赤ちゃんとお出かけする時に欠かせないのが「ベビーカー」。赤ちゃんの乗り心地は考えてあげたいし、ママやパパが毎日使うものだから使いやすいものを選びたいと思っても、ラインナップがありすぎてどれを選べば分からない…という方も多いのではないでしょうか。

そんな悩めるママとパパが知っておきたい「ベビーカーの選び方」とは?

今回、ベビーカー選びに悩んだ先輩ママの「悩みどころ」を調査しながら、ベビー用品メーカー・ピジョンのWebサイト「Happy Travel」を参考に、自分のライフスタイルに合ったベビーカーの選び方をご紹介します。

まず、どのくらいの先輩ママがベビーカー選びに悩んだのでしょうか? アンケートの結果を見ると、半分以上の方が「ベビーカー選びで悩んだ」と回答しています。

そんな約半数のママたちが「困ったポイント」とはどのようなことだったのでしょうか。

やっぱり先輩ママたちが一番困ったポイントは、「種類が多く、違いがわからない」こと。ベビーカー売り場に行くと、とにかく多種多様なベビーカーが並ぶ中、どれがいいの!? と迷ってしまうもの。 次いで、「機能面がどこまで大事か」ということ。赤ちゃんの乗り心地や、押しやすさなど、最新のベビーカーはそれぞれ特徴ある機能を備えているけど、一体どれを重視すれば良いのかわからない、という回答が多い結果となりました。

悩んで買った実際に購入したママの中には、「悩んだ末に買ったけど、こうじゃなかった…」という声も…

機能はバッチリだったが、車生活なのであまり出番がなかった


自動車での移動が多い方の中には、たたんでも車の中に入れにくい…というコメントも。「使わない時」のことは意外と見落としがちのようです。

タイヤが小さく、デコボコ道では安定感がなかった


店舗で試し押ししたときはスムーズに動かせても、実際に外に出るとデコボコ道でガタついたり、わからないものですよね。

座面下の荷物を入れるところが小さいし入れにくく、とても使いにくかった。選ぶときはあまり気にしていなかったが、実際使ってみると友人が持っているベビーカーはとても使いやすそうで、もっとよく選べばよかったと思った。


このポイントを重視したけど、実はあまり使わなかった…。購入時は気にしなかったけど、使ってみたら別のところが気になる…と感じたママも少なくないようです。

機能をチェックする前に知っておきたい
「ベビーカー選びの基礎知識」

買ったけど、使いづらかったらどうしよう…。そんな悩めるママ・パパが購入前に抑えておきたいポイントはどんなことでしょうか。 ベビーカーをはじめとしたベビー用品メーカーのピジョンが運営するベビーカーサイト「Happy Travel」を参考に、「ベビーカー選びの基礎知識」を紹介します。

Q.ベビーカーには「A形」「B形」があるけど、どう違うの?

ベビーカーは大きく分けて、「A形」「B形」の2つのタイプに分けられます。これは日本の製品安全協会による「SG基準(安全基準)」で定められた規格です。

大きな違いとしては、使える月齢が違うことが挙げられます。

A形
生後1カ月から使えるファーストベビーカー
使用期間:生後1カ月〜

座面がフルフラットになるので、寝かせた状態で使えます。首がまだすわっていない赤ちゃんにもやさしい乗り心地で、はじめてのおでかけや1ヵ月健診の時にも便利!

主なA形の特長
・赤ちゃんを乗せるシートが高機能
・生後1カ月から乗せられる
・長い期間使える

B形
首や腰がすわった、生後7カ月から使えるセカンドベビーカー
使用期間:生後7カ月〜

首がすわり、おすわりができるようになったら乗せられます。歩き回るようになると持ち運ぶことも多いので、軽さが重要。

主なB形の特長
・A形よりもコンパクトで軽い
・A形よりも比較的安価

ママ側・外側どっちを見る? 座面の向きの違い

赤ちゃんからは、ママの顔が見えたほうがよい? 外の景色が見えたほうがよい? 座面の向きも考えたいポイントです。

対面式・両対面式:月齢が小さい頃におすすめ
ママの顔が見えるため、赤ちゃんは安心感を得られます。両対面式のベビーカーなら、成長したらハンドルの位置を変えて背面式でも使えます。

背面式:7カ月頃〜におすすめ
外の景色に興味を持ち始める時期に。うつり変わる景色を見ることで、おでかけをより楽しめます。

Q.選ぶ際に重視したいポイントは?

人によって、もちろん重視したいポイントは異なりますが、何を重視すればよいかを迷う、という方は、「自分のライフスタイルだとどう使うことが多いのか」を考えてみましょう。住んでいる場所の環境やよく使う移動手段を考えてみると、重視したいポイントが見えてきます。

●電車やバスでの移動が多い
→カンタンにたためて軽いベビーカー
公共の交通機関を使っていると、乗り降りやエレベーター・階段での移動が多くなります。そのため軽さや持ち運びやすさ、またサッとたためると便利です。

●自動車での移動が多い
→コンパクトでたたみやすいベビーカー
自動車で赤ちゃんと移動する場合、乗り降りする度にベビーカーをたたみ、トランクや座席に収納する必要があります。車に入らない!なんてことのないよう、コンパクトでたたみやすいかがポイントになります。

●徒歩での移動が多く、自宅周辺や移動先にデコボコした路面が多い
→赤ちゃんの乗り心地と、ママ・パパが押しやすいベビーカー
舗装されていても、アスファルトや石畳のちょっとしたデコボコでけっこう衝撃を受けるもの。赤ちゃんの乗り心地はもちろんのこと、ママ・パパがスムーズに押しやすいかがポイントになります。 ピジョンのベビーカーの場合、「シングルタイヤ」がオススメです。

シングルタイヤって?

ピジョン独自の押しやすさにこだわったタイヤ。小回りが利くため曲がりやすく、デコボコの路面でもタイヤがブレにくいので、思い通りにスイスイ進めます。

●移動中、段差を越えることが多い
→引っかかりが少ない、タイヤのサイズが大きいベビーカー
タイヤの径が大きいと、軽く押すだけでスムーズに歩道などの段差を上がることができます。自宅やよく行く場所の道路環境は、ぜひチェックしてみましょう。

●普段、持ち運ぶ荷物が多い
→収納部が大きいベビーカー
自分の荷物だけでなく、おむつや哺乳瓶、だっこひもなど赤ちゃん用の荷物を入れると、マザーズバッグは大きく重くなりがち。ベビーカーのカゴに必要な荷物が乗せられると便利です。

ベビーカーは、大事な赤ちゃんの乗り物であり長く使うものだからこそ、しっかり選んで購入したいもの。自分の場合は何を重視するかを考えて、ぜひぴったりのベビーカーを選んでください。

ピジョンが運営する、ベビーカー「Happy Travel」
ベビーカーが当たる!春のおでかけキャンペーン実施中!

それぞれのライフスタイルによっておすすめのベビーカーは違います。あなたはどのスタイルが多い? 質問に応えてベビーカーを当てよう!

▼プレゼント商品
fino(フィーノ) ストライプネイビー 1名様
PATTAN(パタン) グリーンドット 1名様 が抽選で当たります。


外れた方にはWチャンスでおしりナップ 1箱 10名様 が当たります。
※発送は5月下旬ころを予定しております。

▼対象
どなたでもご応募できます

▼申し込み方法
ピジョン「Happy Travel」の特設サイトよりご応募ください
応募締め切り:2018年5月7日(月) 10:00

>>応募はこちらから<<


クリックで応募ができる特設サイトへ

もっとベビーカーのことを知るなら
「Happy Travel」をチェック!

ピジョンが運営する、ベビーカーの知識や商品紹介のWebサイト「Happy Travel」
街中にありそうなデコボコな路面を再現したブースで、実際にベビーカーの押し比べができる走行体験会の案内も行っています。ベビーカー選びをする前に、ぜひチェックしてはいかがでしょうか。

【ベビーカーに関するアンケート】
調査時期: 2018年3月2日~2017年3月12日
調査対象: マイナビニュース会員(既婚女性限定)
調査数: 500人
調査方法: インターネットログイン式アンケート

[PR]提供: ピジョン