子育てと仕事の両立は、働くパパママにとっては気になる問題。 つい先日、息子を保育園に入れることができて、育休から復帰したばかりのママ・あみも子育てと仕事の両立が気になる一人。今日はママ友でもある会社のマチコ先輩に、復職の報告がてらランチをするはずが、どうもお疲れの様子で……?

登場人物

あみ
息子が先日1歳に。生まれる前から保活を頑張って、息子は家からやや離れた保育園に入園。
東京都23区内在住、新宿の会社で営業事務をしていて、今は時短勤務。送り迎え&通勤は大変…。


マチコ先輩
あみとは仕事でも子育てでもよき先輩後輩。来年小学生になる娘がいる。東京都町田市在住、新宿の会社で営業事務をしている。
主人公が復職して嬉しいが、大変そうだなと思っている。


保活も終わって復職した…けれど?

保活が終わった! やった! と思ったのに、その後も思うように行かなくて……
まだ私の知らない大変なこと、きっとあるんですよねえ。


育休から復帰した後も、疲れた顔していたから心配だったんだけど……
実際に子育てしてみると、想像していた以上に大変なこともあるよね。お子さんがいるマイナビニュース会員の方431人にご協力いただいて、子育てと仕事の両立で大変だったことを聞いてみたわ!


先輩! 教えてください!


「子育てと仕事を両立」する上で、大変だったことはなんですか?

●朝4時半に起床して食事の用意や身支度して子供を保育園に預け、1時間半の通勤をして職場に着いたと同時に、保育園から子供の体調不良で呼び出しがあったとき(30代、女性)

●妻の負担を少しでも減らせるよう、朝は長男の歯磨きや着替えをさせつつ始業時間より1時間早く出社して、子どもの就寝前の歯磨きや寝かしつけに間に合うように残業を減らせるようにしている。(30代 ・男性)

●突然休みになっても周りに迷惑がかからないよう、常に事前準備に余念がない(30代・女性)


私の条件は、保育園からも駅からも遠くないところですね! あと、会社のある新宿まで30分くらいで通勤できて、病院も近いといいし、子供と遊びに行ける公園が近くて、駅前で買い物ができて近所に大きめのスーパーもあって……あとは……


(意外と欲張りね……)子育ての先輩パパママが重視した、住む場所の条件を見てみましょうか!


仕事と子育てを両立する上で、住むエリアを決める際にあれば良い条件は何ですか?

●小学校の途中で転校しないように、幼稚園のときに引っ越してしまった。(男性・40代)

●子育て世代の人たちが多い環境。みんなお互いさまなので温かい目でみてくれる。(女性・20代)

●育児と仕事以外の無駄な時間が掛からない環境。(女性・40代)


せ、先輩、どうしたんですか急にキャラが変わって!?
というか、町田って東京の中でも神奈川寄りだし、ちょっと23区内からは遠いイメージが……


ちょっと待って! そう考えるのはもったいないわよ!
よく知れば、子育て夫婦にぴったりな街だって思うはず!


ええっ!?


「町田」は子育てしやすい「まちだ」!

まずは町田が子育てしやすい理由から。町田ならではの特徴は、大きくこの3つね。


「住む場所を決める際の条件」のアンケートでも条件の上位にあったけれど、町田市ももちろん、子育て世 代に対して色々と行政のサポートがあるわ。特に特徴的な取り組みが、「送迎保育ステーション」と「学童保育」よ。


私の子供はまだ1歳だけど、あと5年もしたら小学生……そうなると、学童保育も考えたくなりますね。


●保育園の送迎は町田駅近くで!『送迎保育ステーション』
2017年10月から始まった『送迎保育ステーション』。町田駅の近くから、指定の保育園に子供を送迎する取り組みです。朝、通勤前に送迎保育ステーションにお子さんを預けて、帰りも送迎保育ステーションでお子さんをお迎えと、保育園の送り迎えにかかる時間を短縮できます。

●ほぼ全員入れる『学童保育』
小学校に上がったら、放課後は学童保育に通うことになるかもしれません。実は、自治体によっては学童保育の確保も抽選になるところも。町田市の学童保育は、申込期間中に申し込めばほぼ全員入れることが特徴です。また、学校の敷地内に併設されている学童保育も多いため、放課後に学校から学童まで行く距離が短い点も安心できるポイントです。

●自然に親しむ! 町田駅近くの『芹ヶ谷公園』
小田急線・JR町田駅から徒歩13分の「芹ヶ谷公園」は、町田市民の憩いの場。大きな噴水オブジェや、木に登ったり秘密基地を作ったり自由に楽しめる冒険遊び場など、親子で楽しめる公園です。

「町田」は通勤もしやすい「まちだ」!

通勤もしやすいと嬉しいですけど、どうですか?


実は町田市って、新宿も横浜も近いの。しかも、2018年からはもっと快適になっちゃう! それはね……


●ダイレクトに都心へ!新宿まで直通で約30分!
小田急線を使えば、町田駅から新宿駅まで直通で31分(小田急線快速急行利用時)。 町田駅ならJR横浜線も使えるため、横浜にも直通で約30分(JR横浜線快速利用時)。 さらに、2018年3月には、小田急線の複々線化により、朝のラッシュピーク時が48分から38分に短縮。混雑も緩和されるため、より通勤しやすい環境になります。

●駅ビルや商店街が充実。お買い物は町田駅周辺で
町田駅周辺は商業ビルや商店街が充実しているため、通勤帰りに買い物をしやすいことも特徴です。 さらに、町田市の南部に位置する東急田園都市線・南町田駅周辺では、再開発プロジェクトも。

送迎保育ステーションや学童保育で行政のサポートもあるし、通勤のアクセスも良いし、子育てしていく場所を考える良い機会になりました!


最後にこれも読んでほしいな!


町田在住のママがおすすめする、「親子で遊ぶ町田おすすめコース」も、お散歩で歩きたいですね!


子育てと仕事の両立って大変だけど、夫婦で優先したい条件を考えて、住む場所を変えることで実現できることって多いと思うの。そのひとつの答えが「町田市」だって私は思うわ!


さすが生粋の町田っ子…! でも、都心で働くパパママにとっては良い場所だなって思いました!
先輩、今度町田に遊びに行ってもいいですか?


ぜひぜひ! 芹ヶ谷公園で遊びましょう~!


まちだ子育てブランドブック

未就学児の子どもを育てているお母さんに向けた、町田市発行の子育てブランドブック。

いきいきと働き、暮らすお母さんのインタビューや、町田在住のママがおすすめする、親子で遊ぶ町田おすすめコース、町田の食の専門家からのアドバイスなど、子育て世代のお母さんのために作られました。

『まちだ子育てブランドブック vol.2』はこちらをチェック!

[PR]提供:町田市