インスタの写真が電車の中吊りポスターに――。

自分の撮影した1枚がポスターになると思ったらちょっとワクワクしませんか?そんなワクワクが現実になるフォトコンテストが滋賀の湖西エリアを舞台として7月27日より開催されます。

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    JR湖西線沿線の魅力を表現した写真を応募する「#koseitekinaフォトコンテスト」が開催

湖西は琵琶湖の西側に位置し、自然豊かな美しい風景や奥深い歴史、そして伝統と文化が息づく“こせい的な”地域。今回はそんな湖西の「こせい的な」写真を募集する「#koseitekinaフォトコンテスト」の内容を滋賀県在住のフォトグラファー 別所隆弘さんの撮影アドバイスと共にお届けしていきます!

写真が中吊りにポスターに!「#koseitekina フォトコンテスト」とは?

同コンテストは、湖西線利便性向上プロジェクト推進協議会(構成団体:滋賀県、大津市、高島市、長浜市)が主催で、今年で3回目の開催。参加方法は、撮影した写真を「Instagram」「Twitter」に専用ハッシュタグ「#koseitekina」を付けて投稿するだけと誰でも気軽に参加できるのが特徴です。

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    応募方法は「Instagram」「Twitter」に専用ハッシュタグ「#koseitekina」を付けて投稿するだけ

また、応募作品は「こせい的な」PHOTO MAPとしてWeb上に掲載されるほか、入選作品(150作品)は大阪環状線を走行する車両(1車両)に中吊りポスターとして展示される予定。列車中が写真で埋め尽くされるので「ギャラリートレイン」としても見応えある風景になるでしょう。

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    昨年掲載された中吊りポスターの様子

プロカメラマンに聞く!オススメの撮影スポット&テクニック

応募したいけど湖西には行ったことがないし、どこで撮影すればいいか分からないという人は要チェック!プロカメラマンの別所さんがオススメの撮影スポットと、滋賀ならではの撮影法を教えてくれました

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

Q1.湖西線エリアでオススメのフォトスポットはありますか?

湖西地域は、パッと思いつくだけでも数多くのフォトスポットがあります。春は関西でも一際有名な海津大崎の桜、夏は比叡山から撮影するのが定番の琵琶湖花火

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    海津大崎の桜

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    琵琶湖花火

秋は今や全国的に有名なマキノ町のメタセコイア並木、そして冬の寒さが厳しくなる頃には小入峠の雲海

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    メタセコイア並木

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    小入峠の雲海

1年を通して「困ったらココ」という場所は白髭神社琵琶湖大橋堅田の浮御堂。中でもオススメなのが、新名所のびわ湖テラスです。また、坂本近辺は名所が集まる、歩いて楽しいエリア。まだ知られていない素敵な場所が多いので、ぜひ「自分だけの1枚」を狙ってください。

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    びわ湖テラス

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    坂本ケーブル(延暦寺駅)

Q2.滋賀県内での撮影に関して、簡単な工夫やテクニックなどのノウハウがあれば教えてください。

滋賀県は中央に琵琶湖があるために、他の県以上に「太陽の角度」に対する意識が必要です。一言で言うと、湖東側は夕日に強く、湖西側は朝日に強いのです。琵琶湖で東西に分かれる滋賀県ゆえの特性ですね。

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    湖北の夕日

風景写真の傑作の多くは、やわらかな朝や夕方の光で撮られることが多いですが、湖西の西側は京都と接した山がちの風景のために夕焼けの光が入ってきづらいのです。そこで、朝の美しい光を狙うと、より効果的に「美しい瞬間」を捉えられるでしょう。

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    朝日に染まる琵琶湖

Q3.「#koseitekinaフォトコンテスト」2017年・2016年の入選作品の中から気になった作品を2点教えてください。

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    「#koseitekinaフォトコンテスト」2017年 入賞作品

風景写真は「定番との戦い」と言えます。有名な撮影地になると、似た写真が山のようにあふれるのが現代のデジタル写真の宿命。そんな中でも定番中の定番、白髭神社で「独自の切り取り」を意識した点が素晴らしいと思いました。写真家はいろいろな撮り方をしますが、できれば「水だけは避けたい」のです。水に濡れると、カメラが壊れてしまうからですね。だからこそ、水に果敢に挑みながら、素晴らしい構図の中でぼかした白髭と、美しい朝日が捉えられたこの1枚に感銘をうけました

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

    「#koseitekinaフォトコンテスト」2016年 入賞作品

奇跡的な瞬間を切り取る」のも写真の醍醐味ですが、「何気ない日常を印象的に切り取る」のも、もう1つの醍醐味といえるでしょう。琵琶湖の穏やかな水面と朝焼けの美しい空、手に持つカスミソウ。繊細な要素を巧みに配置して、日常の一瞬が美しく切り取られています。雲の模様や空と湖面の穏やかな色がしっかり出る一方、女性の雰囲気が分かる程度にしっかり明るく映されている点。適切な露出を選ぶ、卓越した技術も素晴らしいです。

京阪神からも日帰りできる!フォトジェニックな湖西であなただけの1枚を

  • 滋賀 湖西 #koseitekinaフォトコンテスト2018

フォトジェニックなスポットが多く、JR線を利用すれば京阪神からでも日帰りで気軽に訪れられる湖西エリア。この機会に湖西線沿線に足を運んで「#koseitekinaフォトコンテスト」に参加してみてはいかがでしょうか。あなただけの「こせい的な」1枚が撮れるかもしれませんよ。

#koseitekinaフォトコンテスト2018 概要
募集期間 2018年7月27日(金)~2018年9月30日(日)
テーマ JR湖西線沿線の自然、歴史、伝統、食など「こせい的な」魅力を表現した写真
応募資格 プロ、アマ、年齢、国籍、住所などは問いません
応募手順 【Instagram】
公式アカウント「@koseitekina2016」をフォロー後、専用ハッシュタグ「#koseitekina」を付けて投稿してください

【Twitter】
公式アカウント「@koseitekina2016」をフォロー後、専用ハッシュタグ「#koseitekina」を付けて投稿してください
入選発表 入選作品(150作品を予定)をもとに製作した中吊りポスターで列車1編成を埋め尽くした「ギャラリートレイン」が走ります(2018年11月17日~28日運行予定)
公式HP http://www.koseitekina-p.com/
留意事項 応募作品は、オリジナル作品に限ります。応募者は、投稿データを自らが投稿することについての適法な権利を有していること、投稿データが第三者の一切の権利を侵害していないことについて協議会に対し表明し、保証するものとします。また、応募者は、協議会と協議会が指定する者に対して、著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。
審査方法など、詳細は公式HPをご確認ください。
※本件に関するお問い合わせ先
 滋賀県土木交通部交通戦略課(湖西線利便性向上プロジェクト推進協議会)
 電話:077-528-3680(平日8:30~17:15)
 E-mail:hc00@pref.shiga.lg.jp

[PR]提供:湖西線利便性向上プロジェクト推進協議会