30~40代男性の皆さん。

そんな風に、最近若い頃と比べて体力が低下したと感じることはありませんか?というのも、ほかの世代と比べて働き盛りの30代後半~40代前半の体力が低下傾向にあるとスポーツ庁の調査でわかったのです。

  • 体力テスト合計点の年次推移。スポーツ庁調べ 2016年度「体力・運動能力調査」

それを受け、今回マイナビニュースでは、男性ビジネスパーソン734人を対象に「体力低下の悩みに関するアンケート」を実施。本記事では、その結果から垣間見えた「体力低下」に関するユーザーの生の声と、忙しい日常にも気軽に取り入れられる「運動法」をお届けしていきます。

体力低下を感じ始めるのは30~40代

アンケートで「体力の低下を感じ始めたのは何歳頃からですか?」と聞いてみると、30~40代と答えた人は全体の約75%にも上りました。多くの人が、30~40代から体力の低下を感じ始めるようです。一方で、体力の低下を感じてはじめているにもかかわらず、30~40代の大多数が、日常的に運動をする頻度が少ないことも判明しました。

運動したくても、なかなか時間が作れない……では、どうする?

「健康のために運動しないといけない」。そう頭では理解していても、運動する時間をなかなか作れない現状があるよう。30~40代男性といえば、一般的に平日の日中は仕事で忙しく、共働きの家庭が多くなった今、帰宅後や休日は家事や育児にも手を取られがち。このような時間的余裕のない状況では、いくら運動したくても、ジムに通い始めたり、スポーツに挑戦したりするのはなかなか難しいものです。

そこでおすすめしたいのが、日々の生活を変えないまま、“ちょっとした運動”を日常生活の中に取り入れること。「たった、それだけ?」と思われるかもしれませんが、毎日、少しずつでも運動することが大切です。これまでのライフスタイルを変えることなく、ほんの少しの工夫で改善を図れるのであれば、無理なく続けることができるでしょう。

この“ちょっとした運動”を実際に日常生活に上手に取り入れている人の声をもとに、いくつかご紹介します。


1.通勤の時に徒歩を取り入れている。一駅前で降りて歩いている…38歳・男性

アンケート結果で最も多かったのは「歩く」こと。最近では、リュックを通勤カバンにしたり、通勤時にはスニーカーを履いたりするビジネスパーソンをよく見かけるようになりました。以前のビジネススタイルに比べて動きやすさが増した分、毎日の通勤に歩くことを工夫して取り入れている人も多いようです。仕事の行き帰りは一駅前で降りて歩いてみませんか?毎日、一駅分でもしっかり歩くようにすれば、その運動効果は侮れません。

なお、歩くときは、姿勢がポイント。背筋を伸ばして顎を引き、目線をまっすぐにして腹筋に力を入れてください。体幹を意識して歩くことで、得られる効果は違ってくるようです。

通勤環境も昔と大きく変わっている今、それぞれの環境にあった形で“ちょっとした運動”を取り入れられるといいですね。


2.エスカレーターを使わずに、なるべく階段を使うようにしている…33歳・男性

日常に取り入れているちょっとした運動で次いで多かったのが、「階段」での運動。エスカレーターやエレベーターが当たり前のこの時代。数えたことはないと思いますが、日常の導線に多く存在しており、通勤中や移動中、階段を使うようにするだけで得られる運動効果は違ってきます。

「さすがに階段を上るのは体力的にきつい」というのであれば、下りるときだけでも階段を使うようにしてみましょう。体感的には上りよりも楽ですが、階段は下りるときのほうが筋肉をしっかり使っていて、高い運動効果を期待できるそうです。このとき、重要なのは足腰をきちんと意識すること。鍛える筋肉をしっかり意識すれば、より効果を見込めるようです。

“ちょっとした運動”と合わせて飲んでおきたい!
キリン「アミノサプリC」

そして、運動と合わせて、こまめに水分補給することも欠かせません。毎日の生活の水分補給におすすめなのがキリンの「アミノサプリC」。1本当たりに「回復系アミノ酸オルニチン400mg」と「ビタミンC 1000mg」という2種類の成分を配合した健康飲料。甘すぎないレモン&アセロラ味で、さっぱり飲むことができるのも特徴。運動と合わせて継続的に飲めば、健康状態を維持することができます。
※オルニチンは体内で使われても自らがオルニチンに戻るので回復系アミノ酸と呼びます。

ちなみに、「アミノサプリC」は、このようなシーンで飲まれている様子。生活のリズムや食生活の乱れを気にする現代人の健康をサポートしてくれます。運動シーン以外にも、普段の水分補給でも飲まれている方も多いようですね。


管理栄養士もオススメする「アミノ酸」に秘められたチカラ

管理栄養士・圓尾和紀さん

“日本人の身体に合った食事を提案する”フリーランスの管理栄養士・圓尾和紀さんにもアミノ酸について聞いてみました!

「アミノ酸は体重の約20%を占めるたんぱく質を構成する成分で、筋肉だけでなく内臓や皮膚にも存在するため、体力や健康の維持にも関与する重要なものです。オルニチンもアミノ酸の一種で、身体の健康をサポートしてくれます。アスリートだけでなく、日々忙しく仕事をする方の日常生活にも役立つ栄養素と言えますね」

“ちょっとした運動”とアミノサプリCで、これからもアクティブに!

働き盛りで何かと忙しい30~40代。なかなか運動の時間を作れず体力の低下傾向が顕著ですが、“ちょっとした運動”なら無理せず取り入れることができるはず。一度、ご自身の生活習慣を見つめてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、本記事でご紹介した運動を、俳優のムロツヨシさんが実践した動画が公開されています。ぜひ、参考にチェックしてみてください。あなたの日常に取り入れられる最適な運動法が見つかるかも?

※1
【体力に関するアンケート】
調査時期 : 2018年2月21日~2018年2月23日
調査対象 : マイナビニュース会員(有職者男性限定)
調査数 : 734人
調査方法 : インターネットログイン式アンケート

[PR]提供: キリンビバレッジ