まるでゴリラのようないかつい風貌から繰り出される不条理極まりないボケ、ひと言ではなかなか説明できないシュールな世界観のコント……。あまりにも強烈すぎる個性を武器に、群雄割拠のお笑い界の中で圧倒的な存在感を放ち続けるお笑いコンビ・野性爆弾(くっきー/ロッシー)。

なぜか常に白塗りで行われるくっきーの「顔モノマネ」や、謎だらけのお風呂の妖精「チェチェナちゃん」など、他に追随を許さないオリジナリティを存分に発揮するも、そのインパクトの壮絶さに、一度見ただけで思わず遠ざかってしまった人も多いのではないだろうか。

しかし、彼らの魅力は決してそれだけではない。今回、マイナビニュースでは1,501人の読者に緊急アンケートを実施。まだまだ未知数とも言える「野性爆弾」の魅力に迫った!

突き抜けた芸風は意外にも好感度が高かった!

まず最初の質問は「お笑いコンビ『野性爆弾』をご存知ですか」「知っている」と答えた人は64.0%にものぼり、「名前を聞いたことはある」と合わせると80%を越える認知率だ。

加えて、好感度についても聞いてみたところ、「大好きだ」「普通に好きだ」「そこそこ」の合計も71.2%と、非常に高い結果となった。

そんな彼らの魅力について尋ねると、ダントツで「くっきーのぶっ飛び具合」という結果が。そのほか、「意味のわからない面白さ」「ロッシーのど天然さ」「周りの目を気にせずとにかく突き抜けている」と続いた。その中には、「くっきーの真面目な一面」という声も。どうやら、ふたりの人間性に魅力を感じている人が多いのかもしれない。

そこで、それぞれのキャラクターについても質問してみることに。

と、おしなべて好印象。一見、くっきーのキャラクターだけが突出しているように見えるが、ロッシーの天然ボケも相当なもののようで、非常にバランスの良いコンビであることがうかがえる。

実際、くっきーは今年3月に台北でアートイベントを開くなど、日本国内にとどまらない活躍を見せ始めている。もしかすると渡辺直美やピコ太郎にも匹敵するほどのワールドワイドなブレイクが期待されるとともに、それだけの破壊力とポテンシャンルを秘めていることも間違いない。

“野爆ワールド”全開! 地上波テレビでは見ることのできない企画

さて、そんな彼らがプロデュースする冠番組が、『野性爆弾のザ・ワールド チャネリング』だ。現在、Amazon Prime Videoにて独占配信中。

昨年配信されたシーズン1、シーズン1 1/2は大好評。そして、先日シーズン2(全10話)が配信されたのだ。

ちなみに、先のアンケートでシーズン1について尋ねたところ、

・「自由気ままにやりたい放題」(36歳・男性)
・「地上波では出来ないことをしている」(46歳・男性)
・「どこにフォーカスあてる?っていうところに笑いを求めてくる」(42歳・男性)
・「千鳥との絡みが関西の時から面白い」(41歳・男性)
・「テレビでは見れない野性爆弾の世界が見れる」(34歳・女性)
・「くっきーが監督のミニドラマがあったり、有名人がゲストで参戦したりと盛りだくさんな内容」(27歳・女性)

と、高評価が寄せられた。

こうした期待の声に応えるように、シーズン2はさらにパワーアップ。

  • 野性爆弾のザ・ワールド チャネリング シーズン2

番組内ドラマの主演予定だった元モーニング娘。の矢口真里の代役をかけて、元AKB48の野呂佳代やアップフロント所属の橋本愛奈、岡田ロビン翔子らが激突する「ドラマ女優オーディション」、シーズン1で実現しなかった千鳥とのバーベキューをデヴィ夫人を交えて行う「千鳥とバーベキュー」、地上波で似たようなタイトルを見かけたことがあるような「旅チンパンジー」など、シーズン1からのファンも、そうでない人にも気になる企画が目白押しとなっている。

まさに野性爆弾の本領発揮とも言える、コンプライアンスに縛られた地上波テレビでは決して見ることのできない、良い意味でタガの外れた企画が繰り広げられるこの番組。

これは同時に、彼らにとって活躍の場はもはやテレビという枠に留まらないことの証明ともいえるだろう。

たとえるなら、子どもの頃に見たサーカスのようなワクワク感とでもいおうか。きっかけは怖いもの見たさでも、非現実への憧れでもいい。だが一度、彼らの世界にハマってしまえば、もう二度と抜け出せない。そんなアブなさと中毒性をとくと味わって欲しい!


~お・ま・け~

ちなみ、シーズン1もまだ観ていないからそっちから始めるよという方に、今回同アンケート内では、シーズン1で一番好きな回を聞いてみたので、上位3位までの回を写真とともにチラ見せしておこう。視聴の際、参考にしてみてはいかがだろうか。

◆1位:「野性爆弾の一流散歩」

※画像をクリックすると、該当の回に遷移します※

◆2位:「真夏をエンジョイ! 千鳥とバーベキュー!!」

※画像をクリックすると、該当の回に遷移します※

◆3位:「偽パワースポットを巡るアイドル除霊ツアー」

※画像をクリックすると、該当の回に遷移します※

調査日:2018年10月18日~10月19日
調査対象:マイナビニュース会員 20~40代限定
調査数:1,501人
調査方法:インターネットログイン式アンケート

[PR]提供: Amazon Prime Video