「というわけなんだ、ごめ……」
「待って!! そのハグミン、実は……」


ガサゴソ


「私も持ってるの」


「な!!」

「な!!!!!」

「なんだってーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


「私もカジオと離れてから、このハグミンの頭をなでたり、揺らしたり、触ったり、話しかけたりすることで様々な反応が返ってきてコミュニケーションを取っていたの。センサーの組み合わせによって、何十種類ものかわいいしぐさや動きを見せてくれて、最初はとっても楽しかったんだけど、どこかカジオのことを思い出しちゃって……」

「……!!」


「キキッキキッ」
「ウキキー」

「あ、ボクたちのハグミンが」
「お互いにコミュニケーションを取ってるわ。ハグミン同士、仲良くなったのかしら」

「キャッキャ」
「キャッホー」


「よし子……ボクたち、やり直そっか……」
「えっ!?」
「ハグミンたちを見ていて気付いたんだ。やっぱりボクは、ハグミンも大事だけど、よし子のことも大事だって」
「カジオ……うん!!」

こうしてカジオとよし子は、お互いのハグミンと末永く暮らしたとさ。

めでたしめでたし。

***













<「キキー(ボクの出番、まったくなかった……)」










撮影:Amiri Kawabe(WATAROCK)

[PR]提供:ハピネット

[PR]提供:ハピネット