音声通話SIMならデータ通信SIMより500円おトク!

エンタメフリー・オプションは、データ通信SIMや、データ通信(SMS付き)SIMの場合、月額+980円で利用できる。だが実は、音声通話SIMならばさらにおトクに利用可能。なんと、わずか月額+480円で利用できるのだ。

例えば、[データ通信SIM][通信容量:3GBプラン][エンタメフリー・オプション]を付帯した場合、合計月額は『1,880円』だが、[音声通話SIM][通信容量:3GBプラン][エンタメフリー・オプション]を付帯した場合であっても、合計月額は『2,080円』(別途音声通話代がかかる)で済んでしまう。エンタメフリー・オプションの利用が前提ならば、月額料金にたった200円をプラスするだけで音声通話も使えてしまうというわけだ。

もちろん、3GBを超える通信容量のプランに付帯することも可能だ。それぞれのプランにおける合計月額料金は以下の通り。

データ通信のみの場合(※金額は全て税別です。)
通信容量 月額料金 エンタメフリー・オプション料金 月額合計
3GB 900円 980円 1,880円
6GB 1,450円 980円 2,430円
12GB 2,700円 980円 3,680円
20GB 4,500円 980円 5,480円
30GB 6,750円 980円 7,730円
※対象サービスの有料コンテンツ、プランは別途各社へのお支払いが必要です。
※別途、初期費用3,394円と毎月ユニバーサルサービス料がかかります。
データ通信SMS付きの場合(※金額は全て税別です。)
通信容量 月額料金 エンタメフリー・オプション料金 月額合計
3GB 1,020円 980円 2,000円
6GB 1,570円 980円 2,550円
12GB 2,820円 980円 3,800円
20GB 4,620円 980円 5,600円
30GB 6,870円 980円 7,850円
※対象サービスの有料コンテンツ、プランは別途各社へのお支払いが必要です。
※別途、初期費用3,394円と毎月ユニバーサルサービス料がかかります。
音声通話(データ+SMS+音声通話)の場合(※金額は全て税別です。)
通信容量 月額料金 エンタメフリー・オプション料金 月額合計
3GB 1,600円 480円 2,080円
6GB 2,150円 480円 2,630円
12GB 3,400円 480円 3,880円
20GB 5,200円 480円 5,680円
30GB 7,450円 480円 7,930円
※音声通話スタートプラン(1GB)では、エンタメフリー・オプションのお申込みはできません。
※対象サービスの有料コンテンツ、プランは別途各社へのお支払いが必要です。
※別途、初期費用3,394円と毎月ユニバーサルサービス料がかかります。

エンタメフリー・オプションをつけるなら、音声通話SIMでの契約が断然おトクだ

大手キャリアと比較するとさらに際立つ安さ

この料金を大手キャリアと比較すると、さらに安さが際立つ形となる。例えば、ひとりで5分以内の通話まで定額となるサービスを契約した場合と比較してみよう。大手キャリアではデータ通信量プランを最低の2GBに設定しても、6,000円前後はかかってしまう。一方、BIGLOBEモバイルでは、データ通信量プラン3GBにエンタメフリー・オプションを付け、3分以内の通話まで定額となるオプションを追加しても、半額近い2,730円で済ませられることになる。

3GBの容量というと、若干少ないと思う人もいるかもしれないが、動画・音楽サービスの利用時に通信容量としてカウントされないことを踏まえると、逆に「思いのほか余裕が生まれる」という方も少なくないのではないだろうか。

実際に利用される動画・音楽サービス利用時のデータ通信量を、エンタメフリー・オプションなしで利用した場合、どのようなプランが必要になるか考えてみよう。

YouTube(1日1時間再生)
約7.2GBを利用する場合に必要な料金
エンタメフリーありの場合 1,880~2,080円
エンタメフリーなしの場合 2,700~3,400円
大手キャリアプランの場合 6,500~8,000円
音楽サービス(1日1時間再生)
約5.1GBを利用する場合に必要な料金
エンタメフリーありの場合 1,880~2,080円
エンタメフリーなしの場合 1,450~2,150円
大手キャリアプランの場合 6,500~8,000円

例えばYouTubeの画質を360pにし550kbpsで毎日1時間視聴し続けた場合、1カ月で約7.2GBが必要になる。音楽サービスで192kbpsの音質の音楽を毎日1時間視聴し続けた場合は、1カ月で約5.1GBだ。

上記の条件でYouTubeをした場合、BIGLOBEモバイルでは12GBプランの契約が必要となるため、エンタメーフリー・オプションが圧倒的にお得だ。音楽サービスの場合は、最低金額だけ見るとエンタメフリーなしで6GBプランを利用した方が安いが、この使い方では音楽サービス以外で利用できるのは1GBを切るため、現実的ではないだろう。大手キャリアプランの場合、そもそも5GBより上のプランの上限が一気に10GBまで跳ね上がってしまうため、どちらにしても高額なプランを選ばざるを得なくなる。

実際の利用を想定して計算すると、エンタメフリー・オプションがどれだけ現実のシーンにしっくりとかみ合うサービスなのかがよくわかるだろう。

データ通信量を節約したいならエンタメフリー・オプションは強い味方

"特定のサービスにおいて通信容量のカウントをしない"方式の格安SIMは、自分がどのようなWebサービスを利用しているのかを把握している人にとって非常におトクなサービスだ。今回紹介したBIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」は、定番の大手動画・音楽サービスのデータ通信量がカウントされないため、ヘビーユーザーほど特にその恩恵にあずかることができるだろう。エンタメフリー・オプションを活用して、毎月のモバイル通信料金を見直してみてはいかがだろうか。

⇒エンタメフリー・オプションの詳細はコチラ

[PR]提供:ビッグローブ株式会社