漫画家・浅野いにお氏の画業20年を記念した原画展「画業20周年記念企画 浅野いにおの世界展〜Ctrl+T2〜」が、池袋サンシャインシティにて開催中だ(2019年1月14日まで)。

浅野氏にとって初となる本イベントでは、実写映画にもなった『ソラニン』をはじめ、『おやすみプンプン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(デデデデ)』など、人気作品の生原稿が所狭しと並んでいる。今回は、開催日の前日に行われた特別内覧会の様子をお伝えしよう。

  • 「浅野いにおの世界展〜Ctrl+T2〜」

本原画展は、浅野氏のデビューから現在までの軌跡を、作品順に紐解いていく構成となっている。20年間での画風や技術の変化を感じられるのが特徴だ。また、趣向を凝らしたブース設計により、まるで各作品の世界に飛び込んだかのような錯覚に陥るだろう。

  • 会場MAP

さらに、浅野氏が出版社に初めて持ち込んだ漫画やキャラクター設定など、ここでしか見られない貴重な原稿や資料を見られるのも今回ならでは。

『おやすみプンプン』ブースでは原画のほか、クラウドファンディングによって造られた「等身大プンプン」が設置されている。目標額150万円に対して、500万円を超える支援が集まったことからも、作品の根強い人気が感じられる。ファンの熱意が形となった「等身大プンプン」は記念撮影も可能なので、その愛らしいフォルムを間近で見てほしい。

  • 「等身大プンプン」とともにベンチに座れば、まるでヒロインの愛子になったよう

「技術の部屋」ブースでは、浅野氏が普段から愛用しているマウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」の展示も。作画にかける想いや、デジタルを活用した漫画制作へのこだわり、浅野氏が「DAIV」を選んだ理由についてのインタビュー動画が公開されている。「DAIV」によって描かれた『デデデデ』キャラクターたちのオリジナルイラストも必見だ。

  • インタビュー動画は、「DAIV」特設サイトでも公開中 ※画像クリックで詳細へ

さらに、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて現在連載中の『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』は、ファッションブランド「keisuke kanda」とコラボ。門出やおんたんの洋服がリアルに再現されている。

  • 作中のシーンと並べて見ると、キャラクターがより身近に感じられるだろう

特別内覧会では、浅野氏によるライブドローイングも。ファンを招き、約3時間という長丁場のなかで描かれたイラストは、会場内にも展示されている。ライブドローイングの様子を収めた動画も合わせて公開されるので、チェックしてみてほしい。

  • 浅野氏がペンを動かす音が会場内に響き渡る

そして「物販コーナー」には、「keisuke kanda」デザインのTシャツや、プンプンとイソベやんの「サコッシュバッグ」など、原画展限定のグッズも多数登場。さらには、12月末頃に発売予定の画集「Ctrl+T2」の先行販売も行われる。

+++

「画業20周年記念企画 浅野いにおの世界展〜Ctrl+T2〜」は、2019年1月14日(月・祝)まで池袋サンシャインシティにて開催。2018年12月29日(土)には、浅野氏と親交の深い夢眠ねむ氏(でんぱ組.inc)とのトークショーが、1月5日(土)には浅野氏のトークショーが行われる予定だ。浅野氏の20年に触れられる貴重な機会に、ぜひ足を運んでみてほしい。

◆画業20周年記念企画「浅野いにおの世界展~Ctrl+T2~」

日時:2018年12月21日(金)~2019年1月14日(月・祝) 12:00~19:00
(休館日:2018年12月31日(月)、2019年1月1日(火))
会場:池袋 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA
チケット:一般・前売 800円 / 一般・当日 1,000円 / 限定グッズ付前売 1,300円
中高生・前売 600円 / 中高生・当日 800円 (すべて税込)
主催:「浅野いにおの世界展」実行委員会
詳しくはこちら

(C)浅野いにお/小学館 (C)浅野いにお/太田出版 (C)浅野いにお/ロッキング・オン

[PR]提供:マウスコンピューター