人に相談しにくいEDの悩み。いざ、クリニックに行こうと思っても勇気が出ない、どういう治療をされるのか分からなくて怖いという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は性病科で15年もの間、ED治療に携わっている千葉クリニックの内山和郎院長に、ED治療の内容や環境の変化などについてお話を伺いました。

10代から80代以上の患者さんまで!? EDは全世代の悩み

千葉クリニック 内山和郎 院長

――まず、EDとはどのような状態を指すのでしょうか?

EDは、興奮することで血管が拡張して固くなる男性器が何らかの理由で固くならず、うまく性行為ができなくなっている状態を指します。当院では多くの方にED治療を行っていますが、若い方では10代から、上は80代以上とかなり高齢の方もいらっしゃいますね。

――EDは世代を問わずあり得る問題なのですね。原因としてはどのようなことが考えられるでしょうか?

年齢によるものもありますし、糖尿病や血液の循環不全といった病気が原因になることもあります。あとは、プレッシャーによる心の問題があると思います。例えば、奥さんや彼女を満足させてあげたいというお気持ちが強すぎるなどです。その他、「子どもを作るためにがんばらなくては」という思いがプレッシャーとなり、性行為がうまくいかなくなるというケースも挙げられます。

――なるほど。プレッシャーもEDの要因になってしまうわけですね。

バイエル薬品が実施したアンケートでも、「自分はEDだと思う」と答えた人の年齢層は60代以上が一番多いものの、EDと自覚している人はどの年代にもいることがわかる。
詳しくはEDネットクリニック.com「ED(勃起不全)の自覚と意識」にて。

実際のED治療の流れは?

――実際の診察はどのような流れになるのでしょうか。予約などは必要ですか?

クリニックのHPではEDに関する基本的な知識や治療薬の情報を確認できる ※画像クリックでHPへ

当院は予約制ではないので、予約なしでお越しいただいても大丈夫です。また、ED治療については保険診療ではないので、来院前に保険証を用意いただく必要はありません。

初めて診察をする方には、まず問診票に生活習慣や既往症を記入していただいたり、普段服用している薬を確認させていただいたりします。また、血圧の測定も行っています。心筋梗塞などの既往症がある場合はED治療薬の処方をお断りすることもあります。

問診・血圧測定でED治療薬を処方してもよいと判断したら、治療薬の飲み方をご説明します。ED治療薬については薬局などに行く必要はなく、院内の窓口で購入いただけますよ。

――なるほど。ところで、千葉クリニックは性病科を掲げていらっしゃいますが、性病とEDの相談を患者さんから同時にされるケースもあるのですか?

ありますね。とはいえ、性病の治療中に性交渉をするのは厳禁なので、まずは性病の治療が終わってからED治療薬を使うように指導しています。

――EDも性病も気恥ずかしく、あまり知られたくないと考える人も多いと思います。実際に来院される患者さんに配慮されている点はありますか?

診察の順番を確認するため苗字をお伺いすることはありますが、お呼び出しは番号で行い、名前を呼ばないようにしています。また、クリニックに入るのが気まずいという方のために、看板を大きく出していない裏口を設けています。

左が千葉クリニック表口、右が裏口。裏口は性病科などの文字を表立って出さないようにしている

ED治療を受けるにはどんな診察があると思うか、という設問に対して、血液検査や触診と答えた人もいました。実際は千葉クリニックのように、問診によってEDの診察は進行するので、診察内容が不安だという人も安心できるでしょう。
詳細はEDネットクリニック.com「ED(勃起不全)の診察と理解」にて。

性交渉に悩みがある方は一度病院に相談を

――院長は15年ほど前からEDについて診察されているそうですが、以前と比べてED治療に対する環境の変化を感じることはありますか?

ED治療薬が日本で認可された当初は、正規品でないED治療薬に関するトラブルなどが報道されていたためか、患者さんがED治療薬を敬遠されていたように思います。しかし、ここ10年ほどは正しい理解が広まったおかげか、患者さんが増えてきましたね。特に最近の患者さんは、スマートフォンなどでED治療について調べてから来院されることが多いです。医師から見ても「よく調べているな」と思う方がいらっしゃいますね。

――やはり、人に話しにくい事柄だけに1人でいろいろ調べている方も多いのですね。最後にEDに悩まれている方にメッセージをお願いします。

ED治療を行えば、性交渉における悩みが解消される可能性があります。悩んでいるくらいならば、まずはED治療を試してみてはいかがでしょうか。

EDはあなたの自信にどう影響を及ぼしたか、という設問では、性生活や男性として自信がなくなったという回答が多くみられました。ED治療を行えばこういった性交渉における悩みが解消される可能性があるので、まずは病院に相談へ行ってみるのもいいかもしれません。
詳細はEDネットクリニック.com「ED(勃起不全)の自覚と意識」にて。

また、バイエル薬品が運営する「EDネットクリニック.com」では、信頼できるクリニックを紹介しているほか、EDの症状などについて解説しているので、併せてチェックしてみてはいかがでしょうか。


【千葉クリニック】

京成電鉄千葉中央駅、JR本千葉駅より徒歩5分。メインエントランスのほか、ビル内の裏口から目立たないように入ることもできるので安心。予約制ではなく来院順に診察するスタイルで、なるべくお待たせしないスムーズな診察を心掛けている。クリニックのHPはこちら

●アンケート調査概要
調査時期:2016年6月14日~6月15日
調査対象:全国の20~69歳の男女
調査人数:1030名
調査方法:インターネットリサーチ

PP-LEV-JP-0046-22-10

[PR]提供: バイエル薬品

[PR]提供:バイエル薬品