オーディオテクニカは、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR90」を発売した。同製品のコンセプトは「世界が輝き出す音」。価格は2万円台と決して安くはないものとなっており、30代ビジネスマンなどをターゲットとした製品だ。 原音再生にこだわった同製品で聴く音とは……? 今回、マイナビニュースでは、今をときめく"輝いている"企業で働くビジネスマンの方に実際に同製品を試してもらうことに。近年勢いを増すキュレーションサイトの中でも、20~30代から支持されている「antenna*(アンテナ)」を運営するグライダーアソシエイツの取締役 開(ひらき)大輔さんに、話を聞いた。

原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR90

――キュレーションマガジン「antenna*」とは、どんなサービスなのでしょうか。

グライダーアソシエイツ取締役の開(ひらき)大輔さん

今、世の中にはいいものも悪いものも、とにかくたくさん情報が溢れていますが、「antenna*」はしっかりと取材・編集を行う一次メディアのコンテンツだけを扱うサービスです。

たとえば出版社やテレビ局、Webメディアなど、きちんとしたコンテンツを自分たちで作っているところと契約を交わした上で、提供してもらったコンテンツを配信しています。

つまり“いいコンテンツ”だけが配信されます。 しかも、自動でどんどん配信するのではなく、「コレはおもしろそうだ」とか「コレを届けたい」という思いで、人の手を介して一つひとつピックアップしているので、そこが我々のキュレーションサービスとしての一番の特長だと思っています。

キュレーションマガジン「antenna*」

――開さんご自身は、コンテンツを選ぶときにどういうことに気をつけていますか?

大きく言うと2つあります。1つは、喜んでもらうという観点で、シンプルに「ユーザーにウケそうかどうか」を意識しています。もう1つは、antenna*を使うことで刺激を受けてもらうこと。 極端なことを言うと人生を変えるきっかけにしてほしいという気持ちがあります。 通勤中に見て時間をつぶせる雑学みたいなものがあってもいいと思うんですけど、人として成長のきっかけになるようなコンテンツとの「偶然の出会い」を大切にしています。

――仕事をする上で気をつけていることや必ずやるようにしていることは?

仕事をしていく上で大事にしているのは、「持続可能な形で成長させていく」ということ。
もちろん1日1日ベストは尽くすんですけど、100m走みたいに走りきって終わりじゃなく、事業はずっと続いていくものなので、休むときはきちんと休んで、いいコンディションを作って、いいパフォーマンスが出せる状態をキープできるように気をつけています。
あと、食事も朝・昼・晩しっかり取りますね。


――20代の頃はどんな働き方をしていましたか?

夜中まで働いて、それから飲みに行って……というのが毎日続くような生活をしていて、あまりスマートな働き方ではなかったですね。一方でよかったと思うのは、何も考えずにひたすら仕事をしたという積み重ねが、30歳くらいになって“自信”になったこと。 20代を振り返ってもう一回やりたいかというと、「こんなしんどいのはもうやりたくないな」って思ったので、それくらい全力は尽くせていたのかなと思います。

――若手ビジネスマンに向けて何かアドバイスを頂けますか?

そんなに偉そうには言えませんが、20代でいろいろ経験しておいた方がいいと思います。僕の若かった頃と比べて今は本当に正解がないというか、5年後、10年後にどうなっているかわからない世の中を生きていかなきゃいけない時代なので、どんな変化があっても何かにしがみつくより、新しいことにどんどんチャレンジしていった方がいいと思います。自分自身、振り返ってみても何事も早く経験しておいた方がよかったなと思ったので。

――今もお忙しい毎日だと思いますが、オフの日の過ごし方やリラックス方法を教えて下さい。

5~6年前にランニングを始めました。それまでは走るのが嫌いで、「お金を出してまで走る人って信じられない」と思っていたくらいなんですけど(笑)。30代も半ばを過ぎるとわかりやすく成長できる機会ってなかなかないものですが、ランニングは走れば走った分だけ長く速く走れるようになっていくのが実感できて楽しいですね。あとランニングのいいところは、明確に体重が落ちて、体型が変わって、考え方もポジティブになること。メンタルが鍛えられて、大体のことが大したことないと思えてきます(笑)。満員電車も、前よりイライラしなくなりました。

――ランニング中は、音楽を聴いていることも多いとか。お気に入りのアーティストはいますか?

フルマラソンの大会に出るとき、4時間のプレイリストを作るんですよ。「10kmくらいではこんな気持ちだろうな」と想像したり、30km地点以降はひたすら自分の好きな曲で構成したりして。実際に走って4時間を超えちゃうと、予備で用意した30分くらいのおまけのプレイリストが流れ始めて、敗北感があります(笑)。

スマートフォンの中にも安室奈美恵さんの曲が。 走るようになったときくらいから、安室奈美恵さんが好きなんです。ライブのパフォーマンスも本当にすごいなと思って。比較的自分と年齢も近い世代なので、いろいろ乗り越えて今活躍している姿になんとなく共感するようになって、走ってツライときに安室奈美恵さんの曲を聴くと「俺もがんばらなきゃ」っていう気持ちになるんですよね。

ランニング中に使用するイヤホンは、オーディオテクニカ製を愛用中だという開さん。「防水機能付きで、音が良くて、重低音はちゃんと聴こえて……というものを探していたときに、家電量販店で出会いました」とのこと。

今回は、同社が発売したばかりの新製品で、原音再生・高解像度・高レスポンスをコンセプトとしたイヤホン「Sound Reality series」(サウンドリアリティシリーズ)の中から、「ATH-CKR90」を実際に試してもらった。

ATH-CKR90」販売価格:オープン

ここで「ATH-CKR90」の特徴を紹介しよう。

■精密切削アルミニウムハウジングにより不要共振を抑えて音響特性を向上

■φ13mm+φ10.4mmの異口径ドライバーで高域特性を改善しハイレゾ音源も余裕の高解像度再生

■振動板の前後直進運動を向上させるアルミニウムスタビライザーで高レスポンスかつ忠実な音を再現

■ノイズへの耐性とメンテナンス性に優れたオーディオ専用設計の着脱式コネクター(A2DC*)を採用

というようなこだわりぬいた商品である。 要約するとハイレゾに対応し、きらびやかな高音域の音をしっかり捉えることができるので、女性ボーカルなどとの相性がとてもよい商品なのだ。

*A2DC : Audio Designed Detachable Coaxial

――使ってみていかがですか?

いつも聴いている安室奈美恵さんの曲も全然違います(笑)。音がまっすぐ、キレイに入ってくる感覚です。「あ、こんな音が入っていたんだ」っていう、今まで聴き取れていなかった細かい音も聴こえました。これだけいい音が聴こえるのを体感したら、欲しくなっちゃいますね。

原音再生にこだわり「純色の音」を楽しむことができる

日常をより輝かしいものにするためにも、「本当の音」をプラスしてみてるのはいかがだろうか。

オーディオテクニカではいま、上記のようなキャンペーンを実施している。 ハイレゾプレイヤーやJTB旅行券があたるチャンスは、2016年6月17日(金)~7月31日(日)までとなっている。 このキャンペーンで、あなたの未来を輝かせてみては。

開大輔

早稲田大学卒業後、98年株式会社リクルート入社。『ゼクシィ』編集長など歴任。 2016年より株式会社グライダーアソシエイツにジョインし、キュレーションマガジンantenna*[アンテナ]の取締役としてantenna*のコンテンツ編成やサービス戦略を担うプラットフォームDiv.を統括。

(マイナビニュース広告企画:提供 オーディオテクニカ)