レンタルサーバーやクラウドサービスを提供するカゴヤ・ジャパンは、2018年7月18日に「名古屋開催!製造業のためのAI(人工知能)とAP(人口知覚)その現状と可能性」と題したITセミナーを名古屋で開催する。参加費は無料。

  • カゴヤ・ジャパン ロゴ

    カゴヤ・ジャパン「名古屋開催!製造業のためのAI(人工知能)とAP(人口知覚)その現状と可能性」と題した無料セミナーを名古屋で開催

同セミナーでは、「ディープラーニングによる製造業の自動化・効率化」と題して、エクサウィザーズの遠藤 太一郎氏が、ディープラーニングやAI技術による検査工程の自動化、作業者の動作可視化、最適化などを紹介。 またKudanの千葉 悟史氏も登壇し、「人間と同じ「目」が製造業にもたらす未来 ~VisualベースSLAMと人口知覚~」と題して、カメラ映像を用いた自己位置推定(SLAM)の現状や他センサとの比較、製造業効率化に繋がる事例などを講演する。さらに、カゴヤ・ジャパンの講演では、コストを抑えて効率よく使えるGPUサーバー時間貸しサービスなどが紹介される予定だ。

お申し込みはこちら

開催概要
日時 :2018年7月18日 14:00~16:15(受付開始13:30)
会場 :ウインクあいち 貸会議室
定員 :40名
主催 :カゴヤ・ジャパン
費用 :無料(事前登録制)

講師プロフィール

エクサウィザーズ 執行役員 遠藤 太一郎
福島県立会津大学コンピュータ理工学部博士前期課程終了(首席)。 ミネソタ大学ツインシティ校大学院在学中に起業し、AIを用いたサービスを開始。 AIに関することは、実装、論文調査、システム設計、ビジネスコンサル、教育等幅広く手がけた後、株式会社エクサインテリジェンス(現・株式会社エクサウィザーズ)に参画。2017年10月より現職。理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP)客員研究員。

Kudan株式会社 Business Development (Asia) 千葉 悟史
ベンチャーキャピタル勤務の後、ITスタートアップに取締役として参画。 大手ITベンダーへのバイアウトを達成し、2016年にKudan株式会社へ入社。日本を中心として、VR/AR・ロボット・ドローン・自動運転など幅広い分野へのプロジェクトを手がけている。NPO法人映像産業振興機構「VR/AR検討ワーキンググループ」委員。

[PR]提供: カゴヤ・ジャパン