スマートフォンやパソコンのテレビ電話などを使って診察を行う「遠隔診療(オンライン診療)」。最近ニュースなどで耳にすることが増えてきたが、実は薄毛治療の分野でも徐々に導入されつつあることをご存知だろうか。通院しないで診察を受けられる事は便利だが、実際のところはどうなのだろう。

今回マイナビニュースでは、AGA(男性型脱毛症)治療を10年以上手がける“銀クリ”こと「銀座総合美容クリニック」の正木健太郎院長に、AGA治療における遠隔診療のメリット・デメリットについて話をうかがった。

<目次>
▼薄毛が気になるマイナビニュース読者、「遠隔診療」に興味がある方の割合は……?
▼ドクターに訊く! AGAにおける遠隔診療のメリット・デメリット
▼信頼できるクリニック、選び方のポイントは?

薄毛が気になるマイナビニュース読者、「遠隔診療」に興味がある方の割合は……?

オンラインで医師の診察を受けられる……という漠然としたイメージはあるものの、そもそも「遠隔診療」はどれほど知られているものなのだろうか。 マイナビニュースでは、薄毛が気になる20代~50代の男性316名に遠隔診療に関するアンケートを実施した。(※2017年8月取得)

まずは、「遠隔診療という言葉を知っているか」という質問。
「知っている」と回答した方は約4割程度。2017年8月には厚生労働省が禁煙治療の遠隔診療を条件付きで認めるといったニュースもあり、耳にした方も多いのではないだろうか。

一方、「AGA治療で遠隔診療を導入していることを知っているか」という質問では、認知度は約13%とぐっと下がる。薄毛が気になる方でも、知っている方はまだ多くないようだ。

では、実際に薄毛の治療で遠隔診療を受けてみたいかを聞いたところ、結果は見事にほぼ半々に。
手間がかからない・便利そう、という期待がある一方で、本当にオンラインだけで診察ができるのか、という疑問や不安のコメントも寄せられた。

<やりたい・どちらかと言えばやりたい、と回答した方のコメント>
恥ずかしさも対面じゃなければ薄れるかなと思うから」(30代前半)
「オンライン診断のほうが、自分自身のプライバシーが守られるように思われるので良いと思います。専門の治療を行っている病院から遠い場所に住んでいても専門医の診断が受けられるので、ある程度は役に立つシステムだと思います」(50代前半)

<やりたくない・どちらかと言えばやりたくない、と回答した方のコメント>
「スマホやパソコンの解像度でどれぐらいの事が解るのか不明。実際に目の前で診察される方が安心感がある」(40代前半)
意思の疎通がうまくいきそうにない」(40代後半)

どちらの方からも多かった意見が「遠隔診療とはどんなものなのか、なんとなくわからない」ということ。便利そうなイメージではあるが、AGA治療における遠隔診療とはどのようなものなのだろうか。
今回、数多くのAGA治療の実績がある「銀座総合美容クリニック」の正木健太郎院長にAGA治療における遠隔診療のメリット・デメリットを聞いた。

ドクターに訊く! AGAにおける遠隔診療のメリット・デメリット

――正木先生、本日はよろしくお願いします。
よろしくお願いします。

東京・銀座を拠点にAGA治療を手がける『銀座総合美容クリニック』、正木健太郎院長

――遠隔診療の話をうかがう前に知っておきたいのですが、AGAの原因と、現在一般的に行われている治療方法とは、どんなものなのでしょうか?

AGA(エージーエー・Androgenetic Alopeciaの略)とは、「男性型脱毛症」のことです。
男性ホルモンの影響によって正常な髪の生え変わりのリズム(毛周期・ヘアサイクル)が乱れることにより、薄毛になってしまう脱毛症状です。

AGAは、男性ホルモンの影響によって正常な髪の生え変わりのリズム(毛周期・ヘアサイクル)が乱れることが原因だ。本来髪が太く大きく成長する「成長期」が短くなり、毛髪が太くなる前に成長を終えてしまうことで、薄毛になってしまう。 出典:銀座総合美容クリニック Webサイトより

現在のAGA治療の主流は、主に2つの薬剤を使用するものです。
1つはAGAの進行を予防するフィナステリドという成分が入った薬。髪に対して悪さをする男性ホルモンを抑えるための薬を服用する治療法です。
もう1つ、髪の成長を促進させるミノキシジルという成分が入った薬を使うこともあります。

――正木先生が考える、AGA治療における遠隔診療のメリット・デメリットとはどのようなものですか?

まずメリットですが、近くに専門のクリニックが無いなど「AGA治療」を受診する環境が無い方には大きなメリットがあります。また、治療中の患者さんにおいても、出張やどうしても仕事が忙しいなど、定期受診が受けられない時などには有用だと思います。AGA治療は最低でも数か月の通院が必要ですが、社会人の方は時として外せないお仕事が入ってしまう場合もありますよね。

デメリットとしては、診察における情報量がどうしても少なくなってしまうことです。毛髪の細部の状態や頭皮の状況、触感でのボリュームの変化、それから患者さんの不安の感じなど、対面しないとなかなか分からないことも多いのです。
実際にAGAだと思って来院された方が、診察を受けたら円形脱毛症や皮膚の疾患などAGA以外のことが薄毛の原因であったり、実は薄毛でなかったりする例もあるんです。

そういう点からも、最初はクリニックで直接診察をして患者さんの状態をしっかり把握する必要があると考えています。治療がある程度安定してくれば遠隔診療も十分有用な手立てになりますが、診察手段の一つですね。

なお当院では、ある程度治療が経過して効果や副作用の確認が出来ており、経過が順調な患者さんにおいて、仕事などの都合で定期の通院が難しいときに遠隔診療を提供することがあります。従来の音声通話での受診もありますが、テレビ電話を用いる場合もありますし、情報不足の補完として、専用のスマートフォンアプリを用いることもあります。

そのため、今のところ大々的に遠隔診療をご案内している訳ではありません。あくまで通院中の患者さんのうち一部適応のある方に対し、必要に応じてご案内しています。

銀座総合美容クリニックが患者に提供している遠隔診療用アプリの一部。このアプリを通して、診察に必要な情報の報告や頭髪の写真撮影・共有を行う。

――遠隔診療をしていることを大々的にアピールしない、というのはなぜでしょうか?

現状、遠隔診療というと、どうしても「最初から最後までオンラインなど通院無しで診療を終えられる」という印象を持たれている方も多いためです。

治療を行う際、「症状を把握すること」はどんな場合でも前提となりますが、対面診療が必要な時もあれば遠隔診療で十分な時もあります。それはその方の症状や経過によっても変わってきます。ですから、初診をはじめ治療が落ち着いてくるまでは、AGA治療の場合、対面での診療が必要だと考えています。
なお弊院では行っておりませんが、禁煙外来などは初診から遠隔診療が行われることも多いです。こちらの場合は「未病」つまり病気になる前の方を対象としたものなので、初診から遠隔診療、という方法に向いているのかもしれません。

信頼できるクリニック、選び方のポイントは?

――マイナビニュースでアンケート調査をした際、「遠隔診療は人に会わずに済むから恥ずかしくなくて良い」という声がありましたが、その点はいかがでしょうか。

薄毛とは、薄毛自体が恥ずかしいと思う人もいれば、時として薄毛に悩んでいることを知られるのが恥ずかしいという人もいます。後者の場合には、病院自体に行くことが嫌という文脈で、通院しないで済むことをメリットに感じる気持ちは十分にわかります。ですが、実のところ患者さんは、直接お会いすることで不安を解消する方も多いのです。対面でお話しすることにより、特別な悩みでないことをご認識頂けることもありますし、同じ悩みで通っている患者さんがいることで安心する方も多いです。当院はAGAの専門クリニックですから、他の患者の方も皆さんAGAに悩まれています。同じ悩みを持つ方がいるのだと体感することで、一緒に悩みと戦っているような気持ちになるそうです。患者さんの中には「クリニックに来ると安心できる」と言う方も多いんですよ。

――クリニックに通うこと自体も、ある意味で悩み解消の一環なんですね。
薄毛に悩まれる方は、薄毛であることで異性に好意を持たれないかもとか、他人に馬鹿にされているかもとか、社会から拒絶される不安と戦われている方も非常に多いです。私たちは、そういう患者さんを受け入れて誠心誠意をもって診察する。患者さん自身に、自分が社会に受け入れられている実感を持っていただくことも、時として治療の重要な部分だと考えています。

――遠隔診療でも対面診療でも、自分の状況を正確に判断するためにクリニックの選び方は重要だと思います。
最後に、AGA治療のクリニックを選ぶ際のポイントを教えてください。

ポイントは3つあります。
1つ目は、症例が多く、AGAの治療を専門に行うクリニックであること。
2つ目は、費用の面や治療内容といった情報の公開をしっかりとやっていること。
3つ目は、信頼感や通いやすさなど、クリニックとの相性。

この3つですね。
薄毛は、医療の進歩によって治療ができる時代になっています。クリニックに行くことが、イコール治療を始める、ではありませんので、心配な方は一度相談に行ってみるのが良いかもしれません。不確かな情報も巷には多いので、医師と話をして不安を解消するだけでも良いと思います。

――まずは信頼できるクリニックを選んで相談することが治療の第一歩ですね。今日はありがとうございました。

オンラインでの遠隔診療は、テクノロジーの発達によって急激に導入が進められている。だが、今回の話を聞いて、現状ではそれが可能なタイミングかを患者が自己判断するのは難しいと感じた。
とはいえ、遠隔診療であれ対面診療であれ、一番大事なことは信頼できる医師のもとで治療を行うことだ。どんな方法を選択するにしても、自分自身が信頼・安心できるクリニックを選ぶことが何よりも重要なのではないだろうか。

取材協力

銀座総合美容クリニック
■URL https://www.gincli.jp/
■フリーダイヤル 0120-972-335
■住所 〒105-0004 東京都港区新橋1-4-5 G10ビル9・10F
■診療時間 (完全予約制)
月/火/木/金/土 11:00~20:00 (休診日:水曜日) 日曜・祝日 11:00~19:00

提供:銀座総合美容クリニック [PR]