あなたならどう使う?

では、ほかの作例をご覧いただきたい。

こういう場所でこそ真価を発揮する

360度モードで

ラウンドモードで

ストレッチモードで

写真撮影だけでなく後述する動画のほか、「タイムラプス」など撮影モードもいろいろと用意されている。

360度のタイムラプス動画を撮影してみても面白そうだ

明暗差の激しい場面では「風景HDR」を使うといいだろう。今回の作例もほとんどがこのモードで撮っている。

動画は4Kに対応!

動画ももちろん360度全方位、かつ最大4,096×2,048という4K動画が撮影可能だ。広い景色が写るGear 360だからこそ、4Kという高解像度が生きるのだ。こちらも、YouTubeなどにアップすることが可能なので、自分の思い出を誰かと共有するのもいいだろう。

実際に撮影してみたので、ぐりぐりと動かしながらご覧あれ。

また、動画というとバッテリーの持ちが心配になるかもしれないが、ご安心を。これだけコンパクトなサイズながら、約130分(2,560×1,280px、30fps時の理論値)の撮影が可能だ。

さらに、前モデルからの進化点として「360度ライブブロードキャスト」が可能になった。Galaxyの対応スマートフォンならば、YouTubeやFacebook、Samsung VRでのライブ配信(配信解像度1,920×960px)が楽しめる。様々なライブストリーミングサービスが盛り上がりを見せる昨今だが、360度で一味違う配信をしてみてはいかがだろうか。

パッと撮れる、この気軽さが良い

手軽に360度撮影が楽しめる全天球カメラ「Gear 360」。一台あると、旅やイベント、日常生活がもっと楽しくなること請け合いだ。

様々な場面で使える「Galaxy Gear 360」。この夏のお供にいかがだろうか

※記事中の画像はイメージです。また、プライバシー保護の観点から一部画像を加工しております。

[PR]提供:Galaxy