ゴルフと聞くと、どんなイメージを抱くだろうか? 一面に広がる緑の芝生に、抜けるような青空、会心のショット……経験者ならきっと、日常では味わえない開放感や楽しさを思い浮かべることだろう。

そんななか、どうしても気になってしまうのが「お金」。そう、ゴルフに対して「お金がかかる」という印象を持っている人は非常に多い。

しかし、実はちょっとした工夫次第で、出費はぐっと抑えられるのだ。 今回は、ゴルフ未経験のあなたでも「ちょっと試してみようかな」と思えるような、ゴルフの節約術をお教えしよう。

中古品カジュアルファッションを取り入れて、初期投資を極力抑える!

昔から、ゴルフには「お金がかかる」というイメージがつきものだ。

マイナビニュースでは、ゴルフ未経験のビジネスパーソン301人に「ゴルフをしない理由」を調査してみた。すると、「ゴルフはお金がかかりそう」と答えた人が24.0%と、およそ4人に1人が「お金」に関する不安を抱えているようだった。

もちろん、新品の道具やブランドウェアを完璧にそろえようと思ったら、驚くほどの出費になるだろう。しかし、「中古の道具」「カジュアルなウェア」を「必要な分だけ」選べば? そう、費用はぐっと抑えられるのだ。それでは、具体的な節約術を見てみよう。

▼ゴルフの節約術① ゴルフクラブは、ひとまず手頃な「中古品」を!

ゴルフの初期投資のなかでも特に高額なのが「ゴルフクラブ」。新品のクラブセットだと数十万円もの出費になることもあり、初心者にはハードルが高いだろう。 q

  • ゴルフクラブは、ひとまず手頃な「中古品」を!

そこでおすすめしたいのが、中古のゴルフクラブ。新品よりも格段に安く購入できるので、初心者にも安心だ。

それに、自分に合うゴルフクラブがどれかなんて、最初は分からないだろうし、いきなり高いゴルフクラブを買うのは冒険すぎる。「プレーしていくなかで、自分に合うクラブを見つけていこう」くらいの気持ちで、最初は中古クラブを使うのが現実的ではないだろうか。

▼ゴルフの節約術② ウェアは「ファストファッション」で代用OK!

ゴルフは「服装のマナーが厳しそう」とも思われがち。しかし、守るべきポイントを最低限押さえておけば、ゴルフウェア選びはさほど難しくない。「トップスは襟付きのシャツ(ポロシャツ可)」という基本的な部分を抑えれば、自分らしいカジュアルスタイルでもゴルフが楽しめる。

  • ウェアは「ファストファッション」で代用OK!

そこで活用したいのが、いわゆるファストファッション。近年では、若々しくシンプルなデザインで、機能性にも優れたスポーツラインが充実している。ファストファッションならリーズナブルなうえ、季節感やトレンドを取り入れたおしゃれも楽しめて一石二鳥だ。

ただし、ゴルフ場に入る際は「ジャケットスタイル」が原則なのでご注意を。手持ちにジャケットがなければ、あわせて用意しておこう。

▼ゴルフの節約術③ ゴルフボールには「ロストボール」を活用しよう

ゴルフをするうえで、意外と高いと感じるのがゴルフボール。もちろんバラつきはあるが、1ダース(12球)で3,000円~4,000円くらいするものも。にもかかわらず、初心者のうちはボールがあちこちに飛んでいき、いわゆる“池ポチャ”なども多くなるので、たくさんのボールが必要なのだ。

  • ゴルフボールには「ロストボール」を活用しよう

そんなときに知っておきたいのが、「ロストボール」の存在。いわゆる中古品で、プレー中にコース内の林や池などに入ったボールが、専門業者によってクリー二ングされ、再販売されるのだ。

ロストボールの魅力は、何と言っても低価格。なかには「50球で3,000円」といったものもあるので、何個もボールをなくす可能性がある初心者には、ロストボールが経済的だろう。

▼ゴルフの節約術④ お手頃価格で開放感バツグンの「打ちっぱなし」

さあ、グッズは一通りそろった! しかし、いざ「ゴルフをしよう」と思っても、いきなりのラウンドデビューはハードルが高く、費用も高め。

  • お手頃価格で開放感バツグンの「打ちっぱなし」

そんなときは、ゴルフ練習場、いわゆる「打ちっぱなし」が安心価格でおすすめだ。料金は場所によってさまざまだが、一般的には「入場料(数百円程度)+貸しボール代」となる。ボール代は曜日によっても異なるが、おおむね1,000円程度で楽しめるだろう。

また、練習場によっては「2時間打ちっぱなしで1,500円」といったお得なプランもあるので、ぜひ調べてみよう。

▼ゴルフ節約術⑤ 旅行とセットで楽しめる! お得な「ゴルフツアー」

もう1つ活用したいのが、旅行とセットで楽しめる「ゴルフツアー」(ゴルフパック)だ。

ツアー料金には一般的に、往復の交通費とラウンドでのプレー代金、さらに宿泊費用が含まれる。別々で予約するよりもかなり割安で、個別に予約する手間もかからない。旅行も楽しめて良いことずくめである。

  • 旅行とセットで楽しめる! お得な「ゴルフツアー」

たとえば夏なら、避暑を兼ねて北海道でゴルフをしたり、信州で高原ゴルフを楽しむのも爽快だ。冬なら温泉地もいい。源泉かけ流しの名湯につかれば、ゴルフの疲れだけでなく仕事のストレスも一気に吹き飛ぶだろう。逆に冬だからこそ、温暖な沖縄という選択肢もある。平日の忙しさを忘れてリゾートステイを楽しみ、冬に“半袖ゴルフ”を満喫するのも一興だ。

ゴルフツアーのなかには、仕事終わりでも間に合う「夜出発便」もあるので、探してみてはどうだろうか。

なんと! ゴルフクラブが無料でもらえる!?

ここまで5つのゴルフ節約術を紹介した。「お金がかかる」というイメージがあるゴルフだが、工夫すれば節約しながら楽しめることがお分かりいただけただろうか。

なかでも、高額出費となるゴルフクラブは大きな節約ポイントなので、初心者は中古品を活用して初期投資を抑えよう。

  • 「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」

    「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」
    ※画像クリックでキャンペーンサイトへ

そこで、朗報! 総合ゴルフショップを運営するゴルフパートナーでは現在、「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」(通称・はじごる)というキャンペーンを開催中。この企画はその名の通り、新人ゴルファーの「はじめてのゴルフ」をサポートするもので、なんとゴルフクラブが1本無料でもらえるのだ。

手順はいたって簡単。応募フォームからメールアドレスを登録のうえ店舗に行き、ポイントカードに入会するだけ。もちろん入会は無料で、年会費もかからない。それで「もれなく」「無料」でゴルフクラブがもらえるなら、使わない手はない。

さらに入会すると、ゴルフのルールやマナーが書かれた「はじめてのゴルフマニュアル」のプレゼントも。これがなかなか便利で、人には聞きづらいゴルフの“いろは”を教えてくれる。初心者にこそゲットしてほしいアイテムだ。

***

鮮やかな緑のなかで身体を動かす爽快感や、上達を感じたときの喜びは格別だし、肩こり解消など、思わぬ健康効果を実感する人も少なくない。

「まだゴルフをやったことがない」というあなたも、まずは「はじごる」でゴルフクラブをもらい、打ちっぱなしに臨んでみてはいかがだろうか?

「はじごる」応募は
こちらから▶▶

【ゴルフについてのアンケート】
調査時期: 2018年2月2日~2月6日
調査対象: 20代~30代のマイナビニュース会員
調査数: 600人(男性304人、女性296人)
調査方法: インターネットログイン式アンケート

[PR]提供: ゴルフパートナー