フルノシステムズは、マネージド・スイッチ PoE対応スイッチングハブ「ACERA(アセラ) 9010シリーズ」を開発した。マネージド・スイッチの開発は今回が初めて。レイヤ2(データリンク層)レベルでデータの行き先を振り分けるPoE L2スイッチで、無線ネットワーク管理システム「UNIFAS(ユニファス)」を用いることで、フルノシステムズ製のアクセスポイントと一括管理することが可能。8ポートの「ACERA 9010-08」と、24ポートの「ACER 9010-24」の2機種を用意した。2019年7月上旬発売予定。

  • ACERA 9010-08(上段:8ポート)、ACERA 9010-24(下段:24ポート)

    ACERA 9010-08(上段:8ポート)、ACERA 9010-24(下段:24ポート)

ACERA 9010シリーズの主な特徴

  • ACERAシリーズで初となるPoE対応スイッチングハブとして開発
  • PoE+(PoEプラス)で大容量給電が可能
  • ファンレス仕様で静かな動作を実現
  • 無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」でアクセスポイントと一括管理が可能
  • スタンドアロンでの単体構築にも対応(スタンドアロンの場合「UNIFAS」が不要)
  • ACERA 9010シリーズは、業務用アクセスポイント「ACERAシリーズ」とともにUNIFASで一括管理できるのが特徴となっている。ユーザーから無線ネットワーク状況の把握や制御を実現する機器の開発が望まれるなか、ネットワーク全体を管理できる製品として市場投入される。

    • クラウド接続イメージ

    動作温度は、8ポートの「ACERA 9010-08」が0℃~50℃、24ポートの「ACERA 9010-24」が0℃~45℃に対応。いずれもファンレスにすることで、静かな動作を実現した。オフィス以外にもさまざまな環境で設置することができる。 「ACERA 9010シリーズ」2機種は、本日6月12日(水)から14日(金)まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催するインターネットテクノロジーの総合展示会「Interop Tokyo 2019」および、6月19日(水)から21日(金)まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する教育分野の総合展示会「第10回教育ITソリューションEXPO」のフルノシステムズブースで展示する。

    フルノシステムズの公式ホームページはこちら
    http://www.furunosystems.co.jp/

    [PR]提供: フルノシステムズ