7人の男性によるユニット「IDOLiSH7」のマネージャーとなり、彼らをトップアイドルにすべく奮闘するスマートフォン向けアプリゲーム『アイドリッシュセブン』(通称・アイナナ)。今年でリリースから4年を迎え、7月には2nd LIVE「REUNION」を控えるなど、その人気は今なお加速し続けている。

  • 「アイドリッシュセブン きらどるおすわりぬいぐるみ~24h Photogenic Life~ vol.1」
    7月下旬より登場

  • 「アイドリッシュセブン きらどるおすわりぬいぐるみ~24h Photogenic Life~ vol.2」
    8月上旬より登場

  • 「アイドリッシュセブン きらどるおすわりぬいぐるみ~24h Photogenic Life~ vol.3」
    8月下旬より登場

※商品の写真は開発途中のサンプルになります。最終の仕様とは異なりますのでご了承ください。

そんな『アイナナ』グッズのなかでも人気の「アイドリッシュセブン きらどるおすわりぬいぐるみ」シリーズに、新作となる「アイドリッシュセブン きらどるおすわりぬいぐるみ~24h Photogenic Life~」が登場するとわかった。さらに今回は「アイドリッシュセブン ビッグサイズビジュアルタオル~Bright Jewel~」も発表され、ゲームセンターでゲットできるとのこと。

アイテムの登場を記念して、今回は「IDOLiSH7」の“パーフェクト高校生”こと和泉一織役を演じる声優・増田俊樹さんにインタビューを実施。その模様をお伝えしよう。

  • 増田俊樹(ますだ・としき)
    1990年3月8日生まれ。広島県出身。トイズファクトリー所属。主な出演は『アイドリッシュセブン』和泉一織役、『イナズマイレブン オリオンの刻印』吉良ヒロト役、『僕のヒーローアカデミア』切島鋭児郎役、『刀剣乱舞-花丸-』加州清光役など。2019年3月には自身名義で1st EP 「This One」をリリース。
    撮影:大塚素久(SYASYA)

絶対的信頼の裏返し

――和泉一織は、大概のことは何でもできてしまう“パーフェクト高校生”。演じていらっしゃる増田さんは、どのような人物だと捉えていますか?

増田:クールだけどお兄さん(和泉三月)想いだったり、毒舌なんだけど実はかわいいものが大好きだったりと、ギャップが魅力のキャラクターですね。ストーリーを経るうちに「IDOLiSH7」のメンバーとの関係性も少しずつ変化してきて、仲間想いの一面も出てきています。

――増田さんと共通する点などはありますか。

増田:何だろう……他人に対して厳しいところは似ているかもしれないです。あとは、かわいいものが好きというのも一緒ですね。僕は一織と違って隠してはないですが(笑)。

――増田さんもかわいいものがお好きなんですね。

実はそうなんです。たとえばLINEのスタンプなんかも、やりとりしている相手がかわいいスタンプや変なスタンプを使っているのを見るとすぐに買っちゃいますね。

――それは少し意外です! さて、作品自体についても伺っていきたいのですが、ずばり『アイドリッシュセブン』の魅力とはどのようなところでしょうか。

増田:アイドルって、はたから見るとキラキラした存在じゃないですか。でも『アイドリッシュセブン』では、彼らが目標に向かってどのような努力をしてどのように歩んでいるかがしっかりと描かれているんです。「IDOLiSH7」のメンバーに立ちはだかる試練やライバルの存在など、普通のアイドルなら表には出さない大変な部分も表現されています。「もしかすると、こういうことって現実にもあり得るかもしれない」と思えるギリギリのリアリティが魅力なんだと思います。

――今年の8月には、ゲームの配信開始から丸4年を迎えます。『アイドリッシュセブン』への出演を通して、増田さんご自身に変化や成長などはありましたか?

増田:他の声優さんと共演できるというのは、自分にとって良い成長の機会になっています。TVアニメが始まったときに、やっと全員そろって同じ空間でお芝居ができたのですが、七瀬陸役の小野賢章さんや小鳥遊紡役の佐藤聡美さんなどをはじめ、皆さん本当にすばらしいお芝居をされていて、自分自身の刺激になったと思います。

――小野賢章さん演じる七瀬陸とはゲーム内でもデュエットをするなど、縁が深い印象です。

増田:小野賢章さんとは今までも共演する機会が多かったのですが、『アイドリッシュセブン』を通してより深いコミュニケーションが取れるようになった気がしています。和泉一織は初めこそ七瀬陸を突っぱねるのですが、それはある意味で「絶対的信頼の裏返し」でもあるんです。自分自身も小野賢章さんに対してそういった信頼感を強く抱いていますし、『アイドリッシュセブン』での共演を経て他の現場でも気楽に話ができる関係になりました。キャラクターや作品が現実の関係性にも影響を与えているというのは面白いなと思いますね。

――『アイドリッシュセブン』といえば、イベントやライブといった多方面への展開も特徴です。そのなかで印象に残っているエピソードなどはありますか。

増田:ライブがあった日の夜にメンバーとご飯を食べたんですが、そのホテルへの帰り道がすごく楽しくて。迷惑にならないように小さくですが、次の日の振り付けなんかをやりながら夜道を歩いたりして盛り上がったんです。僕たちも、もういい大人なんですけど(笑)。そのときは「IDOLiSH7」と同じ年代に戻れたような感覚がありました。「作品」と「役」の力って、そういうところにも作用するんだなって思いましたね。

――演じている皆さんがつくる空気感が、作品に与える影響も大きそうですね。7月には、1年ぶりとなる2nd LIVE「REUNION」を控えています。ぜひ意気込みを聞かせてください。

増田:1st LIVEを上回る良いステージを観ていただけるよう、メンバーとしっかり協力しながら臨みたいと思っています。

増田俊樹が思う“フォトジェニック”

――ここからは、「アイドリッシュセブンきらどるおすわりぬいぐるみ〜24h Photogenic Life〜」について伺っていきたいと思います。手にとった感想はいかがでしょうか。

増田:このぬいぐるみ、座らせることができるんですね! (ゲーム内のイラストと見比べながら)衣装も12人分がそれぞれ違っていて、再現度も高いです。

――和泉一織の衣装は浮き輪がモチーフになっています。

増田:本当だ! 僕も、山か海かでいえば海派なんですよ。海が好きというよりも、山が苦手という消去法なんですけどね。虫が苦手だし、山ってなんだか四方を危険なものに囲まれているような気がして……海の方が開けているので安心します(笑)。

――ちなみに、このなかで気になる衣装はありますか?

僕が実際に着るなら……三月の服かな。もこもこしたパジャマみたいな衣装もかわいくて好きなんですが、僕が着ると静電気がめちゃくちゃすごいことになるんですよ(笑)。なので、一番落ち着いている三月の衣装がいいなと。

――(笑)。今回のアイテムは、ゲーム内イベント「24h Photogenic Life」をテーマにしています。“フォトジェニック”といえば、増田さんもTwitterなどでよく写真をアップされていますね。

増田:そうですね。フォトジェニックかどうかはわからないですけど、写真を撮るときには見てくれる人のことを意識しています。僕は、Twitterにアップする写真も一つの作品だと思っているんです。たとえば僕は食べることが好きなんですが、料理は見栄えも大事な要素じゃないですか。見て楽しいなって思ったら、その気持ちも伝えたいし、おいしそうに撮りたい。構図や撮り方といった部分も、表現方法の一つとして興味を持っています。

――今回はぬいぐるみのほか、「アイドリッシュセブン ビッグサイズビジュアルタオル~Bright Jewel~」も登場します。普段使いはもちろん、それこそライブなどでも使えるアイテムですが、増田さんオススメの使い方は?

  • 「アイドリッシュセブン ビッグサイズビジュアルタオル~Bright Jewel~ vol.1」
    5月下旬よりセガ・アドアーズ・ナムコのお店限定で登場中

  • 「アイドリッシュセブン ビッグサイズビジュアルタオル~Bright Jewel~ vol.2」
    6月8日(土)よりセガ・アドアーズ・ナムコのお店限定で登場中

  • 「アイドリッシュセブン ビッグサイズビジュアルタオル~Bright Jewel~ vol.3」
    6月22日(土)よりセガ・アドアーズ・ナムコのお店限定で登場予定

増田:これから夏ですが、冷房がきついときもあると思うので、ひざ掛けとして使うのはどうでしょうか。職場とか……ちょっと難しいですかね?(笑) あとは、『アイナナ』ファンで集まってTVアニメやライブ映像の鑑賞会をするときなんかにぜひ使っていただきたいですね。で、使い倒して最後は4等分にしてミシンで縫えば雑巾にもなります!(笑)

――それはオススメしづらいです! (笑) 「アイドリッシュセブンきらどるおすわりぬいぐるみ〜24h Photogenic Life〜」と「アイドリッシュセブン ビッグサイズビジュアルタオル~Bright Jewel~」はいずれもゲームセンターのクレーンゲームで手に入れられます。聞くところによると、増田さんはゲームセンターがお好き、それも某・太鼓を叩く音楽ゲームがものすごくお上手とか。

増田:いや、まだまだですよ。でも小学生くらいの頃から好きで、よくプレイしていました。ゲームセンターは今でも暇つぶしがてら行ったりします。クレーンゲームもたまにやりますね。自宅にはあまり物を増やさないようにしていますが、クレーンゲームで景品を取ること自体は大好きです。

――クレーンゲームの腕前は?

増田:取ろうと思えば取れますよ。そのときに重要なのは、スタッフさんに「すごくお金使ってます」ってことを暗に伝えて、取りやすい位置に動かしてもらうことです(笑)。

――二階堂大和役の白井悠介さんも同じことをおっしゃっていました(笑)。今後、グッズになるといいなと思うものはありますか?

増田:うーん、なんだろう……もしかしてグッズ化したら、いただけたりするんですか……? それなら、高級腕時計……! 高級腕時計でお願いします!(笑)

――そ……それはBANDAI SPIRITSさんと要相談ですね(笑)。最後に、これまた無茶ぶりになってしまいますが……今回のアイテムにキャッチコピーをつけていただけないでしょうか。

増田:そうですね……それじゃあテーマにもなっている言葉をお借りして、「キミとPhotogenic♪」でどうですか?

――まさに今回のグッズにぴったりのキャッチコピーです! ありがとうございました!

*+:。.。:+*+:。.。:+*

「アイドリッシュセブンきらどるおすわりぬいぐるみ〜24h Photogenic Life〜」は7月下旬より全国のゲームセンターで順次登場予定。
「アイドリッシュセブン ビッグサイズビジュアルタオル~Bright Jewel~」はセガ・アドアーズ・ナムコのゲームセンター限定で5月下旬より登場中。
2nd LIVE「REUNION」でも映えること間違いなしのアイテムなので、ぜひゲットしてほしい。

さらに、「バンプレスト開発部隊☆池袋基地」Twitterではキャンペーンを開催中。アカウントをフォロー&該当ツイートをリツイートで、増田俊樹さんのサイン入りチェキとぬいぐるみ(全12種)のセットが当たるチャンス! 詳細はこちら

  • 詳しくはバンプレスト「とるナビ」で! ※画像クリックで詳細へ

*+:。.。Gallary。.。:+*

(C)アイドリッシュセブン

[PR]提供: BANDAI SPIRITS