現在WEB上には、EDに関する情報を掲載しているサイトが数多くあります。EDは他人に相談しにくいものなので、WEB上で誰にも知られずに調べることができるのはとてもありがたいものです。そこで、HPにEDに関するコンテンツが充実しているイースト駅前クリニック神戸三宮院の三田 浩一院長に、WEB上でEDの情報を得ることができるメリットや注意点などをお聞きしました。さらに後半では、地方を取り巻くED治療の現状についても、三田院長の思いをいただいています。

【関連リンク】今回お話を伺ったイースト駅前クリニック神戸三宮院のウェブサイトはこちら

間違った情報ばかり? 信頼できるWEBサイトで確かな情報を

イースト駅前クリニック神戸三宮院
院長 三田浩一先生

――イースト駅前クリニックのHPでは「よくあるご質問 」などで診療方法やEDについての情報がかなり詳しく掲載されていますが、なぜ詳細なコンテンツを用意されているのでしょうか?

事前に当院の診療スタイルを知ってほしいという思いがあります。当院では問診を重視し、診察時間をなるべく短時間で済ませるというコンセプトで診療しています。その他にも、当院をおとずれる患者さんのデータや、EDセルフチェックなどを用意していますが、事前に様々な情報を知ることができると、実際にお越しいただく際に安心いただけるようです。

イースト駅前クリニックのHPには様々なコンテンツがそろっている ※画像クリックで詳細ページへ

――クリニックに行く前には、EDの症状や治療薬について、事前にある程度調べていったほうが良いのでしょうか?

私は事前に調べてきていただいた方が良いと思います。EDについて少しでも理解が深まっていると診察に関してもスムーズに行えることもありますね。例えば、持病のある方が併用禁忌薬について事前にチェックしていて、「自分の薬は該当しないと思うけれど大丈夫ですか? 」と相談に来られることがあります。

――なるほど。しかし、逆に患者さんの中にはWEB上にある様々な情報によって、EDや治療薬に対して勘違いや誤解をしてしまっている場合もあるのではないでしょうか?

もちろんあります。例えば、「糖尿病の人はEDになる」と真実のように掲載しているサイトがありますが、糖尿病だからといって必ずしもEDになるわけではありません。科学的に立証できるのか疑問に思うような情報がWEB上には多く掲載されているので注意が必要です。そういった情報を信じてしまっている患者さんの場合、治療を行うにあたり、まずは先入観をリセットしないといけません。「○○だからEDだ」「ED治療薬を飲むと○○になる」というような思い込みは治療効果を妨げることにもつながります。

――そんなこともあるのですね。それでは、WEBでEDについての情報を調べる際にはどのような点に注意するべきでしょうか?

製薬会社や医療機関など責任をもって情報発信をしているWEBサイト以外の情報には気をつけたほうがよい、ということに尽きますね。医者の立場から見れば、とても危険で無責任なことを書いているWEBサイトがたくさんあります。さらに注意が必要なのは、ED治療薬をWEB上で購入することです。WEBサイトの中には非正規のED治療薬を不法に販売しているサイトが数多くあります。さらには、そもそも医薬品ですらない偽造品をED治療薬として販売しているケースも。巧妙なのは国内で認可されていないED治療薬をジェネリック医薬品とうたい、さも合法のようにネット販売しているケースもあるので注意が必要です。

WEBだけでなく、非正規のED治療薬を対面で販売しているケースもあります。このような薬は流通ルートもわかりませんし、万一の際の保障もありません。患者側も正規のED治療薬かどうかを判断できる正しい知識を持つことが大事だと思います。

イースト駅前クリニックのHPEDネットクリニック.comでも偽造薬への注意喚起をしている ※画像クリックで詳細ページへ

――正しい治療をするためには知識が必要ですが、WEBには間違った情報もたくさんある。信頼できるサイトでの情報収集が大事ですね。

そうですね。もっとも、気になることがあったり、不安なことがあったら信頼できるクリニックで相談することをおすすめします。

ED治療を受けたい。しかし地方にはED治療専門クリニックが少ない……

――EDについて相談したいと思っても、地方では近くにED治療専門クリニックがないというケースもあるかと思います。

そうですね。東京には多くのED専門クリニックがありますが、地方にはほとんどありません。地域差は確実にあると思います。

――神戸三宮院は2016年3月に開院したとのことですが、どんなエリアから来られる患者さんが多いですか?

患者さんは兵庫全域の方はもちろん、県外の関西エリア、四国・中国エリアなどからも多くの方がいらっしゃいます。意外だったのは、大阪から来られる患者さんが多いことですね。大阪の方が病院は多いにも関わらず神戸まで治療に来られるのです。自分が住んでいる地域ではED治療に行きづらいという思いがあるようですね。

――確かに。自分が患者の立場になったら、知り合いに会うかもしれない地元の病院では相談しづらいです。

院長は以前、名古屋院で治療にあたっていた。ED治療には地域差があるという

本当であれば地元の病院で診療を受けるのが簡単だとは思いますが、地元では相談しづらいという人が多いようですね。私は元々大阪で内科医をしていましたが、その頃はED治療薬を処方したことは数えるほどしかありませんでした。

ですが、現在、神戸三宮院には初診の方が1日に10人ほどもいらっしゃいます。以前いた名古屋院でも20人くらい来られていました。それくらい需要があるのにも関わらず、普段診療を受けているかかりつけの医師には相談しにくいというのがED患者さんの現状です。そういう意味でED治療専門クリニックの存在は社会的意義のあるものだと思っています。

――地方でのED治療の現状についてお考えはありますか?

地方ではED治療が軽んじられているように感じます。例えば、地方でも少子化対策などの議論はいろいろとされていますが、ED治療について声を上げている人はほとんどいないと思います。個人的には、少子化・非婚化の陰にはEDの問題があると考えていて、実際に「2人目の子供が欲しいからEDをどうにかしたい」と来院される患者さんはたくさんいらっしゃいます。医者としてED治療の大事さをもっと啓蒙しなければいけないですし、社会としてもそういう体制になってほしいです。神戸三宮院がその一歩になればと思っています。

――ありがとうございました。


EDの正しい情報を得たい時は、今回お話をお聞きしたイースト駅前クリニックのHPや、バイエル薬品が運営している「EDネットクリニック.com」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【イースト駅前クリニック 神戸三宮院】

JR三ノ宮駅東口より徒歩1分。駅に近くアクセスしやすく、予約や健康保険証は不要のため、出張などのついでに訪れる患者さんも多いという。さらにスタッフは男性のみなので初めての方でも安心して相談できる。ちなみに、イースト駅前クリニックグループは各地に治療院があるのであわせてチェックしてみてはいかがだろうか。クリニックHPはこちら

PP-LEV-JP-0182-01-06

[PR]提供: バイエル薬品

[PR]提供:バイエル薬品