僕はK男。都内で働く30歳の会社員だ。
半年前に東京に転勤となった僕には、現在遠距離恋愛をしている大切な彼女がいる。

3年間付き合っている彼女のアヤカ。
転勤がきっかけで、半年近く会えない日が続いている。
そんなある日、仕事終わりに家で休んでいると突然チャイムが鳴り響いた……。

ピンポーン

アヤカ「久しぶりー!」

「え、アヤカ!?どうしてここにいるの?」

アヤカ「仕事がお休みになったから、ちょっと驚かせようと思っていきなりきちゃった!」

「驚いたよ!とりあえず、あがって!」

アヤカ「お邪魔しまーす!」

「せっかくだし、乾杯でもしようか?おいしいワインがあるんだ」

アヤカ「うん!」

「ちょっと座って待ってて!」

突然の訪問に喜びを隠し切れない僕。
何も準備はしていなかったが、こんなときの切り札となるのが、明治屋の「おいしい缶詰」。
いつもはそのまま食べているけど、彼女に出すにはちょっとさびしい。
そこで、缶詰が一段と美味しくなる「ひと手間」を加えて、ワインと一緒に彼女に振舞おう。

1.沸騰したお湯の中に缶詰を入れて3~5分湯煎する。
2.缶をお湯から取り出して、手で触れるくらいまで冷ましてから開ける。
3.お皿に盛り付けて、薬味を少々かけて、バケットも置く

たったこれだけの作業で、完成した料理がこちら!

よし、これで準備はオーケー!
ワインも用意して、彼女に持っていこう。

「お待たせー!」

アヤカ「全然待ってないよー!ていうか、なにそのお洒落な料理?」

「牛肉のデミグラスソース煮に、バケットをそえてみたんだ」

アヤカ「え、すごい!そんなのこんな早く作れるんだ!早速食べていい?」

「うん、どうぞ」

アヤカ「いただきまーす!」

アヤカ「わ!すっごくおいしい!お店にある料理みたい!ワインにもぴったりだね!」

「はは、ありがとう!あと、ソースもパンにつけてぜひ食べてみて?」

アヤカ「じゃ、頂きます!」

アヤカ「パンとソースがすごく合っておいしいー!幸せー!」

「喜んでくれてよかった。じゃ、改めて久しぶりの二人の時間だから、存分に楽しもう!乾杯!」

―1時間後―

アヤカ「はー、おいしかった!久しぶりに会ったら、こんなおいしい料理もお酒もさらっと出してきて、とっても見直しちゃった!」

アヤカ「ねえ、また休みが取れたらおうちに来てもいい?」

「もちろん!次はまた違うのを作るね!」

●明治屋の「おいしい缶詰」


彼女の突然の訪問にも、スマートな対応をサポートしたのは明治屋の「おいしい缶詰」。
素材や製法にこだわったこの缶詰は、具材はもちろん、ソースまで食べられる「一缶まるごとおいしい」缶詰となっている。
さらに、湯煎をすると缶詰が均一に温まり、まるでできたてのような味が楽しめる。
全36種にわたり豊富なラインナップで、自宅でのディナーをちょっと豪華な時間にしてくれるはずだ。

明治屋「おいしい缶詰」のホームページはコチラ

(マイナビニュース特別企画:提供 株式会社明治屋)