こどもの将来のために考えておきたい「学資保険」。さまざまなプランがあるなか、多くのパパママはどのように選んでいるのでしょうか。来月出産を控える夫婦・ショウゴとアリサの場合は…?

こどものいる友達も学資保険に入ったって言うけど、選ぶにも選択肢がたくさんありすぎて分からないよー!

へんもど…返戻率(へんれいりつ)(※)が高いほうがいいような気もするけど、いくら準備すればいいかもわからないまま契約してよいものか…何を基準に判断すればいいんだー!?

※返戻率≒受取学資金総額÷払込保険料総額×100(小数点第2位以下切捨)

あれ…なにか聞こえる…?

が、学資保険の神様…!?

おお…!

いらっしゃい~。学資保険の事を考えていたら煮詰まっちゃいまして…

マリ姉さん、どうやって選んだの?

よしよし、「3つの考え方」をひとつづつチェックしてみようか

教育資金がいつまでにいくら必要か知るべし

教育資金っていくらくらい必要だと思う?

うーん、ざっくり1,000万円くらい?

ざっくりすぎない?

自宅からの通学だとして、幼稚園から大学まで公立だと約1,142万円、小学校と中学が公立で幼稚園・高校・大学が私立だと約1,585万円

いっせんごひゃくまん! ひえー…

覚悟はしてたけど、こどもを育てるってお金がかかるなあ…

貯めつつ生活できるのか検討すべし

もしも小学校と中学だけ公立、あとは私立の場合のパターンだと、18歳までに1,585万円準備しないといけないから…

年間で約88万円準備する必要があって、月額約7万円…
7万円…!?

ショウゴ、もうスマホもタブレットもパソコンも今あるものを大事に使お…?

それは無理…!

教育資金のすべてを学資保険で準備する必要は無いかもしれないわね。ボーナスとかの臨時収入があるタイミングで、大きく増やしてもよいし

お義姉さんはどんなペースで教育資金を準備しているんですか?

実際に、学資保険に加入している先輩パパママが多く選んでいるのは、10年で200万円を準備するプラン、というデータもあるみたい。

なんで200万円にしたの?

教育資金が比較的かからない中学入学までの間に、私立大学に4年間通った場合にかかる平均的な教育資金(約400万円)(※)のだいたい半分を学資保険で準備しよう

と考えたんだよね

※私立大学等の平成28年度入学者に関わる学生納付金等調査結果について

なるほど。でもそれだったら学資保険でなくて、貯金で準備するのも手堅いかもなあ

貯金も選択肢のひとつかもしれないけど、学資保険のメリットは、「万が一の時にこどもの教育資金を守れる」ということかな。
もしもパパママが亡くなった場合、以後の保険料の払込が免除されて、保障内容はそのまま継続されるしくみがあるの

あまり考えたくないけど、万が一パパや私が働けなくなったときのことも考えないとね…

私の家の場合、ソニー生命の学資保険のプランでシミュレーションをしてみて、受取学資金総額200万円・保険料払込期間は10年の場合で107.2%の返戻率が魅力的だったソニー生命の学資保険(無配当)Ⅲ型を契約したわ。
保険料が毎月1.6万円以下でおさえられたところが家計にあっていたの(以下のプラン)

ちなみに、大学入学までの18年間で教育資金を準備するパパママには、このプランも選ばれているよ。

■学資保険(無配当)について
◎ご契約条件によっては返戻率103.8%を下まわる場合があります。受取学資金総額は、進学学資金を自動据置しない場合を例示しています。
◎保険期間中に契約者が万一の場合、以後の保険料の払込は免除されます。
◎保険期間中に被保険者(お子さま)が死亡された場合、死亡給付金として既払込保険料相当額が支払われます。
◎このほかに、中学〜高校〜大学など進学時の教育資金を総合的にご準備いただけるⅠ型と大学など進学時の教育資金に重点を置いてご準備いただけるⅡ型もあります。
◎上記は、商品の概要を説明しています。詳しくは「商品パンフレット」「ご契約のしおり・約款」、学資金等の支払対象となる事由および支払条件につきましては、「契約概要」「注意喚起情報」を必ずご覧ください。
商品パンフレット 学資保険(無配当)(300KB)

このソニー生命のシミュレーション、こどもと契約者の生年月日・性別を入れるだけでいろんなプランを出してもらえるんだね

一瞬で出してもらえるから、簡単だなあ

教育資金以外に必要なお金を考慮すべし

学資保険の選び方は分かったけど、足りない分は自分たちで準備しないといけないよね。結局、生活の色々なことを我慢しなくちゃいけないのかなあ…

親の介護があるかもしれないし、家を買うかもしれないし、これからどのくらいお金が必要なのかもはっきりしないよね。うーん

というか、ほんとうにみんなが選んでいるという理由だけで学資保険をきめてしまっていいのかなあ?お義姉さんの家とくらべても、こどもを産んだ年齢も収入も違うし…

必要な教育資金や、家計の事情はそれぞれだもんね。
自分の家に合った学資保険をどうするか悩んだ時に、私がソニー生命を選んだ決め手は、各家庭専属のライフプランナーから自分にあった学資保険を提案してもらえたからなの

ライフプランナーと話しながら、家庭ごとのライフイベントを考えたり、それを元に生涯の収支シミュレーションを出してくれるの

学資保険の相談なのに、ここまで聞けるの!?

そうなの。家計にあった学資保険を提案してもらえるから、契約時にも納得感があったわ

でもいちいち会うのは面倒くさいし、自宅に呼ぶのはちょっと抵抗があるなあ…

そうだよねー。私も掃除が面倒で、近所のカフェを指定したよ。場所や時間は融通がきくし、ネットで資料を取り寄せたり見比べるより楽だったな。

休みの日じゃなくて、仕事の昼休みとかに来てもらえばラクかもだなあ。

そうそう。お金の話だし、なるべく周りに人がいない場所だといいかもね。

ライフプランニングの表も、いつごろにどんなイベントが起きるか、見据えて置くとお金の使いみちも考えやすいね

毎年スマホを買い替えるイベントも入れたいな~…なんて…

それは要相談で

それと、保険以外にも家計の相談にものってもらえるよ

この収入シミュレーションも、見ているとちょっと不安になってくるなあ…

当たり前だけど、定年後に収入がガクンと落ちるねえ。将来に向けてどうやって資産を守ったり増やしたりするか、考えるきっかけになりそう

学資保険の選び方に気付いたショウゴとアリサ。次の週末、ソニー生命のライフプランナーに相談してみるようです。

たくさんプランのある学資保険から、自分の家庭にあったものを選ぶのは悩ましいもの。でも選び方のコツやライフプランナーに相談しながら、自分にあった学資保険を見つけてみてはいかがでしょうか。

[SL17-7216-0472]

学資保険のことをもっと調べるなら
ソニー生命「学資金準備スクエア」のWebサイトもチェック!

▼読後アンケートにご協力ください
当記事の感想や、学資保険に関するご意見をお聞かせ下さい

[PR]提供: ソニー生命保険株式会社