EDは加齢によるものであり、ある程度年齢を経てからの症状と思いがちだが近年は別の傾向もあるという。今回は、EDクリニックで長年にわたりED治療に携わり、日本外科学会専門医、日本消化器外科専門医のほか、日本抗加齢学会(アンチエイジング学会)専門医でもある浜松町第一クリニック横浜院の渡邉泰治院長に、近年のEDに関するトピックスについて話を聞いた。

――こちらのクリニックは横浜駅から徒歩3分という立地にあります。どのような患者さんがいらっしゃるんでしょうか?

渡邉院長:「ここ数年の当院の傾向として、20代前半の来院者が増加している印象があります。現在、2割~3割が若年層の患者さんです。このような患者さんに共通していることは、外見上、線の細いいわゆる“草食系男子”だということです。自慰行為は可能であるが女性を前にすると勃起が作れない、と憔悴した様子で来院されます。『まだ若い自分が女性を前にしても勃起が得られないので、何か重大な欠陥があるに違いない』『有り余るほどの性欲があるのにsexができない、というジレンマで気持ちが折れそうになる』『自分には子孫を繋ぐ能力がない』と、切実で悲壮ともいえる訴えを皆さんおっしゃいます」

悩む前にまず相談を

――EDというと加齢によるものというイメージがあるので、若い方が増えているというのは意外な気がします。

渡邉院長:「一般的にEDは加齢による動脈硬化が主な原因と言われています。しかし、動脈硬化になっていないはずの若年層がEDの症状を訴えるケースが確実に存在します。若年型EDについて根本原因を医学的、科学的なアプローチで研究報告されているものは現時点でありません。ですから、あれこれ詮索して自分自身をネガティブな方向にもっていってしまうこと自体が問題だと思います」

――人に相談できないからこそ、どんどん自分で良くないことばかり考えてしまいがちになりますよね。

渡邉院長:「若年型EDの方が来院した際によくお話するのですが、勃起という現象を成立させるために 10 個のファクターが必要だとしましょう。そのファクターが 1 つでも欠けてしまうと勃起ができないとしましょう。若年型EDの方は、この中のいくつかのファクターが欠けている状態なのです。ED治療薬は、その欠けたファクターを“オートマティック”に探し出し、瞬時に補填するイメージだと私は思います。そうすることで勃起を実現させ、さらに勃起状態を持続させることができます。原因を突き止めるよりも、ED治療薬に委ねてしまえば、霧が晴れるように悩みが解決することがあるかもしれません。このように説明すると、心の中の重い荷物がふっと軽くなったような表情をしてくれます。私は日々の診療を通して、若い方ほどED治療薬を使うべきなのだと確信しております」

――ED治療薬ですが、インターネットなどで購入して偽物などを手にしてしまうケースもあるようです。

渡邉院長:「当院では正規品の安全なED治療薬しか扱っていませんので、安心してご来院いただければと思います。インターネットをはじめ、正規のものではない危険なものをED治療薬として出しているところもありますので、気を付けていただきたいですね」

  • 製薬企業4社が合同で運営する「インターネット購入での偽造医薬品にご注意ください」では、偽造品に潜むリスクについて注意を促すとともに、安心・確実なED治療を呼びかけている。「浜松町第一クリニック横浜院では、正規品のみを取り扱っているため、安心して来院してほしい」(渡邉院長)

浜松町第一クリニック横浜院が追求する「ホスピタリティ」とは

――人に相談しにくく、クリニックに行くのにも勇気が必要だからこそ、インターネットなどで薬を探してしまう部分もあるように思います。こちらのクリニックでは「ホスピタリティの追求」をスローガンに掲げていらっしゃるそうですね。

渡邉院長:「そうですね。特に心がけているのは『迅速に』『丁寧に』対応することです。クリニックを受診されたとき、『診察は終わってあとは会計だけなのに、なぜこんなに待たされるのだろう』というお気持ちになったことはないでしょうか。私自身、巷のクリニックを受診した際に、受付事務の女子職員がペチャクチャとおしゃべりをしていて、カルテの会計処理をしているのか?と感じたことがあったんです。その経験は、他山の石にしなければならないと痛感しました。当院ではそのような状況はあり得ません。お昼休みなどの忙しい中で来院される方も多いですから、1秒でも早く仕事に戻れるよう、迅速に対応しています」

  • 浜松町第一クリニック横浜院のホームページにもホスピタリティに対する意思や思いが記載されている

――忙しいビジネスマンなどにはそれはありがたいですね。最後に、EDに悩んでいる方にメッセージをお願いします。

渡邉院長:「EDであることを自覚して、なんとか解決の糸口を見つけ出そうとして当院にいらっしゃる方は、本当に神に祝福されるべき人たちだと思っています。しかし、実際には行動を起こせず、まるで水底深くに漂っているような状態の人のほうがはるかに多いんです。そのような人々に、何とか救済の手を差し伸べたいと思いながら、日々の診療をしています。原因を探して一人で悩み続けるよりも、是非一度、専門医にご相談ください」

――本日はありがとうございました。

***

EDはもはや年齢を重ねた人だけのものではなく、若い世代でも悩んでいる人も多くなってきている。誰にも相談できずに思い悩んでいる人は、ぜひ一度クリニックで相談してみてはいかがだろうか。

【浜松町第一クリニック横浜院】

2009年5月にED治療専門のクリニックとして開院し、横浜駅きた西口より徒歩3分の好アクセス。浜松町第一クリニックは首都圏を中心に7院展開しており、延べ患者数200万人の治療実績を誇る。医師・スタッフは男性のみなので気兼ねなく訪れることができ、予約不要で目安時間は初診10分、再診3分とスピーディ。初診料および再診料は無料で、費用は薬代のみとなっている。年末年始以外は無休、昼休みも無く、遅い時間まで診察OK。クリニックのHPはこちら。

PP-LEV-JP-0089-21-04

[PR]提供: バイエル薬品