「#カメラカップル」「#カップルフォト」……。
カメラ好きカップルの間では、このようなハッシュタグが流行中! SNSで検索してみると、ラブラブな2人の素敵な写真がずらりと並びます。

「自分たちもカップルフォトを撮ってみたい!」

そんなカップルたちに向けて、今回はSNSで“映える”写真が撮影できる日帰りデートをご紹介します。舞台は、岡山県の南部に位置する倉敷・児島。岡山桃太郎空港でレンタカーを借りて、カメラやスマホを片手に巡る旅行のスタートです!

SPOT 1
白壁の町家がいまなお残る「倉敷美観地区」

まず訪れたのは、岡山桃太郎空港から車で約40分のところにある「倉敷美観地区」。倉敷川を中心に、昔ながらの白壁の町家がいまも残っている、岡山県でも屈指の人気観光地です。

鯉や白鳥が泳ぐ倉敷川沿いの柳並木から細い路地まで、まさに町全体がフォトジェニック! 古き良き日本の風情を感じながら恋人と自撮りをしたり、相手を撮ってあげたりと、いたるところでエモいカップルフォトが撮影できます。

お洒落なカフェやレストランが立ち並ぶ倉敷美観地区。今回は散策の息抜きに「くらしき桃子 倉敷本店」へ伺いました。築150年の古民家を生かした2階のカフェスペースでは、旬のフルーツをふんだんに使用したスイーツをいただけます。

  • くらしき桃子 倉敷本店

「桃太郎ぶどうとキウイのパフェ」(2,160円・税込)は、薄い皮ごと食べられてサクッとした食感が特徴の桃太郎ぶどうと、甘酸っぱいキウイとの相性が抜群。クリームが何層にも重なり、底にはマスカットゼリーが。岡山の味覚を存分に堪能できる、絶品の一杯です。

1階の販売コーナーには岡山県産の果実を使用したゼリーやジュレなどがそろっていて、どれも見た目がかわいらしく、友だちや家族へのお土産にもぴったり。

倉敷美観地区
岡山県倉敷市本町

くらしき桃子 倉敷本店
【住所】〒710-0054 岡山県倉敷市本町4-1
【電話番号】086-427-0007
【営業時間】
[3月~10月]月~土曜:10:00~18:00、日曜・祝日:9:30~17:30
[11月~12月] 月~土曜:10:00~17:00、日曜・祝日:9:30~17:00
公式サイトはこちら▶

SPOT 2
瀬戸内海を一望できる「ボートレース児島」

倉敷美観地区から車で約30分、児島は瀬戸内海に接する港町です。「ジーンズの聖地」としても有名で、街中の至るところでジーンズ柄のグッズが見られます。そんな児島のなかでも、瀬戸内海を一望できるフォトスポットが意外なところにありました。それは「ボートレース児島」

100円で誰でも入場できるボートレース場。まずは抜群のロケーションを堪能できる屋外の観覧席へ向かいます。水面とまるで繋がっているかのような瀬戸内海が視界いっぱいに広がって、晴天に恵まれれば抜け感のある眺望に出会えます。

せっかく来たのなら、景色だけではなくボートレースにもチャレンジしてみましょう。ボートレース児島は、ボートに書いてある選手の名前が肉眼でもはっきりと見えるほど水面との距離が近く、迫力も満点! 児島ならではのジーンズ柄をまとった6艇のボートが、水しぶきを上げてしのぎを削ります。その迫力に、ボートレースが初めてでも手に汗握ること間違いなしです。

ボートレースでは、6艇のボートがゴールする順番を予想して遊びます。着順の予想が定まったら、専用のマークシートに記入して舟券を購入。カップルで話し合うも良し、それぞれで考えてみるも良し。1通りにつき100円から遊べます。

「出走表に書かれてある選手の勝率、モーターの勝率をチェックする」「内側を走るボートが有利な傾向」。この2つさえ覚えておけば、ボートレース初心者のカップルでも十分に楽しめるでしょう。

3階には「女性・カップル専用席」が無料で設けられています。ボートレース児島の名物でもある実況を聞きながらレースを楽しむのがオススメです。バラエティ番組でも特集されたことのある“クセがすごい”実況に、きっと気分が上がるはず。

小腹が空いたら、食堂「すいせん」で自慢のうどんを。奥まったところにあり、「ここは隠れ家だから(笑)」と話すフレンドリーなお母さんが温かく出迎えてくれます。油揚げやかき揚げが麺を覆ってしまうほどに大きい「きつねうどん」(430円・税込)や「野菜かき揚げうどん」(460円・税込)は、ちゅるちゅるっと食べられるのにコシがあり、やみつきになる美味しさ。なお、場内には「サルビア」や「ナデシコ」などの食堂もあります。

そのほか、1人1,000円(税込)から利用でき、友達とワイワイ楽しむのに最適な「グループ席」や、ゆったりと優雅にレースを鑑賞できる「ロイヤルルーム」(非会員の当日利用料:4,000円(税込))も。また、子どもと安心してくつろげる「女性・子どもルーム」や遊具がそろった「ガァ~コランド」もあり、カップルはもちろん、家族連れも安心して過ごすことができます。

  • グループ席

  • 指定観覧席

  • ロイヤルルーム

  • 女性・子どもルーム

  • ガァ~コランド

レース風景と一緒に撮影すれば、いままでにない2人の写真にSNSでも注目されること間違いなし!?
※レースのフラッシュ撮影は禁止

ボートレース児島
【住所】岡山県倉敷市児島元浜町6-3
【電話番号】086-472-5050
公式サイトはこちら▶

◆全国のボートレース場やイベント情報を紹介中!
「ボートレースイベントナビ」

パソコン版はこちら▶
スマートフォン版はこちら▶

SPOT 3
アートな異国情緒が漂う「カフェ ヒュッテ」

「ボートレース児島」から車で約5分。細い山道を少し登ると、森の中に小さな山小屋が現れます。児島で人気のカフェ「ヒュッテ」です。

コテージ風の店内には、奥様と一緒にお店を切り盛りする陶芸家のドン・パーカーさんが手がけた作品が並び、アートな異国情緒が漂います。マグカップやジーンズ形の箸置きは購入可能。日常の写真を彩るアイテムとしてもそそられます。

月火、金土、日と週に3回内容が変わる「きょうの野菜いっぱいヘルシーランチ」は、女性に嬉しい野菜たっぷりのボリュームで1,200円(ドリンク・デザート付き。※ランチのみは980円(税込)、ランチ&ドリンクは1,100円(いずれも税込))。

この日のメニューは、サラダ、ご飯、味噌汁、マグロの胡麻わさびあえ、かぼちゃの春巻き揚げ、小松菜と油揚げのおひたし、大根の梅酢、卵焼き、アーモンド・粉チーズ・バジルを使ったペンネ、ブロッコリーフライ、豚ヒレ肉のサルディンポッカ(ホワイトソース)でした。

デザートは、6種類のなかから「タピオカ入りココナッツミルクフルーツぜんざい」をチョイス。料理が盛り付けられる器はすべてドン・パーカーさんの手作りです。食べる前に写真を撮らなきゃ“もったいない”と思うほどの鮮やかさで、目でも味わえる料理でした。口に運べば、ほっとする優しい薄味。それでいてしっかりと素材の旨味が引き出されています。

児島の町を見渡せる山の中腹で「ひゅってオリジナルコーヒージンジャー」を飲みながら一息つく時間は、なんとも贅沢。

そして、ギャラリーを兼ねている店内は一見の価値あり。物語の世界に紛れ込んでしまったかのような、特に写真好きのカップルにはたまらないアーティステックな空間です。

カフェ ヒュッテ
【住所】岡山県倉敷市児島赤崎1754-2
【営業時間】11:30~15:00
【定休日】水曜、木曜、第1・第3・第5日曜、年末年始
※ランチは予約制
詳しくはこちら▶

SPOT 4
オリジナルジーンズが作れる「ベティスミス ジーンズ作り体験」

ヘルシーなランチを食べてお腹を満たしたあとは、「ジーンズの聖地」を巡ってみては。児島は国産ジーンズの発祥地。ショップが連なる「児島ジーンズストリート」をはじめ、児島駅の自動改札機から公衆トイレ、マンホールや自動販売機まで、町中の至るところで柄やロゴが目に入ります。

児島ジーンズは「染め」の発色が美しく、色落ちやシワのエイジングの風合いが魅力。ぜひほしいと思った人は、老舗メーカー「ベティスミス」の体験工場でジーンズ作りを体験してみましょう。

数あるモデルのなかからお気に入りの1本(レディースにはロングスカートやワイドパンツもあり)を手に取って試着。サイズが決まれば、裾上げを待っている間にボタンを1個とリベットを6個選びます。それぞれ20種類以上もあるから、どうしても迷ってしまう……。

サポートしてくれた西山さんからのアドバイスは、「奇抜なデザインもいいけれど、品質の良いジーンズだから長く履いてほしい」。2人で相談しながら、飽きがこないシンプルな組み合わせを考えてみるのもいいでしょう。

選んだボタンとリベットは、ジーンズ専用の打ち機を使って加工。打ちたい場所に印に合わせ、徐々に足に力を入れてセットしたら、台の脚を握って下向きへ一気に踏み込みます。でも、これがなかなか難しい! 慣れるまでは、少し苦戦するかもしれません。配置を間違えたり、位置がちょっとズレてしまったり。でも、そんなアクシデントもいい思い出に変わります。

最後、約30種類の革パッチから好きなものを選んで縫い付けてもらえば、世界にひとつだけのジーンズが完成です!

「はい、ジーンズ!」の掛け声とともに、2人で記念写真をパシャリ。

ベティスミス ジーンズ作り体験工場
【住所】岡山県倉敷市児島下の町5-2-70
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】年末年始
【料金】1本7,000円(税別)~
※体験は予約制
※ジーンズの種類や生地によって価格は異なります。また、オプションは別途費用がかかります。
公式サイトはこちら▶

倉敷・児島には、おしゃれなフォトスポットが満載

昔ながらの町家、瀬戸内海、アートな山小屋カフェ、ジーンズの聖地。豊かな自然と文化が息吹く倉敷・児島には、おしゃれなフォトスポットが満載です。
大切な恋人との次の旅行は、ぜひ倉敷・児島へ。「#カメラカップル」「#カップルフォト」をつけて、2人だけのとっておきの写真をSNSにアップしてみませんか?

また、「ボートレースイベントナビ」では、今回訪れた「ボートレース児島」のほか、全国のレース場やイベントを紹介しています。レース場ごとに特色があるため、気になった方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。
パソコンの方はこちら。スマートフォンの方はこちら

[PR]提供: BOATRACE振興会