東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された世界最大級のスタートアップイベント「Slush Tokyo 2019」において、会場内の無線LANインフラを構築する出張サービス「無線LANケータリングサービス」が採用された。世界各国から集結した出展者と来訪者のインターネット利用を支える無線通信インフラとして、フルノシステムズの無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ) 1110」が会場内のネットワークを支えた。

会場内に合計20台のアクセスポイントを設置し、約1,000台のモバイル端末の同時接続を担った。ネットワークの構築および運営・管理は、システムインテグレータのアスノシステム株式会社(東京都港区)が担当した。

  • 「Slush Tokyo 2019」会場内に設置されたアクセスポイント

    「Slush Tokyo 2019」会場内に設置されたアクセスポイント

各国から訪れた起業家やスタートアップ企業スタッフ、来訪者たちのネットワーク利用をサポート

  • 会場内に20台の無線LANアクセスポイント「ACERA 1110」を設置
  • タブレット、ノートパソコン、スマートフォンの端末同時接続数は1,000台規模を想定
  • 出展者の最新技術を紹介する商談やプレゼンテーションでWi-Fiを活用
  • 「Slush(スラッシュ)」とは、世界中から起業家や投資家、ジャーナリストや学生などが集結するフィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベントだ。シンガポールや上海でも開催されており、国際的な人材とビジネスモデルが集結するグローバルイベントとして注目を集めている。東京での開催は5回目で、2月22日(金)、23日(土)の2日間の会期で、世界約70カ国から6,000人以上が参加した。

    AI(人工知能)やブロックチェーン(分散型台帳)といった先進的な技術を活用した製品・サービスを展示する各ブースにおいて、会場内のインターネット環境はもっとも重視されるインフラといえる。参加者の円滑なインターネット利用を支えるネットワーク基盤として、フルノシステムズが各種イベント・セミナー会場向けに展開する無線LANインフラ構築の出張サービス「無線LANケータリングサービス」が3年連続で採用された。会場内に20台のアクセスポイントが設置され、1,000台規模の端末の同時接続を想定したWi-Fi環境を構築した。

    Slushの特徴である音楽フェスイベントのような雰囲気のなか、起業家や投資家たちの商談やプレゼンテーションに無線LANケータリングサービスのWi-Fiが利用された。

    • 「Slush Tokyo 2019」の様子

      「Slush Tokyo 2019」の様子

    「無線LANケータリングサービス」について


    無線LAN機器メーカーであるフルノシステムズが、業務用途に強い自社ハードウェアのレンタルと、エンジニアリング技術をセットにし、設計・構築・レンタル・サポートを合わせて提供するサービスです。

    本サービスは、期間限定的なイベントの混雑する無線状況下でも、「高品質な無線LAN」を手軽にかつ確実に実現可能できるものとなっております。見えない外来波からの影響に対し強化した専用機材、技術・サポートをワンストップで体感いただけます。機材購入負担もなく、安心してプロに任せられるというメリットから、イベント主催者様に高い評価をいただいております。フルノシステムズの高性能な無線LAN技術を実感いただける、まさにノウハウが凝縮されたサービスです。


    『無線LANケータリングサービス』の情報はこちら
    http://www.furunosystems.co.jp/wi-ficatering/

    ※「無線LANケータリング」は、株式会社フルノシステムズの登録商標です。

    アスノシステムについて


    アスノシステムはソフトウェア開発やアウトソーシング、Webサービスなど多岐にわたる事業を展開する情報通信のエキスパート企業です。国内最大級の会場検索サイト「会議室.COM」や、ビジネスの場で役立つ会議術を提供するコンテンツ「会議HACK!」などを運営しています。


    アスノシステムのホームページはこちら
    https://asno-sys.co.jp/

    Slush Tokyoのホームページはこちら
    https://tokyo.slush.org/

    [PR]提供: フルノシステムズ