最後に、ベンチマークスコアをチェックしてみよう。今回は「PCMark 8 v2.10.901」「3DMark v2.8.6546」「CINEBENCH R15.0」「CrystalDiskMark 6.0.2」の4つのベンチマークプログラムに加えて、エレクトロニック・アーツの「ANTHEM」「Apex Legends」を、実際にプレイした際のフレームレートも計測してみた。

PCMark 8 v2.10.901
Home Accelerated 3.0 4358
Creative Accelerated 3.0 5259
Work Accelerated 2.0 5356
3DMark v2.8.6546
Time Spy 5518
Fire Strike 13515
CINEBENCH R15.0
OepnGL 86.93 fps
CPU 1203 cb
CPU(Single Core) 175 cb
CrystalDiskMark 6.0.2(SSD)
Q32T1 シーケンシャルリード 497.047 MB/s
Q32T1 シーケンシャルライト 461.894 MB/s
4K Q8T8 ランダムリード 321.300 MB/s
4K Q8T8 ランダムライト 291.468 MB/s
4K Q32T1 ランダムリード 195.637 MB/s
4K Q32T1 ランダムライト 179.913 MB/s
4K Q1T1 ランダムリード 13.225 MB/s
4K Q1T1 ランダムライト 59.243 MB/s
ANTHEM
1,920×1,080ドット時の平均フレームレート 78.901 fps
Apex Legends
1,920×1,080ドット時の平均フレームレート 80.685 fps

今回試用した「NEXTGEAR-NOTE i7930SA1」は6コア12スレッド、2.20~4.10GHz動作の「Intel Core i7-8750Hプロセッサー」と「GeForce RTX 2060」が組み合わされている。「CINEBENCH R15.0」のCPUスコアは1203 cb、「PCMark 8」のHome Accelerated 3.0は4358、Creative Accelerated 3.0は5259、Work Accelerated 2.0は5356、「3DMark」のTime Spyは5518、Fire Strikeは13515と、非常に高いスコアを記録している。

正直、ゲームだけに使うのはもったいないほどの処理性能だ。RAW画像の現像、4K動画のエンコードなどのクリエイティブワークも、快適にこなせるだけのパフォーマンスを備えている。

さて肝心の3Dゲームの平均フレームレートだが、デフォルトの設定でプレイしたところ、「ANTHEM」で78.901 fps、「Apex Legends」で80.685 fpsと、軽々60 fpsを超えていた。実際プレイしてみても、144Hzの高速ディスプレイと相まって、動きが実に滑らかだ。

人が認識できるフレームレートは60 fpsといわれている。平均フレームレートで80 fps前後を叩き出す「NEXTGEAR-NOTE i7930SA1」は、ゲーミングノートPCとしてハイレベルな描画性能を備えていることは間違いない。

最高レベルのゲーム体験を心ゆくまで堪能できるゲーミングノートPC

高い処理性能を備えたCPU、リアルタイムレイトレーシングに対応したグラフィックス、リフレッシュレート144Hzの高速液晶ディスプレイ、そしてゲームに特化したメカニカルキーボードを組み合わせた「NEXTGEAR-NOTE i7930SA1」は、ゲーミングノートPCとしてスキのないスペックに仕上がっている。

最高レベルのゲーム体験を心ゆくまで堪能したいという方はもちろん、どこにでも持ち歩けるクリエイティブワーク用ハイパワーノートPCを探している方にも、本製品はもってこいの一台だ。

なお、「NEXTGEAR-NOTE i7930SA1」をカスタマイズ購入するなら、SSDにHDDを追加するのではなく、SATAでいいので1TBまたは2TBのSSDにアップグレードすることを強くオススメする。

最新ゲームは大容量化が著しく、256GBのシステムドライブにインストールしていると、あっという間に容量不足になる。かといってHDDにインストールしてしまっては、読み書き速度の遅さがボトルネックとなってしまう。予算に余裕があれば、ぜひ検討してほしい。

  • ハイパフォーマンスなCPUとグラフィックス、高速な液晶ディスプレイを組み合わせた「NEXTGEAR-NOTE i7930SA1」は、最新3Dゲームを快適にプレイできる。このハイエンドゲーム環境を手軽に持ち歩けるというのが、本製品最大のアドバンテージだ

    ハイパフォーマンスなCPUとグラフィックス、高速な液晶ディスプレイを組み合わせた「NEXTGEAR-NOTE i7930SA1」は、最新3Dゲームを快適にプレイできる。このハイエンドゲーム環境を手軽に持ち歩けるというのが、本製品最大のアドバンテージだ

※ここで紹介した各パーツは、今回試用した機種のものです。出荷時にメーカー、型番などが変わる可能性もあります。ご了承ください。

標準スペック

メーカー マウスコンピューター
型番 NEXTGEAR-NOTE i7930SA1
ディスプレイ 17.3型フルHDノングレア液晶
(1,920×1,080、144Hz)
CPU Intel Core i7-8750H
メモリ 8GB PC4-19200 DDR4 SODIMM
M.2 SSD 256GB
チップセット モバイル Intel HM370 チップセット
光学ドライブ
グラフィックス GeForce RTX 2060/
Intel UHD グラフィックス 630
OS Windows 10 Home 64ビット
LAN ギガビット(10/100/1000)LAN、
Intel Wireless-AC 9560
(最大1.73Gbps/802.11ac/a/b/g/n)無線LAN
インタフェース USB 3.0×3(Type-A/右側面×2、Type-C/背面×1)、
USB 2.0×1(左側面×1)
サイズ W395.7×D263×H26.6mm
(折り畳み時/突起部含まず)
重量 約2.6kg
バッテリー駆動時間 約5.8時間
価格 189,800円(税別)~

上記スペックは、あくまで構成の一例だ。BTOを駆使して、ぜひ自分好みの一台を作ってみてほしい。

価格・構成については、2019/5/17(記事作成日)現在の情報です。最新情報についてはマウスコンピューターのサイトにてご確認ください。

[PR]提供: マウスコンピューター