源泉数が多く全国的にも人気の温泉地が集う九州は、羽を伸ばす旅にうってつけ。なかでも熊本県の黒川温泉と大分県の由布院温泉は情緒あふれる温泉街として知られている。熊本までは羽田から約2時間、関西・伊丹からは約1時間と、各空港からのアクセスが良好なのも魅力的。そこで、航路とレンタカーを利用するおすすめの九州旅行プランを紹介する。

九州有数の温泉地黒川・由布院をレンタカーで周遊

県を跨ぐ黒川温泉と由布院温泉だが、県道11号線通称「やまなみハイウェイ」を利用することでアクセスは至便(直行であれば約1時間で移動可能!)。熊本益城空港でレンタカーを借りて黒川へ行き、そこからやまなみハイウェイを抜けて由布院へ。大分空港でレンタカーを乗り捨てて帰路につくというコースなら1泊2日で2つの人気温泉地を堪能できる。

黒川温泉までの道のり

熊本益城空港から黒川までは一般道で1時間20分ほど。右手に阿蘇山、正面に九重連山を眺めながら車を走らせれば、あっという間に情緒あふれる温泉街へとたどり着く。また、道中には道の駅大津や大観峰、阿蘇神社、など阿蘇の様々な観光スポットが点在するので、時間の許す限り立ち寄ってみよう。

自然に囲まれた温泉郷、黒川温泉

清流・田の原川沿いにあり、美しい樹木に囲まれた温泉街が黒川温泉。川のせせらぎに耳を傾けながら、四季折々の景色を眺めてゆっくりと散策を楽しみたい。

散策の前には「入湯手形」を入手するのがおすすめ。黒川温泉には旅行者が利用できる立ち寄り湯が多数あり、手形があるとその中から3カ所を選んで入湯することができる。手形は各旅館や旅館組合にて1,300円(税込)で販売されている。黒川温泉には7種類もの多彩な泉質が揃っていることも魅力のひとつ。湯めぐりでその違いを存分に味わってみて。

温泉街には食事処や土産店も多く並んでいて、中には入湯手形を見せるだけで特典が受けられる店舗もある。湯めぐりの合間には、ぜひともご当地グルメの食べ歩きや土産店めぐりも併せて楽しみたい。

使用後の手形は温泉街にある地蔵堂に奉納することができる。境内には手形に押す祈願用のスタンプが用意されており、お地蔵さまが願いを叶えてくれるとも言われている。ここに祀られているのは黒川温泉発祥の逸話が残されている首なし地蔵で、黒川の歴史に触れられるスポットでもある。散策がてら立ち寄ってみてはどうだろう。なお、手形は奉納せずに旅の記念として持ち帰ることもできる。

絶景スポットが連続するやまなみハイウェイ

黒川温泉から由布院温泉まで、相当な距離があると思っている人も多いだろう。しかし実は「やまなみハイウェイ」を利用すれば1時間ほどで到着する。山の中を抜けていくこのルートは、日本百名道にも選ばれるほど絶景スポットが揃っていて、車窓に広がるパノラマが心を癒してくれると人気。由布院までまっすぐ抜けても良いが、各スポットに立ち寄ればより一層大自然を満喫できるドライブになる。

黒川温泉を出て15分ほどで見えてくるのは標高1,333m、やまなみハイウェイ最高地点にある牧ノ戸峠だ。久住山への登山口にもなっていて、休日には多くの登山客で賑わっている。登山口の対面には展望台があり、九州随一の高山地帯である九重連山や、熊本が誇る名峰の阿蘇五岳を一望できる。また、広い駐車場が整備されていて、売店やトイレも併設されている。

登山口から20分ほど登っていくと、第1、第2展望台に到着する。ここまでは軽装でも登れるように整備された道が続いているので、展望台からの雄大な自然の風景を眼下に望んでみてほしい。心が安らぐひとときとなるはず。

次に出迎えてくれる絶景スポットは、タデ原湿原。約38ヘクタールと国内最大級の面積を持ち、希少な植物や生き物が多数生息する。2005年には、国際的にも重要な湿地としてラムサール条約に登録された。

湿原と周辺の森林内には自然研究路が設置されていて、誰でも自由に散策することができる。20分・40分・60分の3コースが設けられているので、自身の体力や旅行のスケジュールに合わせて散策すると良いだろう。タデ原の上に通された木の道を歩いていると風が草花の香りを運んできて、どこか晴れやかな気持ちになる。

さらにそこから車で10分ほど移動すると、朝日台レストハウスに到着する。ここはやまなみハイウェイの開通と同時に創業した趣のある老舗ドライブイン。牧ノ戸峠同様ここにも展望台が隣接していて、九重連山やその北側に位置する広大な飯田高原を一望できる。 また、だんご汁や豊後牛といった大分のご当地グルメが味わえるレストランも併設されている。のどかな風景を眺望しながら地場の食材を頂くという贅沢が楽しめるスポットなのだ。

再度車を10分ほど走らせると辿り着くのが、山下湖。農業用水、発電用水のために作られた人造湖で、東側には天然湖の小田の池が隣接している。湖をぐるりと取り囲む遊歩道は全長約4kmで、バードウォッチングや自然観察を楽しむことができる。杉や檜、松林に囲まれていて森林浴を堪能するには最適なスポットだ。

由布院温泉へ到着!

やまなみハイウェイを抜ければすぐに由布院温泉へと到着。由布院駅からまっすぐ行ったところには湯の坪街道という観光名所があるので、車を止めて歩いてみてほしい。土産店やレストランがいくつも軒を連ねていて、風情ある店構えを眺めているだけでもわくわくしてくる通りだ。食欲をそそるいい香りを漂わせている店も多く、食べ歩きも満喫できる。

このルートを30分ほど歩いて行けば、神秘的な雰囲気が魅力の観光スポット金鱗湖へと到着する。周辺に生い茂る樹々たちが水面に映りこみ、四季を通じて様々な表情を見せてくれる。

歴史ある建物が多く残る由布院温泉では、神社仏閣巡りもおすすめしたい。街中を走る観光辻馬車でも佛山寺と宇奈岐日女神社という2つのパワースポットを訪れることができる。由布院駅を出発し約50分かけて駅に戻ってくるルートで、各スポットに10分ほど停車してくれるので、その間に見学が可能だ。

のんびりと馬の速度で進む馬車に乗り、街並みを少し高い目線から見渡していると、徒歩や車とはまた違う面白さがある。観光客に人気があり、定員が埋まってしまうことも珍しくない。駅構内で当日のみ予約を受け付けているので、早めに確認しておこう。

由布院温泉を訪れたらその穏やかな景色をぜひとも堪能してもらいたい。

宿泊について

黒川にも由布院にもそれぞれの魅力があり、宿泊場所にどちらを選んでも旅の思い出を彩ってくれることは間違いない。旅行のスケジュールや好みで選ぶと良いだろう。

黒川温泉の宿では、立ち寄り湯以外に宿泊者専用の湯を設けているところがほとんどで、違った楽しみ方ができるのも嬉しい。また、冬から春にかけては夜になると温泉街がライトアップされ一段と幻想的な雰囲気が味わえる。

由布院温泉の宿は繁華街から少し外れたところにあることが多く、のんびりと過ごすことができる。また、由布院盆地では秋から冬にかけて朝霧が発生する。霧がかかった街や金鱗湖の神秘的な姿には一見の価値があるだろう。

由布院温泉を出発! 大分空港までの道のり

由布院温泉から大分空港までは高速道路を利用して車で50分ほど。一般道を使っても1時間20分ほどなので、時間に余裕があれば道の駅ゆふいんや由布川峡谷などに立ち寄ってから空港へ向かうと、より満足度がアップする。

大分空港到着、帰路へ

大分空港にはなんと足湯があって、最後まで温泉の旅を満喫できる。展望デッキから眺められる大海原や四国も絶景なので、ぜひ上がってみてほしい。早めに空港へついても施設が充実しているので安心だ。熊本益城空港から旅路を共にしてきたレンタカーとは、大分空港でお別れしよう。

やまなみハイウェイで結ばれていて1時間で行き来ができ、道中にも様々な観光スポットが存在する黒川温泉と由布院温泉。レンタカー利用ならではの自由なスケジューリングで、1泊2日の旅を堪能してみては?

由布院と黒川温泉についてもっと詳しく知りたい方は……

・由布院はこちら⇒【由布市まちづくり観光局】
・黒川温泉についてはこちら⇒【黒川温泉観光旅館協同組合】

[PR]提供: プロジェクトクリック