マイナビニュースは、12月14日(金)、東京・神保町にて「マイナビニュースフォーラム2018 Winter for データ活用 ~これからの企業経営に求められるデータ基盤構築・分析とは~」を開催する。

ものづくりの現場で稼動する機器から、日々私たちが生活で使用するパソコンやスマホまで、現代社会を支えるさまざまなモノはインターネットと繋がり、 IoTの台頭により、世の中を飛び交うデータはさらに肥大化し続けている。社内、社外に散在するこれらの大量のデータを、目的を持って効果的に収集、蓄積、分析、活用すれば、ビジネスにおける新たな付加価値を生み出すことが可能だ。そのために、企業が取り組まなければならないこととは何か。

マイナビニュースは、"これからの企業経営に求められるデータ基盤構築・分析とは"をテーマに、フォーラムを開催する。

同フォーラムでは「流通・小売業」「製造業」「金融業」の3トラックに分けて講演を実施。激化する競争に勝ち抜くためにはどのようにデータを活用していくべきなのか。各分野のさまざまな導入事例を紹介しながら、そのヒントを提示する。

“次世代型コンビニ”を目指すローソンが描く未来像

ローソン 理事執行役員 オープン・イノベーションセンター長 牧野国嗣氏

ローソン 理事執行役員 オープン・イノベーションセンター長
牧野国嗣氏

【流通・小売業/Keynote A-1】に登壇するのは、ローソンで理事執行役員 オープン・イノベーションセンター長を務める牧野国嗣氏だ。「ローソンのデジタル化戦略~コンビニエンスの先に目指すもの~」と題した講演を行う。

消費市場の縮小や少子高齢化による労働力不足といった喫緊の課題に対し、ローソンではIoT、AI、ビッグデータ等、最先端のテクノロジー活用により、店舗運営の効率化とスタッフの負荷の抑制、消費者動向の予測を推進している。同講演では、“次世代型コンビニ”を目指すローソンが描くコンビニエンスストアの未来像と、迅速な経営判断を可能にするデータの利活用について紹介する。

小松製作所に見る、データ活用、つながる化のメリット

小松製作所 CTO室 Program Director 冨樫良一氏

小松製作所 CTO室 Program Director
冨樫良一氏

【製造業/Keynote B-1】に登壇するのは、小松製作所 CTO室 Program Directorの冨樫良一氏だ。

激変するビジネス環境のもと、企業には社会との共存共栄、持続可能性の視点が求められている。建設鉱山分野においても、労働災害の高止まりや熟練労働者の不足など、社会課題が山積しており、これらは世界共通の課題だ。これらの課題解決のためには、市場・技術動向を監視し、明確なビジョンを持って顧客中心のものづくりを推進することが大切で、今後ますます、さまざまなパートナーとの連携が重要となる。

同講演では「コマツが見据えるグローバルオープンイノベーション戦略」と題し、これまでの事例や今後の方向性の具体的な事例を通じ、データ活用、つながる化のメリットについて紹介する。

みずほフィナンシャルグループが進めてきたデータ利活用

みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 シニアデジタルストラテジスト 兼 Blue Lab 最高技術責任者(CTO) 大久保光伸氏

みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 シニアデジタルストラテジスト 兼 Blue Lab 最高技術責任者(CTO)
大久保光伸氏

【金融業/Keynote C-1】に登壇するのは、みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 シニアデジタルストラテジスト 兼 Blue Lab 最高技術責任者(CTO)の大久保光伸氏。

銀行、信託、証券を傘下に有する、みずほフィナンシャルグループは、中期経営計画(2016年)の基本方針において「金融イノベーションへの積極的取組み」を設定。金融とテクノロジーの融合を意味するFinTechの戦略的な活用を進めてきた。同講演では「みずほFinTechにおけるデータ利活用の取り組み」と題し、Blue Lab(シリコンバレーのベンチャーキャピタル「WiL」と「みずほ銀行」で2017年に設立)で培ってきた「クロスインダストリの新しいビジネスモデル」について、実際の導入事例を元にAIやビッグデータの利活用の観点から紹介する。

スマホアプリ「POCKET PARCO」など、PARCOのマーケティング施策

パルコ 執行役 グループICT戦略室担当 林 直孝氏

パルコ 執行役 グループICT戦略室担当
林 直孝氏

【流通・小売業/Keynote A-5】に登壇するのは、パルコ 執行役 グループICT戦略室担当の林 直孝氏だ。

全国でショッピングセンターを運営するパルコでは、近年「24時間PARCO」というコンセプトのもと、いつでも、どこでも、ショッピングの体験ができ、ショップスタッフと顧客がコミュニケーション可能なオムニチャネルプラットフォームを構築、進化させている。同講演では「PARCOが進める IoT/AIとデータ活用事例」と題し、スマートフォンアプリ「POCKET PARCO」や、店頭でのIoT/AI活用により蓄積されたデータを駆使した、マーケティング施策の展開事例を紹介する。

ミシュランのデータ活用社会に備えたビジョンとは

日本ミシュランタイヤ B2Bタイヤ事業部 常務執行役員 高橋敬明氏

日本ミシュランタイヤ B2Bタイヤ事業部 常務執行役員
高橋敬明氏

【製造業/Keynote B-5】に登壇するのは、日本ミシュランタイヤ B2Bタイヤ事業部 常務執行役員の高橋敬明氏。

現在、輸送業界では、Eコマース市場の拡大によるドライバー不足と、高齢化が深刻化。ミシュランは高品質で特徴のあるタイヤと新たなサービスを提供することにより、その課題を解決したいと考えている。例えば、シングルタイヤX Oneは車輌の大幅な軽量化に寄与することが可能だ。またIoTで空気圧情報を共有し、パンクを未然に防ぐ「TPMSクラウドサービス」や、ドライバーのための満足度調査「ドライバー診断パッケージ」などの新サービスも提供を開始した。同講演では【データの『価値化』に挑む - ミシュランがIoTで掲げる「タイヤの見える化戦略」とは】と題し、運送事業者の"困りごと"を解決し、モビリティーに貢献する、ミシュランのデータ活用社会に備えたビジョンの紹介を行う。

ほかにも、流通・小売業、製造業、金融業から業種別に7つのSessionも行われる予定だ。

データ利活用に課題を抱える「流通・小売業」「製造業」「金融業」の企業の方は、新たな企業経営の指針となるヒントを、同フォーラムに参加することで見つけていただきたい。

フォーラムの概要は以下の通り。

  • タイトル:マイナビニュースフォーラム2018 Winter for データ活用
    ~これからの企業経営に求められるデータ基盤構築・分析とは~
  • 開催日時:2018年12月14日(金)13:00~17:55(開場予定12:30)
  • 会場:ベルサール神保町
  • 住所:〒101-0065 東京都千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館2・3F
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 申し込み締切日:2018年12月13日(木)15:00まで
  • 定員:300人

本フォーラムの詳細はこちら>>

[PR]提供: ABEJA、パイプドビッツ、テクマトリックス、Talend、クリックテック・ジャパン、インフォマティカ・ジャパン、日立システムズ、ビービット