12月に入り、そろそろ忘年会のシーズンである。忘年会でやることといえばお酒を飲んで料理を食べて……と、これではいつも通りの飲み会だ。毎年似たような忘年会ばかりではつまらない、気心の知れた友だちや同僚と小規模で刺激的な忘年会がしたい……と嘆いているアナタにおすすめのプランがある。

そのプランとは、塚田農場の「裏・忘年会」だ。

“裏”ってナニ? という方のために説明しよう。

塚田農場では12月1日より忘年会の新しいあり方として「裏・忘年会」を提案。部署単位や友人など、小規模な忘年会で楽しむことを意識した内容だ。気のおけない仲間で大いに盛り上がるための、ユニークな仕掛けが施された“個性派”コースとなっている。

  • 「~辛党必食! 旨辛鍋で汗だくデトックス~激辛ファイヤーコース」は税込5,000円。鍋の横で怪しく光り輝く球体は、その名も「辛ゴンボール」。塚田農場特製の辛味追加アイテムだ

なかでも注目なのが「~辛党必食! 旨辛鍋で汗だくデトックス~激辛ファイヤーコース」。いったいどんな鍋なのか、さらに、辛味を追加できる「辛ゴンボール」とはいったい何なのか……気になっている方も多いと思うので、今回は塚田農場で活躍する若手社員の皆さんに集まっていただき、実際に激辛ファイヤーコースを楽しみながら忘年会を行ってもらうことにした。

<写真左から順に>
吉田昂樹<こうき> 入社3年目 マーケティング本部・商品開発部で新商品の企画開発を担当! 好きな鍋は担々鍋。

西垣幸恵<がっきー> 入社4年目
財務部でお金に関するお仕事中。好きな鍋はキムチ鍋

田久翔太<たきゅう> 入社8年目
営業部・池袋エリアマネージャーとして池袋の治安を守る!? 好きな鍋はすき焼き

岡田耕二<おっかー> 入社5年目
営業部・池袋エリアの店長。好きな鍋はしゃぶしゃぶ(辛いものは苦手……)

忘年会スタート! 同僚と集まるとついつい仕事の話に……?

皆さん、ひさしぶりですね!


このメンバーで忘年会って初じゃないですか?


そうだっけ? ほら、取り皿。


っと、ありがとうございます。


せっかくの忘年会だし、2018年を振り返ったりします?


そうだなぁ。じゃあ一番思い出に残ってる話をしていこうか。


がっきーは異動したことじゃない?


ですね! 新宿南口店にいたんですが、今年の頭くらいに本社へ異動の話をいただいて、せっかくのチャンスなので挑戦することにしました。


じゃあまだ新しい環境になってそんなにたってないんですね。


そうなの。あっ、そろそろ鍋できたよ。


おー、旨辛だ!


身体が温まりますね! 辛いものはあまり得意じゃないんだけど、クセになる旨さで食べちゃうな。


キムチ鍋好きだから最高! 冬にぴったりですねー。


……で、こうきはどんな1年だった?


仕事だと商品開発部にいるんで、夏は忙しかったですね。10月でメニューがリニューアルするんで、大変だった記憶があります。


二人ともけっこう変化の1年だね。


新メニューができたときはいつも忙しいよな。店舗スタッフへの講習会も何度も開催するし。


でも実際に食べて喜んでいただけると、商品開発部冥利に尽きますね。苦労が報われる瞬間です。


激辛ファイヤーコースを楽しみながら、今年の思い出話に花を咲かせる4人。これはこれで仲の良い雰囲気が伝わってくるのだが、仕事の話ばかりでちょっとカタい気もする。せっかくの裏・忘年会、もっともっと自分をさらけ出して盛り上がってもらおうじゃないか!

というわけで、こんなものを用意してみた

  • マイナビニュースの指令書を恐る恐る見つめる4人

  • ふむふむ……マジかよ~!! とみんな少しずつ笑顔に

  • こんな指令を出しちゃいました

  • 説明しよう。「ウエハーペーパー」とは、なんと食べられる紙なのである。そして横に添えられたペンは、食用のインクを使った「フードペン」というもの(※ウエハーペーパーとフードペンは、今回の忘年会メニューには付属しないためご注意ください)

ウエハーペーパーとフードペンを使い、今年あった忘れたいことを鍋にぶち込んでしまおうという作戦だ。

うわー!!


そうきたかあ(笑)


うーーーーーん。


……よし、決めた!


  • 「忘れたいことかぁ……」と、スマホを出して1年間を振り返ってくれたおっかーさん(まじめ)

  • 「このペン、うちの商品にも使えないかなぁ」とさすが商品開発を手がけるこうきさん

悩みながらもペンを走らせる4人。“忘れてしまいたい思い出”を記憶から引っ張り出したためか、途中で苦笑したり頭を抱えたりする人も……。

そして4名の回答が出揃った! ちなみに本当にすべて4人の“ガチ”な思い出である。

  • 結婚関係が多いのはアラサーあるある!?

えっと、それじゃあ僕からですね。「同期の送別会で泥酔して、次の日仕事で使いものにならず、上司にしばらく無視されたこと」


わー! やっちゃったね!(笑)


塚田農場の社員として「泥酔」って書いていいのか悩みました……(笑)


いやもう、そういうこともあるよ!


じゃあ次は私! 「妹に結婚、先こされたぁ」


これは……。


深い事情を聞いていいものかどうか。


本当は私のほうが先に結婚するはずだったのに、7年付き合った彼氏と今年別れてしまいました! 妹の結婚が決まったのはその直後でした!


お、おお……。


ぶっちゃけたな……。


逆にたきゅうさんは結婚“した”ほうですよね。


うん、俺は逆に「さよなら独身生活 一人暮らしは自由で楽でした」ってことで。


独身生活を忘れたいってことですか?


独身生活は楽しかったけど……結婚したからな。もう忘れることにする!


えっと……それでいうと、実は僕も先週から同棲を……。


え、マジで!? タイムリーだな!?


ちょっと! 今年、人生の転換期迎えてる人多くないですか!?


俺は何もないよ! 無風!


じゃあ何を忘れたいんですか?


「上司の結婚式で泥酔して記憶を失う」


おっかーさんも泥酔してるじゃないですか!


しかもこの「上司」って俺だからね(笑)


おっかーさんが泥酔って珍しいですね。


盛り上げようとしてくれたんだよな。


そうそう。その結果の泥酔。次の日、写真を見てもぜんぜん記憶になくて、ゾンビみたいな表情の自分が写ってた(笑)


ほ、本当に大丈夫なんですかね、この話……。


大丈夫大丈夫! たぶん!


さて、4名の“忘れたい思い出”が出そろったところで、この思い出を鍋に入れてしまおう。

  • 溶けろ溶けろ~!!!

  • やぶれやぶれ~!!!!!

うわ、すげー溶ける!!


破るの楽し~!


ここで登場したのが激辛ファイヤーコースの名物「辛ゴンボール」!

  • トマトじゃないよ辛ゴンボールだよ

辛ゴンボールとは、このコースの目玉である特製の辛味追加アイテム。通常は4人であれば2つも入れれば十分な辛さが楽しめるのだが、今回は“思い出を消し去りたい”という願いを叶えるために7つ用意してみた。……えっ、どこかで聞いたような話? そうかなぁ?

  • まさかこれは緑の龍が出て来そうな雰囲気……?

そして鍋に7つの辛ゴンボールを入れた瞬間!

あれ!? 部屋が突然暗く……。


キャー!!


  • アッ……!

――暗闇の中で、謎の声が聞こえたような気がする――。

しばらく気を失っていた4人……果たして?

ん……?


あれ? 私たちさっきまで何してましたっけ?


何か紙に書いたような記憶はあるんだけどなぁ。


よくわからないけど、何だか頭がすっきりした気がする! まるで“忘れたい思い出”が頭から消え去ったような……。


よーし、忘年会の続きをするか!


うわっ! 辛ゴンボールが入ったらさらに辛くなりましたね!


  • 素直ないい表情してますね!

  • キムチ鍋が大好きというがっきーさんは大満足

かっら!! つっら!!(辛いものは苦手……)


辛いの大好きー!


そのままでもおいしいが、辛ゴンボールを追加することでさらなる旨辛が味わえる激辛ファイヤーコース。いつもとは一味違う「裏・忘年会」ならではの楽しい会になること間違いなしだ。

塚田農場2018忘年会 予約受付中!!

塚田農場の「裏・忘年会」では2つのコースを用意。


「~辛党必食!旨辛鍋で汗だくデトックス~激辛ファイヤーコース」(税込5,000円)
記事で紹介したオススメのコース。激辛しびれ豚キムチ鍋に辛味追加アイテム「辛ゴンボール」と球形の唐辛子「四川ホール」を入れて楽しむ辛くてうまい塚田農場特製の鍋である。どちらのアイテムも1個100円で追加が可能だ。辛いものが好きな人はぜひ挑戦してみてほしい一品である。


「~ルーレットで具材を選択?!~塚田的ルーレットコース」(税込4,500円)
地鶏つくね鍋をベースにルーレットで食材を決めるというコース。用意される食材は牛モツ、明太子、もちもち水餃子、ニラにんにく、キャベツ、もやしの6種類だ。




幹事として絶対に外したくないときに使える正統派な「正・忘年会」コースも用意されているので詳しくは塚田農場 忘年会ページをチェックしてみてほしい。

  • ごちそうさまでした~!! みんな忘れられて良かったね☆

[PR]提供: 塚田農場(株式会社エー・ピーカンパニー)