「企業に求められる」「価値のある」エンジニアとして成長し続けていくには? 漫然とプログラミングをしているだけではなく、戦略的なキャリア設計を考える必要がある。変化が激しいIT業界のなか、数年、十数年単位で自分の将来像を見据えるためにはどうすればよいのだろうか。

そんな迷えるITエンジニアに向けて、数多くのプログラミング書籍を手がけてきたマイナビ出版の編集者がイチオシの書籍を紹介する当連載。第4回は、『AIを学ぶITエンジニアに読んで欲しい書籍』として、4冊の書籍を紹介する。

数式で詰まった方に!
エンジニアの考え方に沿った「数学の考え方」

『やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん』
著作者名:LINE Fukuoka株式会社 立石 賢吾
電子版:2,786円/ 発売日:2017年09月20日
『Tech Book Zone Manatee』で詳細を見る

▼該当者には上記書籍を無料進呈
ITエンジニア学習支援プログラムはこちら

最近、さまざまな機械学習の本が発行されていますが、「この機械学習の本はわかりやすい!」と言われて読んでも、中身が数式だらけでわからない…という人もいるかと思います。
機械学習やディープラーニングの本って、多かれ少なかれ数学が出てきてしまうんです。読んでいても「この数学記号の意味ってなんだったっけ?」といった基本的なところでつまづいてしまったり。『やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん』は、そういった機械学習の数式にモヤモヤしている方にぜひ読んでいただきたい一冊です。機械学習で扱う回帰や分類の具体的な題材に対して、解決方法となる数式の形を説明していきます。
また、エンジニアの方は読むだけでなく、「とりあえず試してみよう」「作ってみよう」と手を動かしてみて納得感を高めるところがあるかと思います。この本も、最終章ではPythonでの実装方法を紹介しています。なので、仕事で今すぐ機械学習の知識が必要な方はもちろん、とりあえず押さえておきたいから試してみようかな、という方のニーズにも応えられる本です」(担当編集:I)

リカレントネットワーク(RNN)の理論&実装を学ぶなら

『詳解ディープラーニング』
著作者名:巣籠悠輔
電子版:3,672円/ 発売日:2017年05月30日
『Tech Book Zone Manatee』で詳細を見る

▼該当者には上記書籍を無料進呈
ITエンジニア学習支援プログラムはこちら

「詳解ディープラーニング」では、時系列データを扱うための「リカレントニューラルネットワーク(RNN)」を解説しています。ディープラーニングを扱った書籍にも様々なものがありますが、本書は言語や株価など時系列でデータが推移するものの予測に役立つRNNについて特に取り上げています。著者の方とどんな本を作るか相談した時に、RNNを扱ったディープラーニングの本はまだないが、これから重要になっていくるという話になり、一気に執筆していただけました。
PythonライブラリのTensorFlowとKerasを使った実装を解説しているので、手を動かして身につけられるところもポイントです。(担当編集:Y)

ニューラルネットワークとは? 入門者にオススメの一冊

『ニューラルネットワーク自作入門』
著作者名:Tariq Rashid
電子版:2,905円/ 発売日:2017年04月28日
『Tech Book Zone Manatee』で詳細を見る

▼該当者には上記書籍を無料進呈
ITエンジニア学習支援プログラムはこちら

数学を使わずなるべく言葉で解説している、初心者の方にも読みやすいニューラルネットワークの入門書です。翻訳本で、原本も海外で評判の良い書籍です。
ニューラルネットワークってどういうもの?という、初歩の初歩から知りたい方に読んでいただきたいですね。多少は数式も出てきますが、一次関数ぐらいから始めているのでわかりやすいかと思います。 最後は、手書きの数字を認識するニューラルネットワークをPythonで実装します。ニューラルネットワークを学びたい方の最初のとっかかりとして、この一冊でその理解と体験ができますよ。(担当編集:Y)

楽しみながらPythonを学ぼう!

『実践力を身につける Pythonの教科書』
著作者名:クジラ飛行机
電子版:2,786円/ 発売日:2016年10月26日
『Tech Book Zone Manatee』で詳細を見る

▼該当者には上記書籍を無料進呈
ITエンジニア学習支援プログラムはこちら

プログラミング経験のある方が、楽しみながらPythonを学べる一冊です。Pythonはアメリカでは結構前から人気の言語なのですが、日本ではなかなかメジャーになれない状況が続いていました。でも去年くらいからAIのブームに乗って皆さんPythonの書籍を読み始めています。そういった背景から、プログラミング初心者はもちろんですが、 既にプログラミング経験がある人で、新しくPythonをやってみようと思う方にも楽しみながら学んでいただけるように配慮して作りました。サンプル一つ一つが短くてすぐに動かせるものを用意したので、どんな文法があって、どんな時にそれを使うかが理解しやすくなっているかと思います。
また後半の実践編・応用編では機械学習で判定をするプログラムなど難しい話も入れています。1回目は難しい部分は読み飛ばして基礎を理解し、理解を深めてから二回目を読んで高度なことに挑戦する、というように、スキルアップしていけるような構成にしています。(担当編集:I)


人工知能の学習にオススメの4冊、いかがだっただろうか。ぜひ自身のスキルアップに役立ててほしい。

また、現在マイナビニュースとマイナビエージェントが実施している『ITエンジニア学習支援プログラム』では、今回ご紹介した書籍を含めたマイナビ出版のプログラミング書籍からお好きな3冊をプログラム該当者の方に進呈している。今回ご紹介した書籍も進呈の対象となっているので、ITエンジニアとしてのスキルアップに役立てていただきたい。

人気のプログラミング書籍を3冊進呈!
『ITエンジニア学習支援プログラム』

当プログラムは、「日本のITエンジニアの技術力向上」ならびに「キャリアパスの改善」にご賛同いただいた協賛各社のサポートを受け、マイナビニュースとマイナビエージェントが共同で運営する教育支援プログラムです。
該当者の方にはマイナビ出版が発行するエンジニア向け電子書籍(詳細はこちら)からお好きなもの3冊を進呈いたします。
※応募内容を精査の上、プログラム該当者の方にはマイナビエージェント担当者より電話・メールにてご連絡を差し上げます。

■プログラムの応募はこちら ※マイナビエージェントのフォームに移動します。


■書籍リスト一覧はこちら

■協賛企業


■応募要項
▼応募期間
2018年3月31日 23:59まで
※規定数に達し次第終了いたします。ご了承ください。

▼進呈内容
マイナビ出版が発行する所定のエンジニア向け書籍(電子版)からお好きな書籍を3冊。
※マイナビ出版の運営する電子書籍ストア「Tech Book Zone Manatee」からのダウンロードとなります。

▼応募方法
応募フォームより、個人情報を入力しご応募ください。

▼プログラム該当者への連絡
応募内容を精査の後、マイナビエージェントより電話・メールにてご連絡を差し上げます。

▼該当条件
・マイナビエージェントからの連絡後、マイナビエージェントキャリアアドバイザー(※1)との面談にご対応いただける方、転職支援サービスを利用していただける方
・日本国内にお住まいの方
・20代~40代で、ITエンジニアとして一定の従事歴を有し、技術スキルを保有されていると思われる方
※1 マイナビが運営する職業紹介サービス「マイナビエージェント」に所属するIT領域に特化したアドバイザーです。お仕事に関する多様な相談に対応いたします。

▼個人情報の取扱いについて
詳細は、応募フォーム上の個人情報の取扱事項をご確認ください。


[PR]提供: Sky株式会社、株式会社デンソー