現在、さまざまな診療科やクリニックでED治療を受けることができます。そんなED治療ですが、実は泌尿器科が専門で研究・診察を行ってきた分野というのはご存知でしょうか。今回は、名古屋で35年にわたって泌尿器科として診察を続けてきた丸善クリニックの早瀬喜正院長に、泌尿器科医ならではのED治療についてお話を伺いました。

ED治療は泌尿器科の専門分野

丸善クリニック
早瀬喜正 院長

――早速ですが、EDとはどういった状態のことを指すのでしょうか。

一般的に、EDとは「"勃起不全"によって満足な性交渉ができない」ことを指します。以前はインポテンツという言葉がよく使われていましたが、インポテンツはもう少し広い意味を指し、性欲が無い、勃起はするが射精はできないなど、勃起不全以外の理由で性交渉ができない場合も含まれます。実はED治療薬が登場するまで、泌尿器科医にとってED治療はとても難しい問題でした。しかし、今では、多くの患者さんが治療に訪れるようになっています。

――ED治療薬の登場によって、より気軽にEDの治療が受けられるようになってきたということですね。

alt

偽造薬については 「EDネットクリニック.com」に詳細が記載されている ※画像クリックでページへ

はい。しかし手軽になった分、問題もあります。最近ではネットなどからも簡単にED治療薬を購入できるようですが、そのような購入経路で入手できる薬は何のチェック機構も通っていません。効かないだけならまだ良いですが、どんな成分が入っているかも分からないこともあるので危険です。きちんとした医療機関で正しい服用方法を教わったうえで処方してもらうようにしてください。

――やはり、専門の医師と相談したうえで治療を進めていくのが一番ですね。

そうですね。ED治療は泌尿器科が専門とする領域です。泌尿器科は尿路や前立腺など男性性器の診察をずっと行ってきた実績がありますし、さまざまな研究や最新のデータも泌尿器科で扱っています。EDの原因もさまざまあり、原因に合った深い判断ができるのも、泌尿器科医だと考えています。

EDと前立腺に関わる病気との関係とは?

――丸善クリニックには、ED治療だけではないさまざまな患者さんも多数いらっしゃると思いますが、ED治療を受けに来た患者さんがクリニックに入りやすくなるような工夫はされているのでしょうか?

そもそもEDは他の人に知られたくない症状のひとつなので、患者さんにとってはクリニックに来る事自体が勇気のいることだと思います。そこで当院では、保険診療とED治療などの自費診療では、受付や待合室、診察室もすべて分けてあります。

左に行くと保険診療、右に行くと保険外診療(自費)。入り口から受付が二手に分かれている。詳しくはHPにも記載がある

また、診察中は、通常だと看護師が横に立っていますが、EDの相談に来られる患者さんにとってはその看護師に話を聞かれることも気になってしまう。そこで私ひとりでお話を伺うようにしています。その際にも、なるべく一般的な話から入って、少しでも話しやすい雰囲気になるようにしていますね。誰にも話せなかった分、患者さんの中には堰を切ったように悩みをお話しされる方もいらっしゃいます。

――保険診療で診察に訪れた患者さんが、あわせてED診療を行うということもあるのでしょうか。

丸善クリニックの問診票には前立腺についての設問もある ※クリックで拡大

もちろんあります。泌尿器科の診察で多いのは、前立腺肥大症や前立腺がんなど前立腺に関わる病気の患者さんです。これらの病気は50代を超えてから増えてくるものですが、EDの患者さんの層と重なります。以前はあまり無かったのですが、前立腺の病気で来られている患者さんから、EDについて「実は…」と相談されることも増えてきました。ED治療が一般的にも広がってきていると感じています。

――確かに、特に前立腺の病気はEDと関連があるように思えます。

そうですね。前立腺肥大症については、EDと重なることが多い印象です。例えば、前立腺の手術をすると、中にはEDの症状が出てしまう方もいます。そのような場合には、ED治療薬を早めに投与すると、比較的早く症状が改善する場合があるので、早めに医師に相談するようにしてほしいですね。

――EDは気軽に医師に相談して、適切な治療を受けることが大事なのですね。

ED治療によってポジティブに!?

――丸善クリニックのHPにはED治療薬以外の治療法の記載もありました。

患者さんの中には心筋梗塞や狭心症を起こした方など、半年ほどED治療薬を使うことができないという方もいらっしゃいます。そのような方にも血流の改善をしたり、男性ホルモン補充などの代替療法を提案することがあります。

――確かに男性ホルモンと聞くと、EDの改善に良さそうなイメージがあります。

男性ホルモンはやる気や行動力の源で、ネガティブな思考を抑える働きがあります。EDの原因には気持ちの問題も大きくあるので、ネガティブな思考を抑えるのはEDの改善にも良いことです。実は、男性ホルモンは性に積極的になることでも高まります。つまり、ポジティブな思考になることでEDは改善し、EDが改善することでさらにポジティブな思考になるという相乗効果が期待できるのです。性交渉以外においても前向きになれますし、そういった意味でもED治療自体がとても大切なことだと考えています。

――ありがとうございました。


現在、泌尿器科をはじめ、さまざまな病院でEDの治療は受けることができます。EDが気になるという方は、まずは「EDネットクリニック.com」で近くの病院を調べてみてはいかがでしょうか。

【丸善クリニック】

地下鉄名城線矢場町駅から徒歩1分、東山線栄駅からは徒歩5分。百貨店などが立ち並ぶ名古屋随一の繁華街にあり、遠方からの患者も多く訪れている。フロアは丸善クリニックのみが使用。保険診療と自費診療で入り口から分かれておりプライバシーにもしっかりと配慮されている。クリニックのHPはこちら

PP-LEV-JP-0020-18-09

[PR]提供:バイエル薬品