季節の変わり目には、新しいシーズンのドラマが気になってしまうもの。特に10月からスタートした秋ドラマには、人気マンガを原作とした作品がいくつもラインナップ。あの名シーンがどのように実写化されるのかと、期待に胸を膨らませている人も多いだろう。

そこで今回は、現在放送中のドラマのなかからマンガを原作とした5作品をご紹介。あらすじを復習して、より一層ドラマを楽しんでみてはいかがだろうか。

『4分間のマリーゴールド』

  • 『4分間のマリーゴールド』(C)キリエ/小学館
    画像クリックで詳細へ

ページをめくるたび、胸がキュッと締めつけられるような感覚に陥る――。とある青年の恋心を美しく描いた『4分間のマリーゴールド』には、そんな魅力がある。

救命士になったばかりの主人公・花巻みこと。彼には、手を重ねた相手の“死の運命”が視えるという特殊能力があった。“死の運命”は、みことがどれだけ手を尽くしても変えられず、命の最期がわかってしまう。救命士であるにもかかわらず命を救えない恐怖と無力感がみことの心を次第に蝕んでいく。

  • 『4分間のマリーゴールド』(C)キリエ/小学館
    画像クリックで詳細へ

  • 『4分間のマリーゴールド』(C)キリエ/小学館
    画像クリックで詳細へ

そんなみことの支えになっているのが、義理の姉である沙羅。幼い頃に親の再婚で出会ってから、ずっと想いを寄せている相手である。しかし、みことには沙羅の「死の運命」が見えてしまっている。最愛の彼女は、あと365日で死んでしまうのだ。その間に自分はなにができるのか……。そう考えるみことは1分1秒を慈しみながら、沙羅へ惜しみない愛情を注ごうとする。

  • 『4分間のマリーゴールド』(C)キリエ/小学館
    画像クリックで詳細へ

「死」の運命が視えてしまった救命士の、祈るような愛の物語。ドラマはTBS系列にて毎週金曜よる10時より放送されており、主人公・みこと役を福士蒼汰、沙羅役を菜々緒が演じる。切ない禁断の恋はどのような結末を迎えるのか、見守りたい限りである。

  • 『4分間のマリーゴールド』(C)キリエ/小学館
    画像クリックで詳細へ

『新米姉妹のふたりごはん』

  • 『新米姉妹のふたりごはん』(C)柊ゆたか/KADOKAWA
    画像クリックで詳細へ

女子高生のサチは、親の再婚によって突然同い年の妹ができた。妹・あやりはクールなタイプで何を考えているのかわからず、サチはそんな関係にやきもき。

  • 『新米姉妹のふたりごはん』(C)柊ゆたか/KADOKAWA
    画像クリックで詳細へ

しかし、新婚早々に海外出張へと旅立った両親から届いたお土産(ハムの原木)を見た途端、あやりの表情がガラッと変化。あやりは料理が大好きだったのだ。料理を通して、サチはあやりの意外な一面や本心を知ることに。そして、彼女のことをもっと知りたいと思うようになる。

  • 『新米姉妹のふたりごはん』(C)柊ゆたか/KADOKAWA
    画像クリックで詳細へ

ともにご飯を食べているうちに、あやりもサチの明るさやかわいさに触れ、徐々に心を開いていく。

二人の関係性はさることながら、料理の描写も素晴らしい本作。読んでいると、ついつい食欲も掻き立てられてしまうだろう。女子高生ふたりの“わがままドキドキクッキング”に、思わず笑みがこぼれるようなハートフル漫画である。

  • 『新米姉妹のふたりごはん』(C)柊ゆたか/KADOKAWA
    画像クリックで詳細へ

ドラマ版『新米姉妹のふたりごはん』は、山田杏奈と大友花恋がダブル主演を務める注目作。木曜深夜1時より、テレビ東京系にて放送されている。

『モトカレマニア』

  • 『モトカレマニア』(C)瀧波ユカリ/講談社
    画像クリックで詳細へ

社会人6年目にして求職中の27歳・難波ユカリには、ちょっぴり変わった日課がある。それは毎朝、元カレに想いを馳せること。「会えなくても心の中で会話できてるし、今の関係で私は満足」。誰になんと言われてもそう言い切るユカリは、最高の思い出と妄想力を自らのエンジンにする“モトカレマニア”なのだ。

  • 『モトカレマニア』(C)瀧波ユカリ/講談社
    画像クリックで詳細へ

そんな日々を過ごしていたある日、ゆかりは転職先の不動産屋で元カレにばったり再会。実際の元カレは、妄想のなかで美化させた姿とはギャップがあった。はじめはその差に苦しめられるゆかりだが、次第に再び関係を築きたいと願うようになる。しかし、ユカリの淡い期待は予想のななめ上をいく形で裏切られてしまい……。

  • 『モトカレマニア』(C)瀧波ユカリ/講談社
    画像クリックで詳細へ

実写ドラマはフジテレビ系にて、毎週木曜よる10時から放送。主人公・ユカリは新木優子、元カレ役は高良健吾が務める。妄想と恋愛の間で揺れ動く新感覚のラブコメディは、爆笑必至だ。

『G線上のあなたと私』

  • 『G線上のあなたと私』(C)いくえみ綾/集英社
    画像クリックで詳細へ

TBS系にて火曜よる10時から放送中の『G線上のあなたと私』は、女優・波瑠を主演に実写化。人生の価値や意味を考えたくなる作品だ。

寿退職の当日に婚約破棄された小暮也映子、日常に虚しさを抱えているパート主婦の北河幸恵、講師に想いを寄せる加瀬理人の3人。彼らは人生の息抜きとして、月曜午後7時から開かれる“大人のバイオリン教室”に通っている。

  • 『G線上のあなたと私』(C)いくえみ綾/集英社
    画像クリックで詳細へ

人間関係と同じく、なかなか思い通りにならないバイオリン。難解だが魅力的なその楽器に3人は魅了され、傷ついた心を音色で癒していくのであった。

  • 『G線上のあなたと私』(C)いくえみ綾/集英社
    画像クリックで詳細へ

3人の人生には、様々な問題や悲しみがある。だが、音楽を通して絆を深め合うことで、満たされない心を少しずつ埋めていける。恋愛要素もたっぷりと盛り込まれている本作は、まさに“大人の青春漫画”といえるだろう。音色豊かな人生模様は、どんな最終楽章を奏でるのだろうか。

  • 『G線上のあなたと私』(C)いくえみ綾/集英社
    画像クリックで詳細へ

『死役所』

  • 『死役所』(C)あずみきし/新潮社
    画像クリックで詳細へ

松岡昌宏さんが主演を務める本作には、誰もが一度は想像する“死後の世界”が描かれている。 「死役所」とは、自殺や他殺、事故死をはじめ、死を迎えたすべての人が“自分の死の手続き”をする場所。

  • 『死役所』(C)あずみきし/新潮社
    画像クリックで詳細へ

「死役所」には十人十色の人生があふれており、死後に明らかとなる意外な事実も多い。自殺や虐待死、死刑を望んだ末の殺人など、いまの日本で問題になっている“死に方”にスポットが当てられているため、命の意味を改めて考えたくなってしまう。

  • 『死役所』(C)あずみきし/新潮社
    画像クリックで詳細へ

ストーリーが進むにつれて、「死役所」で働く職員の実態も明かされる。普段は仮面のような笑顔を貼りつけた主人公・シ村だが、しばしば本性が見え隠れするときも。彼がどんな人生を歩み、「死役所」に辿りついたのかも気になってしまう。

  • 『死役所』(C)あずみきし/新潮社
    画像クリックで詳細へ

実際には存在しない役所にもかかわらず、妙なリアル感があるのも特徴的。死後の世界では、生前の確執や後悔を払拭することはできない。そんな不条理さがクセになり、ついつい読み進めてしまうのだ。 TVドラマはテレビ東京系にて毎週水曜深夜0時12分に放送中なので、こちらも要チェック。


今回紹介した5つ以外にも、マンガを原作にしたドラマが多く放送されている2019の年秋。原作と実写の両方を楽しんで、再現度や違いを見つけてみてはいかがだろうか?

▼こちらも合わせてチェック! 画像クリックで詳細へ

  • 『左ききのエレン』(C)かっぴー nifuni/集英社

  • 『孤独のグルメ』(C)久住昌之 谷口ジロー/扶桑社

  • 『地獄のガールフレンド』(C)鳥飼茜/祥伝社

  • 『ミリオンジョー』(C)十口了至 市丸いろは/講談社

  • 『本気のしるし』(C)星里もちる/小学館

[PR]提供: Renta!(パピレス)