2020年1月14日にWindows Server 2008 / 2008 R2の延長サポートが終了する。それに伴い、多くの企業が新たな環境への移行を余儀なくされている。しかしこれは、これまでのITインフラを見直す絶好の好機ともいえる。


2019年3月13日に開催されたセミナー「クラウド移行という選択肢」では、クラウドファーストが叫ばれる昨今において、ITインフラのクラウド移行に関する事例を交えた数多くの解説が行われた。本記事では、そのなかから「世界初の自律型クラウドサービス」の提供を発表した、オラクルのケースを紹介する。

  • 日本オラクル株式会社
    クラウドプラットフォーム戦略統括 ビジネス推進本部 シニアマネジャー
    山本 祐介氏

Oracle Cloudとは何か

Oracle Cloudとは、その名の通りデータベースにおける世界的企業「オラクル」によるクラウドサービスで、IaaS/PaaS/SaaSを総合的に提供している。

当日のセッションに登壇した日本オラクル株式会社 山本 祐介氏によると「オラクルと聞くと、みなさんデータベースの会社としての印象が強いようですが、実はこのOracle Cloudも10年以上前からサービスを提供していまして、日本国内でもすでに多くの方々にご利用いただいているクラウドサービスです」とのこと。

なお、東京に最新アーキテクチャーを取り入れた次世代クラウドのデータセンターを開設しており、2019年中には大阪にも開設される予定となっている。

【参考】オラクル、東京に第2世代Oracle Cloudのデータセンター - 年内に大阪も

世界初の自律型クラウドサービス「Autonomous Database」とは

「Autonomous Database」とは「データ管理における全ライフサクルを自動化」したデータベースのこと。具体的には、自己稼働(データベース管理・拡張・監視・チューニングを自動化)、自己保護(外部や内部からの攻撃からデータベースを自ら保護)、自己修復(不具合を自動的に修復)まで、データ管理における全ライフサイクルを自動化したクラウドサービスである。

「たとえば、データベースにはチューニングが必要で、それらは専門的な知識を持ったプロの力が必要で、クラウド時代でも変わっていませんでした。しかし、Autonomous Databaseは、AI/機械学習を利用することで、プロの力なしに最適なパフォーマンスを発揮できることが、さまざまなお客様の事例を通じて明らかになっています」(山本氏)

  • 顧客ワークロードでの検証

クラウド移行のキーポイント

オンプレミスで稼働していたシステムをクラウドに移行する場合、キーとなるポイントには「安定性」「コスト」「セキュリティ」「互換性」の4つがあげられる。山本氏は、これらの中で特に「安定性」と「コスト」の視点から、移行する際のポイントを解説した。

移行するシステムの要件を満たせるか、SLAを理解する

一般的にクラウドサービスでは、ある程度のSLA(サービス品質保証)は担保される。ただし、何をどの程度保証するのか、そのポリシーはサービスごとに異なる。また、すべてのサービスが保証の対象であるとも限らない。だからこそ、移行する際には使用するサービスがSLAの対象であるかを確認し、移行するシステムの要件を満たすことができるかを見極める必要がある。

「Oracle Cloudでは、一般的なクラウドサービスがSLAとして定義している可用性(利用できるか)に加えて、性能(性能を満たしているか)と管理(管理操作ができるか)までをSLAに含めています。クラウドサービスで性能と管理加えたSLAの提供は業界初となっています」(山本氏)

クラウドのコスト体系を理解し、見えるコスト・見えないコストを最適化する

クラウドが持つメリットの1つに柔軟なコスト体系がある。クラウドに移行する際は、その柔軟さを生かしたコスト削減を期待するケースが多いと思われるが、山本氏によると「クラウドに移行したものの、予想以上にコストが掛かったという声もよく聞きます」とのこと。なお、クラウドのコストには大きく分類すると以下の3つに分類される。

(1)システムを構成した段階で決まるコスト(仮想マシンのサイズ、ストレージのデータサイズなど)

(2)運用した結果決まるコスト(ネットワーク、ストレージIOPS(I/Oアクセスの数など)

(3)サポートコスト

このなかで特に注目すべきは②についてだ。これはデータの転送量やディスクへのアクセスに応じて発生するコストなので、多くの場合は運用してみないとわからない。

山本氏によると「クラウドに移行してから1年ほど運用した結果、クラウド費用全体の8割がデータ転送量だった」ケースもあったそうだ。

「Oracle Cloudでは、運用してみないとわからないコストを、できる限り低減するような課金体系を提供しています。その結果、ほかと比較して圧倒的なコストパフォーマンスを実現することができています」(山本氏)

  • 他者に比べ、圧倒的なコストパフォーマンスを実現

Oracle Cloud事例

本セッションでは、実際にOracle Cloudを導入した事例の紹介もいくつか紹介された。そのなかから印象的な事例を、2つほどピックアップして紹介しよう。

事例1「選択のポイントはコスト」ソマール株式会社

電子材料などの化学製品販売と受託製造を事業とするソマール株式会社では、事業のグローバル化に伴い、性能維持、システム運用に掛かる費用・工数の最適化、そして災害対策などを目的として、基幹システムのオンプレミスからクラウドへの移行を検討していた。 ほかのクラウドサービスと比較検討の結果、Oracle Cloudは約半分の費用でありながら約2倍のリソースが利用できることが判明。日本国内と北米のデータセンターを用いて、災害対策構成の構築も容易であることから、Oracle Cloudの採用を決定した。

  • 顧客事例:ソマール様

事例2「低コストでWindowsの仮想化を実現」日本住宅パネル工業株式会社

工業化した内装部材や部品の供給メーカーである日本住宅パネル工業協同組合。同社ではWindows ServerやSQL Serverを核とした業務システムを運用していた。

しかし、オンプレミスでの運用管理に、大変な時間と工数が掛かってしまうため、クラウドへの移行を検討。その際、ほかのクラウドサービスと比較して1/2の費用で、約2倍のリソースが利用できるOracle Cloudを選択。無償ハンズオンやトライアルにより検証を行い、約1ヶ月で移行を完了した。

  • 顧客事例:日本住宅パネル工業様

マルチクラウド環境の到来に備えた運用管理の最適化

近年は、オンプレミスからクラウドへの移行が急速に進んでいる。しかし、オンプレミスにはオンプレミスの長所がある。また、すべてを完全に移行するには、数多くのハードルが存在するのも事実だ。今後、しばらくはクラウドとオンプレミスが混在する期間が続くことだろう。また、クラウドサービスも多様化が進み、システムごとに異なるクラウドサービスを利用するようになるだろう。

となると今後重要になるのは、オンプレミスと複数のクラウドが混在するよう環境を、どうやって効率的に管理するかとなる。

なおオラクルでは、複数のオンプレミスやクラウドサービスのセキュリティや運用を統合的に行うサービス「Oracle Management / Security Cloud」を提供している。

  • 様々なクラウド/オンプレミスが混在する環境を効率的に管理することが重要に

当日のセッションでは、Oracle Cloudを利用した様々なクラウド移行事例が紹介された。こちらの詳細については、以下のURLにて「事例集」がダウンロードできる。また、Oracle Cloudでは3,500時間の無料トライアルも実施中である。今回紹介した「Autonomous Database」も体験できるので、興味のある方は一度試してみてはいかがだろうか。

<Oracle Cloud事例集ダウンロード>

今こそ比べてほしい!Oracle Cloudの革新的な新価格体系はこちら

    今こそ比べてほしい!Oracle Cloudの革新的な新価格体系

Oracle Cloud(PaaS/IaaS):お客様活用事例はこちら

他社ではなくOracle Cloudを選んだ理由こちら

<Oracle Cloud 無料体験>

最大3,500時間の無料トライアルこちら

[PR]提供: 日本オラクル