IoTにMR/VR、ホログラフィックなど、日進月歩のスピードで進歩するテクノロジーは、加速度的にビジネスシーンへ進出しています。

そして、それらの有効活用に活路を見出し、いち早くビジネス変革を遂げ、新しいビジネスチャンスをつかむことに成功した企業の数も徐々に増えつつある現在、いかにして最新のテクノジーをビジネス拡大のトリガーとするかは、いちビジネスの成否だけでなく、企業の命運をも握る重要なファクターといえるでしょう。

こうした最先端テクノジーのビジネス活用に向けたアプローチとして、マイクロソフト社が手掛ける『IoT in Action』、2019年1月22日(火)、東京では2回目となる大規模イベント『IoT in Action - TOKYO』が開催されます。

NTT東日本や東京電力パワーグリッドといったIoTへの積極的な取り組みでビジネス変革に成功した企業の先進事例講演や、マイクロソフト社が手掛けるソリューションを体感できるコーナーの設置など、1日で最新のテクノロジーを網羅することができるイベントです。

  • 告知ページキャプチャ

学んで納得!

日本におけるIoT先進企業の登壇が決定。ブレイクスルーへと至る改革のポイントをプロジェクトに関わった担当者が登壇し解説します。

登壇企業(予定)

  • DMG森精機株式会社
  • 東芝デジタルソリューションズ株式会社
  • 東日本電信電話株式会社
  • 東京エレクトロンデバイス株式会社
  • 東京電力パワーグリッド株式会社
  • また、午後から行われる分科会では、ビジネス変革を目指す方に向けた「ビジネスセッション」、構築の具体的な手法を紹介する「テクニカルセッション」、業界ごとのIoT事情を解説する「インダストリーセッション」、3つの軸でセッションを構成し、ステークホルダーごとの変革へのヒントをご提供します。

    触って楽しい!

    ホログラフィックコンピューターを実現するウェアラブル端末 HoloLensの体験コーナーや、有名企業からベンチャーまで、最先端のソリューションを体感できる展示会場を設置します。

    実際にソリューションに触れることで、ここから応用できるビジネスアイディアの想起を促すことができるでしょう。

    拡がり、つながる可能性

    昨年行われたIoT in Actionは、延べ900名の方が来場しました。セッションの登壇者はもちろんのこと、来場する参加者もまたIoTをはじめ最新のテクノロジーでビジネス変革を目指す"仲間"でもあります。

    そんな"仲間"たちとつながることができるマッチメイキングや懇親会は、お探しのソリューションを提供する企業と巡り合う、良い出会いの場となることでしょう。

    このほか、会場でアンケートにお答えいただいた方全員に「IoT ボタン」がプレゼントされるなど、「学び、触れ、つながり、さらにもらってうれしい」ビジネスチャンスのタネが満載のイベント『IoT in Action - TOKYO』。新しい年のスタートダッシュとして、ビジネス変革への第一歩を踏み出しましょう!

    アジェンダ

    9:30 - 10:30 基調講演
    10:30 - 11:20 インテリジェントエッジ&インテリジェントクラウド
    11:20 - 11:40 休憩
    11:40 - 12:20 マイクロソフトのIoTと他のテクノロジーで実現するインテリジェントエッジの構築
    12:20 - 13:05 昼食(展示会場で様々なIoTのデモ展示をご覧ください)
    14:30 - 17:00 業界別セッション/貴社のビジネスを改革/インテリジェントエッジの構築
    17:00 - 18:30 懇親会

    イベント概要

    IoT in Action - TOKYO

    • 日時:2019年1月22日(火) 9:30~17:00
    • 場所 : 東京カンファレンスセンター有明
      • 会場地図
    • 参加費 : 無料(登録制)

    [PR]提供: 日本マイクロソフト