久光製薬は、元プロゴルファーの宮里藍さんを起用した特別動画を放映中だ。動画では、宮里さんが九州・佐賀県の久光製薬本社や中冨記念くすり博物館に訪れ、同社が伝えたいメッセージや貼付薬の歴史などに触れていく。

日本には、「手当て」という言葉がある。大切な人に手を添え、「がんばれ」「元気になって」と、心を込めて癒やすことだ。これこそが、それは、久光製薬がこだわり続けてきた「貼る」への原点であり、この国が生んだいたわりの治療文化だと言える。

動画では、そうした久光製薬がこだわり続けてきた「貼る」ということへの想いと、「貼る」の原点でもある「手当て」を通じて「すべての人の挑戦を支えたい」という想いを伝える内容となっている。

動画は、以下より視聴できるので、久光製薬のこれまでや未来に伝えていきたいことを、宮里さんと一緒に知ってみてはいかがだろうか。

[PR]提供:久光製薬