使う人の個性が色で表現されるカラフル&スタイリッシュ電卓

―― 最後に、電卓の購入を考えているユーザーに向けてメッセージがあればお願いします。

玉本氏:今回は1トーンという点にこだわって、色にも形にも統一感を出しました。電卓はシンプルな機能の機器ですが、そのシンプルさがより際立つような製品になったと思います。毎日使うシンプルな製品に込められた、その人なりのこだわりを表現できるモデルに仕上がったのではないでしょうか。ぜひ当社のこだわりに気付いていただき、色で個性を表すアイテムとして使っていただければ幸いです。

村田氏:新しいモデルは"色を選ぶ楽しみ"を念頭に置いてデザインしました。数多くの候補色を検討しましたが、好みの色は本当に皆さん違います。単純ですがその人の個性がわかりやすく出るのが色選びですし、他の人がどんな色を選んだのかを見るのも楽しいものです。日常の中でも楽しめる色を取り揃えましたので、電卓を購入される方は、ぜひ製品選びを楽しんでいただければと思います。

宮原氏:今回の形状を決定するまでは、たくさんの発泡材を削り、それらのサンプルを検証しながら作り込んでいったので、かなり思い入れのある製品です。電卓は非常にシンプルで要素も少なく、デザインできる要素も限られるため、こだわれる点は非常に少ないのですが、だからこそ、各パーツに対する手間をかけた工夫やデザインがユーザーさんに伝わればうれしいなと思います。

みなさんにそれぞれお気に入りの製品を手に取ってもらった。玉本氏はゴールド、宮原氏はネイビー、村田氏はミントグリーンとビビットピンクをチョイス。その人の個性が良く表れている

常に進化し続け、新しいデザインの電卓を提案しているカシオ計算機。その時代に合わせたカラー展開を行うことに加えて、電卓としての使い勝手を確保しつつ薄さやデザインを追求していることが分かった。ペンやノートのようにだれもが使う製品だけに、その選び方には個性が反映される。みなさんも電卓を購入される際には、デザインや形状に込められた工夫に目を凝らしてみてはいかがだろうか。きっと新しい発見があるはずだ。

[PR]提供:カシオ計算機