「ファーウェイのスマートフォンといえばカメラ」というくらい、その性能の高さには定評がある。とくにドイツの老舗光学機器メーカーLeicaとの協業によるカメラを搭載した「P」シリーズは、世界の写真好きから絶大な支持を受ける人気モデルだ。その最新機種「HUAWEI P30 Pro」は、売りのカメラ機能がさらにパワーアップし、もはや“カメラフォン”と呼べるほどの仕上がりになっている。

ここでは、そのHUAWEI P30 Proの特徴や性能をカメラ機能中心に紹介していこう。これを読めば、きっとあなたもHUAWEI P30 Proを持って街歩きをしながらスナップ撮影を楽しんだり、写真撮影の旅に出たりしたくなるはずだ。

  • ファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI P30 Pro」

もう撮れないものはない!驚異的なLeicaクアッドカメラを搭載

最近は背面に複数のカメラを搭載したスマートフォンも珍しくなくなってきたが、そのトレンドの先駆けとなったのがファーウェイの「P」シリーズだ。その最新機種にしてフラグシップモデルでもあるHUAWEI P30 Proは、背面に過去最多となる4種類のカメラ(クアッドカメラ)を搭載している。

クアッドカメラは、約4000万画素の超高解像度メインカメラと、約2000万画素の超広角カメラ、約800万画素の光学5倍の望遠カメラ、被写体の距離などの3次元情報(深度)を測定するためのToFカメラで構成されている。HUAWEI P30 Proは、これらのカメラとデジタルズームを組み合わせたハイブリッドズーム機能によって、画質劣化を抑えながら10倍という高倍率ズームを実現。さらにデジタルズームによる最大50倍までの超高倍率ズームにも対応している。

  • アウトカメラは約4000万画素の超高解像度メインカメラと、約2000万画素の超広角カメラ、約800万画素の光学5倍の望遠カメラ、深度測定用のToFカメラで構成されている

超広角から超望遠まで対応したことによって、HUAWEI P30 Proは従来以上にさまざまなシチュエーションでの撮影ができるようになった。実際に使ってみると、これまで撮影が難しかったシーンを簡単に写すことができてびっくりするはずだ。

  • 順に、超広角、1倍、5倍、10倍、50倍で撮影した例。視野に入る風景を一度に写すことも、肉眼では識別できないような遠くの被写体をアップで写すこともできる

たとえば、超広角では通常だと入りきらないような被写体も画面内に収めて写すことが可能。見上げるようなサイズの建築物を撮影した際に建物の一部がはみ出してしまったことのある人は少なくないと思うが、HUAWEI P30 Proなら、そんな“残念写真”になりにくい。ほかにも、視界いっぱいに広がる雄大な風景や、狭い室内での集合写真を撮りたい場合などにとても便利だ。

  • 超広角で撮影した例。できるだけさまざまな被写体を画面内に収めて撮影したい場合に役立つ

ちなみに、超広角では被写体に約2.5cmまで近寄って接写(スーパーマクロ撮影)することも可能で、昆虫や花芯のアップなども簡単に撮れてしまう。身近にあるものもスーパーマクロで撮影するとまた違った表情を見せてくれるので、お気に入りのジュエリーやアクセサリー、スイーツなどで試してみるとおもしろいだろう。きっとインスタ映えする写真が撮れるはずだ。

  • スーパーマクロで撮影した花。このように花芯部のアップも手軽に撮影できる

撮影の楽しさという点では、超望遠も超広角に負けていない。HUAWEI P30 Proなら望遠鏡でも使わないと見えないほど遠くの被写体も撮影できる。たとえば通常だと米粒くらいのサイズでしか写せない月も、50倍デジタルズームならウサギの影がしっかり見えるくらい大きく写すことが可能。こんなに簡単に本格的な天体写真が撮れるのか!と思わず感動してしまう。

  • 50倍デジタルズームだと月も手軽に撮影できる

  • 超広角で撮影した月と、50倍デジタルズームで撮影した月。表面の模様まではっきり写すことができた

もちろん、超望遠や超広角だけでなく日常でよく使うズーム倍率でも楽しく快適に撮影が行える。HUAWEI P30 ProにはAI専用プロセッサーがふたつ搭載されており、シーンに応じてAIが自動で撮影をアシストしてくれる。たとえば逆光シーンでは、AI HDR+機能により被写体と背景の光の状態をちょうどよくなるよう露出バランスを自動調整してくれる。そのためカメラ任せでミスの少ない撮影が可能になっているのだ。

  • AI技術を駆使した手ぶれ補正やシーン認識機能が搭載されているため、カメラ任せでも適切な露出で撮影できる

実際に逆光でのポートレート撮影を試してみたが、背景が白く飛んだり人物の顔が暗くなったりせず、どちらも好ましい明るさ、色合いで写すことができた。ちなみにポートレートモードではToFカメラで測定した深度情報を利用して背景を自然な感じにぼかしてもくれる。しかも髪の毛の1本1本まできちんと判別して被写体を背景から引き立たせてくれるため、まるで高価な一眼レフカメラで撮影したかのような奥行きのある写真になる。HUAWEI P30 Proのカメラの進化ぶりには、ただただ驚くばかりだ。

  • ポートレートモードで撮影した例。背景と人物の両方とも好ましい明るさ、色合いで写っている。背景が自然な感じにぼけているのもポイント

このほか、薄暗い場所での撮影や夜景撮影もHUAWEI P30 Proの実力の高さを強く感じたシーンだ。HUAWEI P30 Proは光をとらえる能力(ISO感度)が409600と非常に高く、通常だと照度が低すぎて真っ暗になってしまうような場所でも明るく写すことができる。落ち着いた照明の雰囲気あるレストランでも、これなら美味しそうに料理を撮影することが可能だ。

  • 夜景モードで撮影した例。レンズが明るくISO感度が高いため、明るさが不足しがちなシーンでもきれいに撮影できる

  • レストランで撮影した料理。美味しそうな色合いで撮影できた

約3200万画素のインカメラでセルフィーもキレイ!

HUAWEI P30 Proは、アウトカメラだけでなくインカメラも高性能だ。画素数は約3200万画素もあり、髪の毛などのディテールもくっきり写すことができる。

  • 前面には約3200万画素のカメラが搭載されている

アウトカメラ同様、AIアシストやAI HDR+機能が搭載されており、背景や被写体の光の状態を的確に認識して露出を調整してくれる。そのため逆光でセルフィーを撮っても、顔が暗くなったり背景が真っ白になったりすることなく、両方がちょうどいい明るさ・色合いで撮影できる。

  • 高機能なインカメラでセルフィーを手軽に楽しめる

もちろん、セルフィーに欠かせないビューティーモードも充実している。人物の肌を美しくなめらかに補正してくれる「スムージング」、顔の輪郭をすっきりさせられる「スリムフェイス」、肌の色を整えることのできる「肌色」機能などが搭載されている。それぞれ画面上で効果を確認できるので、その日の肌の調子に合わせてレベルを調節しやすいのが嬉しい。

  • AIアシストやAI HDR+で、人物も背景も美しく撮影することができる

しかも、いずれの機能も顔を立体的に認識した上で自然な感じに補正してくれるため、仕上がりに違和感を覚えないのも好印象。セルフィー好きには心強いツールになってくれそうだ。

  • 人物の肌を美しく補正してくれる「スムージング」や、顔の輪郭をすっきりさせられる「スリムフェイス」、肌の色を補正できる「肌色」機能などが搭載されている

  • 「スリムフェイス」などで補正しても違和感のない写真が撮影できる

超広角&望遠同時撮影などビデオ撮影機能も充実

HUAWEI P30 Proは、静止画撮影だけでなくビデオ撮影機能も充実している。とくに深度測定用のToFカメラとAIを活用して、被写体の背景をぼかしながら撮影する「リアルタイムぼかし」は秀逸。ドラマのワンシーンのような、被写体を背景から引き立たせた映像を手軽に撮影できる。

さらに驚くのが、人物だけカラーにして背景をモノクロ化する「AIカラー」機能だ。普通なら動画編集ソフトなどで処理する特殊効果をスマホのカメラだけで実現できてしまうのだからすごい。アーティスティックな映画のような映像を撮影したいときに活用してみるとおもしろそうだ。

  • 「AIカラー」機能。人物のみ色を残し、背景をモノクロ化することができる

もうひとつ、ぜひ紹介しておきたいのが「デュアルビュービデオ」機能。これは超広角と望遠のふたつのカメラで同時に撮影した構図の異なる映像をひとつの画面に記録するというもの。全体の雰囲気がわかる映像と、被写体のアップを横に並べて撮影することができるため、運動会で子どもが活躍するシーンや、遊園地で子どもが遊んでいるシーンなどを撮影するのに便利だ。

「デュアルビュービデオ」機能の作例。全体の雰囲気と被写体のアップを同時に撮影できるのがとても便利だ

美しいボディに高性能を凝縮

これだけ高性能なカメラを活用するには、当然パワーも必要となる。HUAWEI P30 Proはそのため、スマートフォンの頭脳に当たるSoCに新世代のHUAWEI Kirin 980を採用して処理の高速化を図っている。同時に約4100mAhの大容量バッテリーも内蔵し、長時間の連続駆動を実現。実際にさまざまなアプリを試してみたが、グラフィックが綺麗で処理の重いゲームも、電池残量をあまり気にすることなくサクサク快適にプレイできた。

HUAWEI P30 Proのすごいところは、この性能、バッテリー容量でありながら、それを感じさせない本体サイズと洗練されたデザインを実現しているところだろう。実際、本体幅は約73mmと比較的コンパクトで片手でも持ちやすくなっている。しかも両サイドが湾曲しているため、手にしっくり馴染んで落としにくいのが嬉しい。

  • 本体幅は約73mmと、約6.5インチの大型ディスプレイを搭載するスマホとしてはコンパクト。片手でも持ちやすい

このほか、防水・防塵に対応しているのも心強いところ。またインスクリーン指紋センサーが搭載されており、画面に直接指を置いてロック解除ができるなど、未来を感じさせる技術がふんだんに取り入れられているのも評価できるポイントだ。

  • 本体前面に、約6.5インチの有機ELパネルを搭載する。インカメラ部分のみにノッチを残したフルビューディスプレイで、動画やゲームも臨場感たっぷりに楽しめる

ちなみに、HUAWEI P30 Proは、docomoショップ、ドコモオンラインショップおよび家電量販店にて購入することができる。現在、購入者の方を対象とした、応募者全員プレゼントキャンペーンを実施中。10月14日までに製品を購入し、27日までに応募すれば、Leica製「HUAWEI P30 Pro」専用本革ケースがもれなくプレゼントされるとのこと。

スマホで写真をたくさん撮りたいという人や、最先端のスマホがほしいという人は、この機会に購入を検討してみてはいかがだろうか。

[PR]提供: ファーウェイ・ジャパン