今回は、会計システムの会社から塗装業の会社に転職し独立した「小川建装」の小川正博社長に、塗装業界の仕事について、また地元で強く支持されるリフォーム会社を作った社長の仕事論を伺った。

これからどう働くか、今の仕事をずっと続けるのか…? そう考えて転職したいと思っている人は多いだろう。だが、給与が安定していて長く働ける仕事の多くは、経験者優遇や有資格者優先など、どうしても転職しにくいというのが実情ではないだろうか。そんな中で、未経験からの転職でも優良な条件で働くことができる業界が「塗装業」だ。今回は、会計システムの会社から塗装業の会社に転職し独立した「小川建装」の小川正博社長に、塗装業界の仕事について、また地元で強く支持されるリフォーム会社を作った社長の仕事論を伺った。

――今日はよろしくお願いします。
小川建装は八王子エリアを中心に展開している塗装業の会社ですが、社長は異業種から転職してこの業界に入ったと聞いています。もともとはどんなお仕事をされていたのでしょうか。

専門学校が電子工学科だったので、その流れで会計システムの会社に就職しました。8年ほどそこに勤めていましたが、実は特にやりたかった仕事、というわけではなかったんです。

今回お話を伺った小川建装株式会社・小川正博社長。

――会計システムの会社でずっと働く、と考えていたわけではなかったのですね。

もともと衣食住に対する興味が大きかったんです。そんなあこがれの気持ちもあって、30歳で会社を辞めたあと、東京・調布で輸入雑貨などを扱うカフェを開店しました。ただ、カフェの収入だけでは難しいこともあり、大手リフォーム会社に就職をして二足のわらじを履く生活をしていました。そこで、塗装業の施工管理の仕事をはじめました。 リフォームの仕事はおしゃれな業界なんじゃないかと思っていましたが、実際は工事の管理をしていく中で強面の塗装職人とやりとりをしたりするので、ちょっとイメージが違いましたね(笑)

――未経験で塗装業の施工管理をスタートされましたが、「施工管理」の仕事とは、どのような内容なのでしょうか。

塗装業界ではありますが、「施工管理」の仕事は自分でペンキを塗るわけではありません。住宅などの状況調査から始まり、依頼主へのヒアリング、工事予算の作成、資材手配、工期調整、工事の通知やあいさつ、進捗の管理、工事報告書の作成というのが一連の流れになります。
1日の流れとしては、朝に出勤して当日の打ち合わせをしてから、調査依頼があれば現地に調査に行き戻って書類作成をしたり、管理している物件があれば現地に進捗を確認しに行ったりします。

――塗装の仕事とは言え、自分で塗るわけではないのですね。ただ塗装職人の方とのやりとりなど、塗装の仕事は経験が必要なイメージがありますが、いかがでしょうか。

未経験だからこそ、わからないことは素直にどんどん聞くことができますし、住まいのことなどに興味があれば仕事のことはすぐ身につくと思います。職人の方も見た目と違って優しい人ばかりですから(笑)。一番必要なのはコミュニケーション能力だと思います。いい仕事をしようと思っていれば、いい関係は築けますし、義理堅い人も多いですしね。

独立のきっかけは「大手ならではのジレンマ」

――その後、大手リフォーム会社を退職して、小川建装を立ち上げられますが、独立のきっかけは?

お客さんとコミュニケーションをとって完成させていく間に、精神的にジレンマを感じるようになったんです。大手の会社なので、ある程度決まった枠組みの中でしか施工できず、職人の方ももっといい仕事がしたいと思っていても、費用や工期などから難しいことも多かった。だから、起業したいと思うようになったんです。仕事をしていく中で職人の方の仲間もできましたし、よりよい仕事をしたいと思うようになりました。職人の方と一緒にやれる会社を作っていきたいと考えました。創業当初は会社の認知度がありませんから、集客やマーケティングが一番大変でしたね。非常に難しかったです。

小川建装は八王子・横浜を中心に活動する塗り替えリフォーム専門会社。年間約300件近くの施工やリフォームを手がけている。また2017度からは不動産事業にも取り組んでいる。

――東京の西部、八王子地域、多摩ニュータウン地域ではNo.1企業(※)と伺っておりますが、ご自身ではその秘訣をどのように考えていらっしゃいますか?

自社の塗装職人が施工するから細やかな対応ができる点だと思っています。最近では、職人が自ら会社を作ってリフォームなどを請け負うことも多くなりましたが、以前はあまり自社で職人を抱えている会社は多くなかったんです。そういう意味で競合が少なかったことはあると思います。 また、大手は広いエリアを担当しますが、我々は八王子・多摩エリアの地域密着型でした。やはり塗装は景観を保つものでもありますから、私たちと一緒に多摩の街を守ろうという意識で、施工主の方にお声かけしていましたね。
※八王子地域・多摩NT地域

異業種から入った社長の「仕事論」とは?

――このお仕事をする上での仕事論はなんでしょうか。

そうですね…。「好きこそものの上手なれ」というのが私がこれまでしてきた仕事を通しての仕事論ですかね。あと、従業員には「素直に人の話を聞ける人間であれ」ということが一番大切だと思っていてほしいです。職人の方とも、お客さんとも、そこが一番大事ですから。あとは当たり前のことですけど、私たちの仕事にかかわる人がすべて幸せになれるようにと思っています。

――塗装が好きか?と聞かれるとよくわからない人は多いと思いますが、インテリアやおしゃれな建物が好きとか、この町が好き、という人は多くいそうです。この仕事は、そういう好きな気持ちを形にできる職業かもしれないですね。

ほんのちょっとしたことでもやってくれるから嬉しいと、お客様からお声をいただくんですね。従業員にそうしてほしい、と指導しているわけではないのですが、社員のみんなが自主的に対応してくれるんです。そうして幸せな気持ちになっていただけたら、また次もお願いしたいとか、お友達に紹介したいとか、次につながっていくんですよ。

――今後、小川建装としてどのようなビジョンをお持ちでいらっしゃいますか?

バリアフリーなど、生活に関わるすべてについて相談される会社になっていきたいですね。また、この付近では空き家の問題も出てきています。そのような相談にも取り組んでいきたいと考えています。この八王子・多摩のエリアは子育てには最高の街だと思うんですが、現在70代くらいのここで暮らしてきた方々のお子様世代が戻ってきているかというと、決してそうではないので。若い方からお年寄りまで住みたくなる街づくりに私たちのできることで貢献していきたいです。

――リノベーションをすることで若い方が住みたいと思える提案をしていけそうですよね。塗装業から街を考えていくのは素晴らしいと思います。最後に、塗装業に転職を考えている方にメッセージをお願いします。

経験がなくても、素直にコミュニケーションをとれる人であれば成功できる職種だと思います。お客様や施工スタッフとのコミュニケーションをしっかり行って、ひとつになって仕上げていく仕事なので、感謝されることも多いですし、やりがいのある仕事ですね。 それに、業界に若い世代が少ないからこそ、成功できる可能性も高いと考えています。人手不足の業界なので、施工管理のスキルを身に着けてしまえば転職先もたくさんありますし、業務委託やのれん分けのような形で独立できるようなケースもあると思いますよ。

また、やはり20代・30代の世代の方は、我々の世代に比べてWebや電子機器の扱いに長けた人が多いですよね。例えば極端なことを言うと、現場の進捗管理や報告をスマホで行っても良いと思うんです。写真のやり取りもできますしね。そういった取組みはまだまだこの業界は遅れています。新しいやり方をしていけば、この業界は革新的なことが起こると思うんです。比較的上の世代が多い業界だからこそ、若い方にそういう変化を起こしていただきたいですね。

――今日はありがとうございました。

塗装業と聞くと、力仕事で長時間労働で…とイメージしがちだが、施工管理という仕事には全く当てはまらない。未経験からでもしっかりと安定して長く働ける業界というのは、転職希望者にとって非常に大きな魅力ではないだろうか。少しでも興味を持ったならば、一度、東京都塗装工業協同組合が行っている転職イベントに足を運んでみてはいかがだろうか。

転職イベントのご案内

東京都塗装工業協同組合 合同企業説明会
塗装業界で躍進する企業の情報を一度に入手できる「合同企業説明会」を2017年10月~2018年2月の期間、東京会場にて10回開催。
実際にどんな待遇でどんな仕事に携われるのか、企業担当者や業界関係者に直接質問できる。

▼日時
第1回 10月 30日(月) 14:00~16:00
第2回 11月2日(木) 18:00~20:00
第3回 11月9日(木) 14:00~16:00
第4回 11月25日(土) 14:00~16:00
第5回 12月12日(火) 14:00~16:00
第6回 12月20日(水) 18:00~20:00
第7回 1月13日(土) 14:00~16:00
第8回 1月23日(火) 18:00~20:00
第9回 2月9日(金) 14:00~16:00
第10回 2月21日(水) 18:00~20:00

▼場所
東京都塗装工業協同組合 塗装会館2F
〒150-0032 東京都渋谷区鴬谷町19-22

▼申込・詳細
東京都塗装工業協同組合 合同企業説明会 Webサイト

東京都塗装工業協同組合のWebサイト。転職イベントの案内も掲載しているため、転職を検討している方はぜひチェックしたい。詳細はこちら。

お話を伺った方

小川建装株式会社 小川正博社長
http://ogaken.co.jp/

八王子を中心に地域に密着した住宅総合リフォーム会社。
「外壁塗リフォーム・塗り替え専門部門」「総合リフォーム・リノベーション・新築部門」「不動産部門」の3つを展開している。外装塗り替えでは「オガケン」ブランドで地域No.1の実績。住宅に関連するすべての相談窓口として地域No.1企業を目指している。

[PR]提供:東京都塗装工業協同組合