小型・軽量でありながら、グランドピアノの音と鍵盤タッチを追求したカシオ計算機のPrivia(プリヴィア)。スリムかつスタイリッシュなデザインは多くの音楽ファンから支持されており、発売15周年を迎える人気シリーズとなっている。

そんなPriviaの最新モデル「Privia PX-S1000」に新たなカラーバリエーションとして鮮やかなレッドカラー(「PX-S1000RD」)が登場した。

華やかで存在感のあるカラーはインパクト抜群。楽器として楽しむことはもちろん、インテリアとしても部屋に彩りを添えてくれるはずだ。そこで今回は、「PX-S1000RD」の魅力を写真とともに紹介していこう。

  • ピアノ女子・高村さんと「PX-S1000RD」(※ケースに入った状態です)

Visual
まるで映画の主演女優のような佇まい

ピアノのある部屋に憧れる人は多いだろう。重厚で上品なピアノは、他の楽器とは一味違った雰囲気を醸し出してくれる。

しかし、特に一人暮らしではピアノを置くことは現実的に難しい。そうなると、もっと手軽な電子ピアノが候補に挙がるわけだが、電子ピアノもデジタル楽器といえど、大きくて重たいといった印象が強い。そこでおすすめなのがカシオ計算機のPriviaだ。

Priviaの特徴はハンマーアクション付き88鍵盤・スピーカー内蔵デジタルピアノとしては、世界最小クラスのコンパクトさ。従来モデルと比較し、奥行サイズ約20%、高さ約27%のスリム化がされているという。

奥行きが短くスリムなデザインと、タッチパネルを採用しボタンを最小限まで減らしたシンプルなビジュアルは非常にスタイリッシュ。シックな雰囲気からポップな雰囲気まであらゆる内装にマッチするデザインとなっている。

どこか異国情緒を感じるこちらの部屋。かなりインテリアを選びそうな雰囲気だが、Priviaは自然に馴染んでくれている。

それでいて見る人にしっかりとインパクトを与えるのは、やはりその鮮やかなレッドカラーのおかげだろう。調和しながらも、人の目を惹きつける――その存在感は、まるで映画の主演女優のようですらある。

Sound
グランドピアノのような弾き心地

もちろん、Priviaの良さは見た目だけではない。

グランドピアノの豊かな音と響きを追求した「マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源」を搭載しており、鍵盤にはハンマーアクションを搭載することで、まるでグランドピアノのような弾き心地が得られる。

実はグランドピアノは88鍵それぞれのハンマーの大きさや重さが異なりタッチ感の違いを生んでいるのだが、Priviaではこれをデジタルでシミュレートしているのだ。こうした細かいこだわりが、グランドピアノのような弾き心地を実現している。

デジタルピアノとしての機能も豊富である。USBホスト端子をはじめとした多彩な端子群を搭載しており、PCやスマートデバイス等の外部機器と接続が可能だ。そのため、例えばMidiコントローラーとして使用したり、別売の3本ペダルを接続して使用することもできる。

また、高性能な内蔵スピーカーシステムは、他のデバイスと接続してBluetoothスピーカーとして活用でき、さらに、ライブ感あふれる「サラウンド」効果をかけることもできる。

たとえばスマートフォンとBluetooth接続して楽曲を流しながら、それに合わせて演奏し、お気に入りのミュージシャンとセッションを楽しむ――なんてこともできるのである。

また、専用アプリ「Chordana Play for Piano」も用意されている。同アプリは、Privia本体と接続し、スマホやタブレットをリモコンとして、音色の切り替えや内蔵曲の再生などの各種操作を行うことができるのだ。また、PDF化された楽譜を表示することも可能。

スリムでスタイリッシュな見た目からは、想像できないほどに充実の機能を備えている。高機能な電子ピアノを求めている人にとっても嬉しい要素だろう。

Carry
このクオリティをどこへでも

Priviaには、グランドピアノには不可能なメリットもある。それが持ち運べるという点だ。グランドピアノはその大きさと重さから常設するしかないが、Priviaはピアノとしてはコンパクトな上に電池駆動が可能。

移動に便利な専用ケース(別売)もラインアップされており、どんな場所でもグランドピアノクオリティの音色を弾くことができるのだ。

重量は11.2kgだが、見ての通り、小柄な女性でも背負うことが可能。これだけのクオリティを備えた電子ピアノを身一つで持ち運べるのは非常にありがたい。

***

Priviaはアナログ楽器の良さとデジタル楽器の良さを両立し、スタイリッシュなデザインでまとめあげた電子ピアノ。特に今回新登場したレッドカラーは、プライベート空間をスタイリッシュに彩ってくれるだろう。

皆さんもぜひ、Priviaの「PX-S1000RD」で彩りのある、ピアノライフを楽しんでみてはいかがだろうか。

photographer:長谷 繁郎

[PR]提供: カシオ計算機