得情報も告知されるとのことなので、SEMICON Japan 2019に参加する際は、事前にフォローしておくことをお勧めする。

SEMICON JAPAN 2019公式HP動画

SEMICON JAPAN 2019 公式Webサイト

[PR]提供: SEMIジャパン